« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012.07.27

見えの問題

光は水晶体を通り網膜に像を結び、そこにある視細胞が光を感じ脳内で色や明暗として認識します。視細胞は、暗い時に働く杆体(かんたい)と明るいところで働く錐体(すいたい)から構成されます。錐体には、赤、緑、青を感じる3種類があります。
1207271
出典: CUDO( http://www.cudo.jp/sikumi/index.html

こうした色を感じる仕組みの中で、視細胞の特性が人と少し違ったり、遺伝や病気などの要因で機能が劣ったり、無かったりすることで、色の感じ方や見える見えないといった個人差がが出てきます。そうした人たちが結構いる(男性に多く国内では300万人以上いると言われている)ので、色の使い方などで配慮しなければならないというのが、CUD(カラーユニバーサルデザイン)の考え方です。

今朝、注目すべきニュース( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120727-00000026-jij_afp-int )を目にしました。フランスの研究所で、遺伝子変異で誕生から数ヶ月で視細胞を死滅させたマウスに化学物質AAQ(アミノアントラキノン)を注射することで、目が見えなかったマウスの視力回復に成功したというものです。マウスの実験ではありますが、遺伝的疾患で視力を失っている人にとって希望の光となりえるニュースですね。研究の発展に期待しています。

また、加齢に伴う見えにくさはより影響範囲が大きいです。白内障などは、年代別の発症比率で試算すると国内で2500万人位いそうです。もっと身近なものは老眼ですね。私の場合は、視力が2.0~1.5とすこぶる良かったこともあり、45歳頃には自覚し始めました。照明環境があまり良くないホームで腕時計の日付欄の数字や携帯時刻表の時間が見えにくくなったと感じたのが最初だと思います。

2005年11月17日の日記( http://shinkansen.la.coocan.jp/0511top.htm#1117 )のタイトルは「認めようよ」でした。こんなことを書いていました。『先日、老眼の話を書いたんですけど(通勤日記ではなかったかもしれません)、タイムリーにロート製薬が行った老化の実感に関する調査結果についての記事を目にした。それによれば、30代で約85%、40代で約94%の人が、加齢による見えにくさなどを実感しているようです。それでも、30代で約42%、40代で約44%の人は、できれば老眼鏡を使いたくないと答えているそうです。老化を認めたくないという気持ちの表れなんでしょうね。

私も、最初に自覚症状が出た時は、ちょっとショックでした。老眼と書かずに遠視と書いたぐらいですから(ここでは書きませんが、老眼と遠視は異なるものです)。でも、老眼なんですよね、老眼、認めましょう現実を。そこから、新たなステップに入ります。ああ、老眼鏡かけて、大人の休日倶楽部ミドルの会員になって、土・日きっぷで、あちこち旅したいです。』 老眼と付き合って約7年、また、当初よりもさらに症状は進んでいると思います。徐々に変化しているのでしょうが、段階的にがくっと悪くなったなと感じた時期が何度かあります。

さて、レッツノートの先代(CF-R7)は、10.4インチ画面で表示が小さいのですが、1024×768画素の表示画面としては見やすい方で裸眼でほぼ支障なく使えていました。しかし、レッツノートSX1にチェンジしてからは、12.1型と画面が大きくなりましたが、1600×900画素に増えたこともあって、見えにくさの問題をより感じています。文字表示を拡大する設定を使ったり、ブラウザの拡大表示機能を使ったりで対処は出来ているのですが、ピタっとはまった表示設定が見つからずに今日まで来ました。

そんなおり「ぴったりビュー」というツール(写真:右)があり、インストールすれば使えるとのことなので早速試してみました。文字の周囲にフリンジが発生するような感じで鮮鋭度は多少犠牲になりますが見やすくなりました。ベストではないが現状ベターな設定です。少し使ってみようと思います。最初から、セットアップしてあれば良いのにねえ。
1207272

※この記事内容は、新幹線通勤日記( 2012年7月27日 )に書いたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.18

平泉へ輪行

小さな旅ホリデー・パス(南東北フリーエリア、2,500円)が平泉まで拡大されたので、自転車を持参して行ってみたいなとずっと思っていました。天気が不安定な3連休でしたが、最終日7月16日(月)は、お天気も何とか大丈夫そうというわけで決行とあいなりました。

鈍行の旅ですが、夏のイベント列車『仙台・世界遺産平泉号』を利用することにしました。「ジパングで行く」が良かったのですが、8月中旬の数日だけの運行なので、今回は、「485系で行く」となりました。全席指定なので、指定券(510円)を取りましたが、がらがらみたいです。

