« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.28

ふるさとの祭り2012福島大会

2012年10月27日・28日、地域伝統芸能全国大会福島大会「ふるさとの祭り2012」が開催されました。28日の入場整理券をゲットできたので、郡山市民文化センター会場に行って来ました。部分部分ではありますが、動画を撮影してきたので、是非、ご覧ください。

檜枝岐歌舞伎(福島県檜枝岐村)
歌舞伎を見たことがないんで、約1時間の公演、正直、分からないことも多々ありましたが、雰囲気だけ味わってきました。村で、こうした伝統を守り続けているところが凄いですね。
Dsc04940

畑中太々神楽(福島県田村市)
中国伝統芸能 龍舞(兵庫県神戸市)
高校生の皆さん、17年前の阪神大震災の時に生まれたメンバーもいるそうです。そんなこともあり、東日本大震災の被災地に元気を与えたいと。今日のステージ前と昨日で既に3公演、仮設住宅でも公演されてきたと聞いて、じーんときた私です。会場に獅子が登場して、とっても盛り上がりました。
Dsc04980

http://www.youtube.com/watch?v=K0ZpetKIXgE

http://www.youtube.com/watch?v=BCk78YaRaAQ


花笠踊り(山形県山形市)
花笠踊りって、もっと静的な踊りかと思ってました。花笠を回転させながら、踊る踊りは、かなり激しく、見応えがありました。公演していただいた四方山会は、来年40周年だそうです。本場で見たくなりました。
田島祇園祭しゃんぎり(福島県南会津町)
鎌倉時代から続くという歴史、日本三祇園祭だそうです。
山木屋太鼓(福島県川俣町)
川俣町は3割の町民が、町外に避難されているそうです。この山木屋太鼓が、町民の絆をつないでいるそうです。かつて、町内で英語教師をされていた2名のアメリカ人教師が、母国で働きかけて、今年のワシントンの桜祭りに招待されて行かれたそうです。スタンドオブザベーションだったらしい。 
南須釜念仏踊り(福島県玉川村)
実家の隣村の伝統芸能。先祖供養のため新盆のお宅を巡って踊るとか。高校生の頃の話だけど、母と祖母の新盆の夏、須釜の親戚の方のはからいで、わが家まで、念仏踊りに来ていただいたことを思い出しました。
小野大倉獅子舞(福島県小野町)
小さなお子さんたちが、めっちゃ、可愛かった。
塩崎の獅子舞(福島県南相馬市)
Dsc05012


上三宮三島神社の太々神楽(福島県喜多方市)
巫女踊り、踊るのは小学生のお嬢さん。日頃は、よさこい、J-POP、K-POPを踊るのが好きだと、インタビューにこたえていましたね。
Dsc05017


韓国伝統芸能 扇の舞(韓国)
冬から春へ、復興を遂げることを願う踊りでしたね。流れるような踊り、素敵でした。
Dsc05018

http://www.youtube.com/watch?v=F3_pu9HY0Xo

http://www.youtube.com/watch?v=ZVLKwXsTsy4


郡山うねめ太鼓(福島県郡山市)
女性だけの太鼓チームって凄い。。
Dsc05021


郡山うねめ太鼓(福島県郡山市) 小若会の皆さん
小若会の皆さん、若いだけあって、体が柔らかく、躍動感が凄い!
本日の演者の皆さんが一同に舞台に上がりフィナーレ
Dsc05045

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がんばるぞ!白河 食と職の市

2012年10月27日・28日、白河駅前イベント広場/白河市立図書館で『がんばるぞ!白河 食と職の市』が開催されます。

初日に駅前を通る用事があったので、15分ほど立ち寄って、写真と動画を撮影してきましたので、雰囲気だけお伝えします。既に、お腹がいっぱいだったので、食の方は一切口にしておりません。
まずは、白河市立図書館の方から。城d’白河2012の立看が出ていますね。こちらは、11月11日、白河駅前から公道を閉めきってのクリテリウムレースなんて、滅多に企画できるものではありません。是非、参加しましょう。ママチャリの部もありますよ。
Dsc04904
道路には、通行止めのお知らせが各所に設置されています。ドライバーの皆さんには、迷惑をおかけすることになりますが、ご理解のほど、よろしくお願いします。
Dsc04903
こちらは、職業体験のコーナー。ヘルメットを被った子どもたちが、指導を受けながら、柱を運んで建てているところが、可愛かったですね。
Dsc04905
こちらは何だろう? シェーカーが見えますね。ソフトドリンクを作ってみようとか、そういう感じなのかな?(違っていたらごめんなさい)
Dsc04906
こちらは、模擬上棟式のコーナー。餅などまいたのかな? 子供の頃に、上棟式があると、良く行きましたね。餅より、お金を拾うのが楽しみでした。5円とか10円しか拾ったことはないけど。
Dsc04907
 
