« 白河だるま市2013 | トップページ | Suica回想録(その1) »

2013.02.21

LTEへの移行

DTIハイブリッドモバイルプランの2年契約期間が2013年3月末で終了する。これまで、何度か書いてきたように契約更新をするつもりはない。

第1候補は、「@nifty do LTE 定額にねんプラン」。プロバイダーが@niftyなので順当な選択肢だと思う。

最大の懸念事項は、説明をくまなく見ていくと見つけることができる(ちょっと見は分からない)以下の制約事項だ。

「2013年4月以降、月間の通信量が5GBを超過した場合、当月末まで300kbpsに回線速度を制限させていただく場合があります。また、想定以上の通信が発生し、通信全体が著しく輻輳(ふくそう)した場合は実施時期に関わらず一時的に利用を制限する可能性があります。」

この懸念は払拭されていない。

加えて、イマイチなのが、使用できるモバイル接続機器が、Wi-Fiルーター(レンタル)のみであったことだ。でも、その後、レンタルに加えて買い取りが可能になった。Wi-Fiルーターが流行りだけど、自分の場合は、レッツノートのUSBに差し込んで使える接続機器が希望だ。
M1302211

すると、今度は、SIMのレンタルができるようになった。
M1302212

となれば、docomoのXi用のUSB接続機器(L-03D)を買って、レンタルSIMを差し込めば、希望にそう運用ができそうだ。ささっと、アマゾンを検索したら、3,500円位で売っていた。

なお、こうした使い方をした場合、@niftyからも、docomoからも、サポートはまともに受けられないと考えなくてはならない。@niftyは、SIMカードの初期不良時に交換してくれるぐらい。docomoに関しては、他社SIMなので、保証できませんということになると思う。
でもなあ、他社SIMと言っても、上記写真から分かるように、docomoと書かれているわけだから、もう少し、面倒見てくれても良いよなあと思ったりはする。

M1302213
SIMには、通常サイズとマイクロSIMがあると言うので、調べてみたら、L-03Dは通常サイズでOKだ。
M1302215
費用は、登録手数料が 3,150円、使用料が3,675円/月ということになる。

M1302216

期間などに気をつけながら、申し込みしたい。これらの内容は、2月28日までの内容だと書かれている。その後、極端に不利になるようなこともないだろうとは思うけど、2月のうちに申し込みをしようかと思っている。

あっ、Let's doキャンペーン なる記載を発見。
M1302218

キャンペーン期間中に@nifty do LTE 定額にねんプランにお申し込みいただくと、定額にねんプランの月額費用が24カ月間3,480.7円(税込)※!@nifty do LTE 定額にねんプランをお得に始められます!

※機器購入またはUIMカード(SIM)のみのレンタルで、@nifty do LTE 定額にねんプランをご利用いただいた場合の料金となります。機器レンタルで@nifty do LTE 定額にねんプランをご利用いただいた場合、機器レンタル料が別途発生いたします。

[2013年2月28日まで]

M1302214

|

« 白河だるま市2013 | トップページ | Suica回想録(その1) »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/56809012

この記事へのトラックバック一覧です: LTEへの移行:

« 白河だるま市2013 | トップページ | Suica回想録(その1) »