これが購入したきっぷです。実は、新白河から仙台・世界遺産平泉号に連絡できる在来線はありません。郡山始発の6時30分発に乗れば間に合います。そこで、自宅から郡山までは自転車で移動することにしました。
M1207151

どんなトラブルがあっても対処できるよう十分な余裕を持って4時出発としました。が、思ったより薄暗いんですね。この日の福島市の日の出が4時29分、納得です。6月30日に小名浜に行った時の日の出を調べてみると4時19分、2週間あまりで10分、日の出が遅くなっていたんですね。出発は4時3分となりました。
Dsc014720402

天気予報では、白河も平泉も30℃オーバーで暑くなりそうでしたが、朝は23℃と何とかしのげます。それでも、リュックを背負ってペダルを漕げば、背中にじとっと汗をかきます。4号線の走りは快適でしたが、まだ、十分に明るくなる前に、何か甲殻類が胸元にぶつかってきました。そのまま、飛び去ってくれれば良いんだけど、胸元から中に入りそうに蠢いたので、うわっ!と叫んで、慌てて払いのけました。その拍子に胸元にさげていたサングラスまではじき飛ばしてしまいました。車に潰されなくて良かったです。しかし、ビックリしたな。まあ、ハプニングはこれぐらいでした。

5時28分、信号待ちで止まったところに、幸楽苑(栄町店)がありました。4時から空いているんですね。朝ごはんを食べていなかったので、朝ラーも良いかなと思ったのですが、窓側に座っていた、あっち系のド派手なお姉さん達が、あのむさいオッサンは何?ってな顔でこっちを凝視しているので、入るのはやめました。案外、気が小さい。
Dsc014750528

5時33分、郡山駅に到着。
Dsc014760533

6時30分の電車まではだいぶ間があります。その前に本当の始発電車6時10分発があったので、それに乗ることにしました。自転車を袋詰めしてホームまで運んでおきます。奥に見えるのは、赤べこがあしらわれた、6時2分発の磐越西線(会津若松行き)です。
Dsc014790551

6時オープンの駅コンビニ、本当は、右端の立ち食いそばの店に期待したんだけど、7時30分開店、2階の立ち食いそばは早いけどそれでも6時30分ということで、そばは断念、コンビニでおにぎり弁当をチョイス。
Dsc014850601

ついでに、『Suica』×『Kitaca』コラボグッズ『マグネット&メモ帳』(600円)を衝動買い。
Dsc014870605

まずは、ちんたら福島を目指します。
Dsc014920721

福島で仙台行きに乗り換えです。7時22分頃の車窓の風景。福島県と宮城県の県境手前あたりかな。
Dsc014930722

8時27分に仙台に到着。在来線のポケモン列車が居ました。
Dsc015000829

ホームには、黒石つゆやきそばの店がありました。お腹が空いていたら食べてみたかったけど、今回はパスして、次回があればチャレンジしたいと思います。
Dsc015030831

仙石線ホームに向かう通路のコインロッカーは、石巻ゆかり(正確に言うと、現登米市中田町石森の出身)の石ノ森章太郎さんの『サイボーグ009』仕様です。
Dsc015070842

既に、蒸し蒸しと暑くなり始めていたので、発車前の在来線で涼みます。ドアはボタンで開閉できるので、閉めちゃえば、快適な空間です。おまけに、この長椅子、寝転んだらさぞかし気持ち良いでしょうね。
Dsc015100851

9時16分、仙台・世界遺産平泉号(臨時)の485系が入線です。車内は13列でシート間はゆったりです。9時25分の発車。駅ホームもそうでしたが、途中、あちこちで車窓にカメラを構えている人たちを目にしました。
Dsc015190916

9時42分、松島あたり、海岸線が美しいです。
Dsc015220942

そして、内陸へと入って行きます。米どころとあって、田んぼが広がっています。
Dsc015260953

小牛田駅でしばし停車。運転士さんや車掌さんも車外に出て寛いでいます。
Dsc015351006

11時10分、平泉駅に到着。既に、じりじりと暑い。
Dsc015461115

駅横にレンタサイクルがあります。そして、こちらは、ベロタクシーです。運転士さんがペダルを漕いで移動するエコなタクシーです。2人乗りなのかな?坂道とかきつそうですが、どんな走りなんだろう。興味しんしん。私はマイチャリで移動です。
Dsc015431113

まずは、最寄りの毛越寺を散策。芭蕉の有名な句「夏草や兵どもが夢の跡」の句碑(和と英)がありました。そんな芭蕉の句や奥州藤原氏の時代を想像しながら、タイムスリップ気分に浸ろうと思いましたが、暑くて、それどころではありません(笑)。
Dsc015691144