木工細工、金槌で釘を打っているところかな。今の子は、こういう経験もなかなか出来ないでしょうから、貴重な体験ですね。間違えて、指をたたいちゃうと、血豆とか出来るんですよね。そうやって、上手になって行くんです。
Dsc04908
木作りの一輪車ですね。楽しそうだな。
Dsc04912
休憩・飲食のテント。買い求めたものを食べたり、ステージイベントを見たり、多くの皆さんがおられました。
Dsc04913
ステージには、最後となる、鈴木ヘンドリックスの皆さんが登場しました。

このカラフルな車は、子どもたちが、思い思いにカラーシールを貼り付けていったもののようです。
Dsc04914
こちらは、ふわふわ。子どもたちが、飛び跳ねています。中は、凄い熱気でしょうね。やらしてもらえないけど、大人が入っても、テンションあがると思いますよ(笑)。
手前に見えるのは、ポニー。乗馬体験が出来るんですね。
Dsc04919
 
こちらはヤギ、子供たちが草をむしってあげてました。
Dsc04920
羊は丸まってました。動的なヤギとは対照的に静を決め込んでいましたね。
Dsc04921
うさぎ、お尻だけになってしまった。
Dsc04922
犬のお父さん??
Dsc04923
お天気に恵まれて何よりでした。
Dsc04925
友好都市の行田市からは、お馴染みのゼリーフライ! 写真の右下に小さく写っているのは、青森市の皆様、青森の物産を出展されていました。お隣、那須塩原市のテントもありましたね。
Dsc04929
約15分で駆け足の見学でした。本日28日も開催されていますので、是非、お立ち寄りください。ステージでは、12時からYammyさんのコンサート、13時からダルライザーショーを含め、10時~16時過ぎまで、いろいろな出し物があります。
Dsc04938

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.22

開設14周年

おかげさまで、『新幹線通勤の日々』は、開設14周年を迎えました。

M1210222
1998年10月22日(木)、通勤の日々というタイトルで日記を書き始めて、まる14年です。毎年、開設記念日を迎える度に、よくもここまで続けたなと思いますが、まだ続きそうです。
M1210223
当時は、まだデジカメがなく、ホームページに使用する写真は、ビデオカメラの映像をSNAPPYという機器でレッツノートに取り込み静止画をキャプチャーして使用していました。写真を載せたい日は、ビデオカメラを持参しなくてはならないので、写真掲載の頻度は低かったのですが、翌月に、初めてデジカメを購入して、それからは、日々のスナップを気軽に掲載できるようになっていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.09

夢を感じる

※新幹線通勤日記とのダブルポストになります。

空気が澄み渡り清々しい朝です。肌寒さを感じる今日この頃、わが家も昨晩から羽毛ふとんにチェンジしました。新白河駅ホームで見かけるサラリーマンの方でも上着を着用しない方が10%を切りましたね。わが社のクールビズ期間は11月初旬まで、暑がりの私は最後までクールビズを全うするつもりです。

昨日のクリテリウム新庄大会・中学生の部では地元の石井洋輝君が見事に優勝しました。中学生と言っても1年生の彼が体力的には大きな差がある2年、3年生と競いあうわけですから、その中での勝利は立派です。これからの活躍がますます楽しみです。詳しくは、まこぼうさんのブログ「クリテリウム新庄大会」をご覧ください。レースの模様がユーチューブでアップされていますが、スタートダッシュで気分的に置いていかれた私です。オヤジも11月に向けて少し走らないといけません。1210091_2

てなわけで、日曜日と月曜日は少しだけ走りました。徐々に徐々に体を慣らしたいです。持久力はもとより瞬発力も最高スピードも最低レベルまで落ち込んでいるのを実感しました。年齢やぶくぶくと太った体もさることながら乗ってないんだから当たり前の結果です。秋も短いとおもわれるので、この良い時期に少しでも時間を設けて走りたいです。

CEATECで自転車バイクが話題になるというのも面白いです。昭和20年代に本田宗一郎さんが大ヒットさせた「バタバタ」を参考に長崎県の有安オートさんが電動バイクを開発しました。バタバタが走っているのを見たことはありませんが、中学生の頃に静止物としては見たことがあり、とっても興味深かったことを思い出しました。記憶が確かならば、後輪タイヤを駆動ローラーでサンドイッチする構造だったように思います(違ってるかもしれないけど)。有安オートさんの電動バイクは、前輪のインホイールモーターをリチウムイオン電池で駆動する方式になっていますね。 1210092

リチウムイオン電池と言えば、NECがEVやHV用の電池の容量を従来より3割以上アップさせる技術を開発しましたね。一般市販EVの走行距離200kmを260kmまで延ばすことができます。コストや寿命は同等、2年以内の実用化を目指すとしています。こういう技術の進展には夢を感じます。

夢を感じると言えば、京都大教授山中伸弥(50歳)がiPS細胞の功績が認められて日本人19人目となるノーベル賞の受賞が決まりました。「iPS細胞は新しい技術。仕事は終わっておらず、医学への本当の貢献をこれから実現させなければいけない」とコメントされたことも素晴らしいと思いました。祝意を伝える田中大臣のコメントも良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »