« 次候補LTEにも不安 | トップページ | 光南高等学校 テクノアートシンセサイザー部 第10回定期演奏会 »

2012.12.16

Try WiMAX (その3)

DTIハイブリッドモバイルプランが来年3月末で2年契約が終了します。本命かと思われたLTEには、月間通信量の上限があることが気になり、使えないと判断していたWiMAXも試してみることにしました。

WiMAXを試したのは、2010年4月9日でした。レポートは↓です。

ユーティリティが入ったCD-ROMは、2011年11月度版です。Windows系では、7、Vista、XPに対応と書いてあります。
Dsc06710
借りた機器は、USBタイプのUD03SSです。DTIハイブリッドモバイルプランのUSBタイプ同様、USBコネクタは内部に折りたためるようになっています。レッツノートに挿す場合、裏面に見える部分が上になります(下記写真の右下)。
Dsc06711
まずは、ソフトウェアのインストール。名称は、UD03SS_v2.2.0.2.exeです。
Dsc06715
インストール後、再起動して、USB端末を差し込みます。白河市内の多くがサービスエリアになっており、我が町内でも使えるところが結構あるんだけど、私の住んでいる辺りが、スポットで抜けており、圏外表示です(笑)。
Dsc06716
主目的は、東北新幹線車内での使い勝手なので、新白河駅に向かいます。小峰シロちゃんに行って来ますと挨拶して新幹線ホームに向かいます。
Dsc06717
新白河駅ホームの待合室で接続、快適、快適。
Dsc06718
まもなく大宮駅という辺りからは、富士山も綺麗に見えました。
Dsc06719
東京駅で折り返しですが、待ち時間を使って、八重洲地下街のスターバックスでラテタイム、こちらので接続は超快適でしたね。
Dsc06720
評価結果をまとめてみました(クリックして拡大してご覧下さい)。時刻、接続(◯、×)、ダウンロードとアップロードの速度(9時44分以降からは、約2.4MBのPDFファイルをFTPでダウン、アップしました)。黄色帯の部分が接続できなかったところ。八重洲地下街でのデータとDTIハイブリッドモバイルプランのデータも付けました。
Dsc06722
まず、トンネル内では繋がりません。新白河を出てすぐに長いトンネルがあり、その後、圏外の地域もあるので、出発してから7分程度は使えません。また、サービスエリアであっても、走行中の新幹線では、不安定なところも散見されました。トンネルなど明らかに圏外となってからも、接続ソフトは接続完了と表示していて、圏外表示されるまで1分程度の遅れがありました。
前回に比べて、思ったより使える印象です。ただ、トンネルや不安定な箇所もある辺りは、ちょっと気になります。大きなデータのやり取りが目的でなければ、遅くても、DTIハイブリッドモバイルプランの方が常時繋がっている安心感があります。ただ、DTIハイブリッドモバイルプランも、時に、全然繋がらない時間が10分近く続いたりしたことも経験しているので、一概に安心とは言い切れないですね。
本日、確認したサービスエリアは以下のようになっています。
Dsc06721

|

« 次候補LTEにも不安 | トップページ | 光南高等学校 テクノアートシンセサイザー部 第10回定期演奏会 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/56331474

この記事へのトラックバック一覧です: Try WiMAX (その3):

« 次候補LTEにも不安 | トップページ | 光南高等学校 テクノアートシンセサイザー部 第10回定期演奏会 »