辛うじて、残っていたあやめ。真っ盛りの時期なら見事だったでしょうね。
Dsc015611135

こちらは毛越寺のお隣の観自在王院跡史跡公園の舞鶴が池(無料エリア・・笑)です。カッパが2匹水遊びをしているのかと錯覚しましたが、近寄って見ると少年達でした。
Dsc015721152

12時4分、中尊寺入口。暑いので、ソフトクリームを買い求め、月見坂へと続く参道を歩きます。観光客で賑わっていました。サンダルやハイヒールの女性の皆さんは、最初の上り坂が大変そうでしたね。
Dsc015751204

12時11分、平泉のまちを見下ろします。
Dsc015761211

どおってことはない池だと思うんだけど、こうやって撮影してみると、案外、神秘的に写りますよね。
Dsc015791219

金色堂の拝観はパスして建屋の外観のみ撮影(笑)。中は、確か、撮影禁止でしたよね。
Dsc015811224

神社(白山神社)もあります。
Dsc015821225

茅の輪くぐりをされる皆さま。ご利益があるのでしょう。私はやりませんでした。
Dsc015851228

12時33分、翌日7月17日から中尊寺「秘仏御開帳」との案内を見て、駐車場まで歩いて降ります。
Dsc015871233

弁慶の墓なるものをちらっと見て、厳美渓まで走ります。13時15分、到着。
Dsc015931316

ここは、学生時代の東北ツーリング以来かな。
Dsc015961318

川向うの店との間にワイヤーが渡してあって、カゴがするするっと行ったり来たり。団子を買い求めているんですね。前に来た時も目にした気がします。
Dsc015991321

さて、そろそろエンディングということで、一ノ関駅に向かいがてら温泉を探します。かんぽの宿一関を発見。600円の日帰り入浴です。加水あり、加温あり、塩素消毒ありの温泉ですが、気持ち良かったです。
Dsc016091341

湯上りには、小岩井牛乳と魔法の水を注入。
Dsc016121417

サッパリしたところで、一関駅に向かいます。途中、自転車ツーリングの人たちを抜きました。サドルバッグに貼り紙が出ていたので、走行しながらパシャリ。日本一周されているんですね。ブログ『ガミの珍道旅日記』をのぞいてみたんだけど、テントを持って野宿の旅なんですね。無事に日本一周されることを祈っております。
Dsc016141505

一ノ関駅にて、小さな旅ホリデー・パスで自動改札を通ろうとしたら、ダメってはじかれました。駅員さんに聞いたら、平泉までエリア拡張されたけど、自動改札のプログラムは未対応なんだそうです。有人改札を通って入ります。おっ、ジパングが居る。
Dsc016271556

マルチディスプレーから、観光案内の映像が流れる不思議な空間です。
Dsc016231655

うろ覚えなんだけど、先頭と最後の車両が、こんな座席レイアウトになっていたんじゃなかったかな。
Dsc016181553

以上で写真は終了。

一ノ関駅を16時14分に発車する、仙台・世界遺産平泉号に乗り、仙台駅着が18時6分。途中、十数分の時間調整が複数あったような。上りと下りの所要時間を比べたら、上りが15分余計にかかるんですね。変なダイヤだなと思ったけど、いろいろ事情があるのでしょう。帰りもガラガラでした。

仙台駅を19時5分に発車する東北本線に乗り、新白河には22時8分着でした。そこで、自転車を袋から出して、我が家まで、ちんたら帰りました。本当に暑い一日でした。

今回は、チャリでの総走行距離は約80kmでした。オシマイ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.07.13

メンバー募集!

来年1月12日(土)開催のスーパーママチャリグランプリのメンバー募集です。

4回目の参加となる今回は、2チームでエントリーを済ませました。

人数に余裕があるので、参加したい方がいれば連絡をお待ちしています。

26インチのママチャリを持参していただける方は、特に大歓迎です。

詳しくは、↓をご覧ください。
http://shinkansen.la.coocan.jp/spmamagp.htm

公式プロモーションビデオ2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.01

小名浜まで往復170km

かれこれ1ヶ月ほど前から自転車に乗りたいなと思っていて、やっとこさ訪れた予定のない6月30日(土)、いわき方面まで走ることにしました。久しぶりに乗るにしては距離が長いので、早めに出発することにしました。
Dsc00836

と、サイクルメーターの表示が薄くなり、数km走ったところで、消えてしまいました。バッテリー切れです。コンビニに立ち寄り、電池をゲット、表示できるようになったのですが、時刻の合わせ方、距離単位の切り替え(マイル⇔キロ)が思い出せず、時刻は1時3分(実際は4時45分)、速度や距離の表示はマイル表示のままです(唖然)。
Dsc00837

