« ツール・ド・フランス2013 第20ステージ | トップページ | 狸森の夏 »

2013.07.26

ジム通い順調

2013年5月23日から、10年ぶりとなるジム通いを始めて2か月あまり、予想以上に順調に推移している。自分でも驚くぐらい、足繁く通っている。日々、成果を記録していくのが楽しい。
http://shinkansen.la.coocan.jp/jexer3.htm

2か月での成果は、ジム通い前と比較して、体重が5.1kg減(うち、体脂肪が3.7kg)と順調だ。実際にメジャーをあてたわけではなく、体成分検査での測定結果だけど、ウエスト周囲長も4.76cm減となっている。それは体感できている。残り3か月でトータル10kg減、このあたりが一つの目標値、達成できそうな気がする。それでも、世間の標準体重からは、かなり重い。筋肉質なので、これは仕方がないところ。
M1307261

かつてなら、まず足を踏み入れることがないスタジオにも顔を出し、リズムにも乗れない、体のかたいオッサンが、ズンバを楽しんだりもした。最近は、タイミングが合わず、ズンバの方はご無沙汰で、もっぱら、バイクを漕いでいる。

マシンに設定できる最大運動時間60分、ヒルモード(5段階程度の負荷変動がインターバルで繰り返される。1分単位で負荷あり、負荷なしが繰り返されるので、苦しくなく続けられる)、レベル10(最大20まで設定可能だけど、中位の10位が私にはいい感じ)で、なるべく、高回転(100~120回転/分)を意識して漕いでいる。高回転で回すというのが、とっても良いみたい。

体脂肪を燃焼させて、出っ張ったお腹を引っ込めるには、あまり激しい運動ではなく、有酸素運動領域にとどめる必要がある。負荷の大きい時には、心拍数が160拍/分を超えることもあるけど、平均130~140拍/分を心がけている。して、1時間のバイク漕ぎによる、運動量は670kかl前後だ。

運動中は、かなり汗をかく。アミノバリュー(500cc)を飲みながら、汗をふきふき漕いでいる。500cc(0.5kg)を飲みきっても、1時間の運動後は、1.2~1.4kgほど体重が減っているので、1.7~1.9kg位の汗をかいていることになる。運動後の水分補給は欠かせない。

本来であれば、食事も合わせて工夫すれば、効果が出しやすいんだろうけど、なるべく続けられるよう、飲み食いは一切変えないという方針でやってきた。変えるつもりがないながら、変わったのは、オフィスが移動したことにより、通勤経路最寄りにスターバックスがなくなり、毎朝のベンティラテを買えなくなったこと。土日もジムに通うので、手打中華すずきに、たまにしか行けなくなったことが変化と言えば変化だ。また、ここ一ヶ月は、昼を立ち食いそばにしている。ダイエットの為ではなく、蕎麦が好きだから。時間もかからないし。量は大盛、おきあみの天ぷらがお気に入りで、ネギ抜きも含めて、店の方に覚えられた(笑)。

飲み食いは変えないと言いながら、いつの間にか、腹八分目で自制している自分に気づくことがある。成果が出ているから、モチベーションがアップしているのかもしれない。お酒は、今まで通り飲んでいる。多少、飲み食いしすぎても心配は不要。1日2日ぐらいで、それらが、肉や脂肪になったりはしない。あまり間をあけず、ジムに通っていれば(運動をすれば)、十分に挽回できる。それを身をもって体験できた。

|

« ツール・ド・フランス2013 第20ステージ | トップページ | 狸森の夏 »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/57865521

この記事へのトラックバック一覧です: ジム通い順調:

« ツール・ド・フランス2013 第20ステージ | トップページ | 狸森の夏 »