霧の濃い朝です。Dsc00842

やがて、すきりと晴れ渡り、私の大好きな田園風景が広がります。早くから農作業、お疲れ様です。
Dsc00843

6時頃、古殿町の物産館「おふくろの駅」に到着、もちろん開店前です。今朝は、コーヒーを飲んでいなかったので、自販機でラテを買い求め、しばし、コーヒータイム。
Dsc00849

東北電力・鮫川水力発電所(常時出力1550kW、有効落差69.3m)。子供の頃から、水力発電所の水圧管を見ると、緊張する私です。取水口から、あの管の中に吸い込まれることを想像して、怖くなっちゃうんですよね。
Dsc00853

7時頃、御斎所トンネルを通過です。トンネル内の走行は、路面があれていたり、照明が暗いと怖さを感じることもありますが、今回は距離も短く問題ありませんでした。後は、車が1台でもトンネル内にいると、音が反響して、背後から車が迫ってくる感覚も、慣れないと怖いかもしれませんね。
Dsc00858

7時30分、スパリゾートハワイアンズに到着。昨年10月29日に来た時(↓)には、オープン前だったモノリス・タワーや、修復工事中だった、大プールを要する建屋も、復活して、今年2月8日に、リニューアルオープンしました。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2011/10/post-b306.html

ここで、温泉にでも入って、まったりしたかったけれど、今日は、あくまでも自転車が主体、先を急ぎます。ちなみに、ホテルは満室だそうです。
Dsc00861

8時30分、小名浜漁港に到着。天気も最高、心地良い風が吹いています。
Dsc00870

来年2月8日までの期間で、東日本大震災で壊れた桟橋を修復中です。
Dsc00873

漁港に面する市場食堂で朝ごはんをいただくことにしました。
Dsc00874

うにいくら丼単品で良かったんだけど、メニュー上、こんな感じになりました。ネギを抜いていただきました(笑)。これで、1750円は安いかな。福島県の海での漁は、限定的試験的に始まったばかり、いろいろな食材をよそから仕入れているのだと思いますが、早く、従来の姿に戻れると良いなあと思いながら、いただきました。
Dsc00876

せっかく、小名浜まで来たので、近くにある、アクアマリン福島を見学することにしました(大人1,600円)。
Dsc00885

潮目の水槽の魚群とか
Dsc00900

愛嬌あるゴマアザラシも良いんだけど
Dsc00904

この、小さな亀君が、なんか良かったな。
Dsc00923

そして、水族館に、なぜか盆栽。私は、ここのベンチに横になり、潮風にあたりながら、疲れを癒すのでした。
Dsc00922

ここは、照明が落としてあって、クッションベンチが置かれていて、さっきのベンチより、もっと居心地が良い。
Dsc00932

そして、さらに、居心地の良い場所を発見。涼しくて、疲れた体を癒すには最高。30分ほど、うたた寝。
Dsc00954

展望台に上ってみます。水辺で遊ぶ子供たちが気持ち良さ気。
Dsc00955

さて、ぼちぼち、帰るとしますか。こちらでは、ソフトクリームを無料で配布。おいしくいただきました(感謝)。
Dsc00967

駐車場周辺、まだまだ、修復工事中ですね。
Dsc00969

12時30分。景色は涼しげだけど、気温は26℃、日差しが痛いぐらいに暑い。
Dsc00975

大した上りはないんだけど、行きで、足が終わっていたのと、暑さで、バテ気味。
Dsc00979

恨めしいぐらいの青空と日差し(しつこりぐらいにアピール)。肌も、じりじりと焼けています。
Dsc00980

15時15分。ヘロヘロになりながら、なんとか、磐城石川駅に到着。
Dsc00983

白河到着。谷津田川沿い遊歩道の紫陽花が見頃ですね。
Dsc00984

今回は、いろいろな飲み物を飲んだけど、最も良かったのは、「梅よろし」でした。疲れた体に最高!
Dsc00850

今回の走行路、往復で約170kmです。全然、自転車に乗っていなくて、いきなりこの距離は堪えますね。膝が笑ってます。日頃から、地道に乗っていないとダメですね。でも、久しぶりにまとまった距離を乗ることができて満足。ちなみに、日差しの方向の関係で、体の左側が極端に日焼けしています(笑)。
Dsc00986

【余談】
この日、6時25分頃に、東京電力福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が停止しました。冷却装置の2台あるポンプがいずれも動かなくなり、モーターを制御する非常用電源装置が故障した可能性があるということ。1日から復旧作業に入るそうです。保安規定上限65度に達するまでに約60時間だとか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »