« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012.04.30

大昭和祭り2012

市役所前
Dsc09249

風が吹くと花吹雪
Dsc09180

レトロ調の白河市循環バス(その1)
Dsc09163

バス車内から撮影した動画

レトロ調の白河市循環バス(その2)
Dsc09206

市民会館前の賑わい
Dsc09215

バナナのたたき売り
Dsc09160

ミニSL試乗
Dsc09192

動画でご覧ください

畳に座ってステージ見物
Dsc09232

白河市の萌えキャラ「小峰シロ」
公式サイト: http://komine-shiro.com/
Dsc09176

Dsc09190

お祭りには、ちんどん屋さん
Dsc09198

人力車
Dsc09183

本部でいただいたチラシに付いている福引券でチャレンジ、もれなくの、うまか棒でした(笑)。
Dsc09225

市民会館2階のレトロコーナー
Dsc09237

ミスユニバースきせかえ、ぽっちゃりモデルが良い感じ
Dsc09238

三輪車、懐かしい
Dsc09255

食べてみたかった浪江焼きそば、行列が出来ていたのでパスしてしまった(残念)。B級グルメ老舗、富士宮焼きそばも出店しておりました。
Dsc09216

婦人会のちぢみ、100円は嬉しいですね。個人的には、表面をもう少しカリッとさせて欲しかったかな。
Dsc09228

こんなこともあろうかと歩いてきました(笑)。結局、この日は、南湖公園やまほろんなどを15kmも歩いて巡り、真っ赤に日焼けしました
Dsc09196

その他の写真も含めてフェースブックの写真アルバムに掲載しています。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.374550482583112.81865.100000844917263&type=1&l=7aceca7f4d

※過去の大昭和祭りのレポート
大昭和祭り2010
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2010/04/post-de83.html
大昭和祭り2009
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2009/04/post-272f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元の春景色

2012年4月28日(土)~29日(日)にかけて地元で撮影した春景色をアップします。18点の撮影場所は以下の通りです。
Dsc09294

①楽翁桜(南湖神社)
Dsc09076

②太陽の国の手前
Dsc09077

③太陽の国の桜並木
Dsc09086

④太陽の国
Dsc09085

⑤太陽の国
Dsc09100

⑥太陽の国
Dsc09103

⑦南湖公園
Dsc09113

⑧国道294号線沿い
Dsc09136

⑨谷津田(やんた)川沿い
Dsc09148

⑩南湖公園
Dsc09271

⑪翠楽園前の広場
Dsc09272

⑫南湖公園
Dsc09273

⑬南湖公園
Dsc09279

⑭南湖公園
Dsc09278

⑮南湖公園
Dsc09280

⑯桜の花道
Dsc09285

⑰自転車の二人
Dsc09287

⑱菜の花
Dsc09293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.28

レッツノート CF-SX1

私にとって、レッツノート6代目となる「CF-SX1GEADR(2012年春モデル)」が、2012年4月21日(土)に届きました。1週間経ちましたので、使用感などをレポートしようと思います。

CF-SX1が届いた日は体調が最悪でした。4月15日(日)に左足ふくらはぎを肉離れして足を引きずって歩いている上に、17日(火)から今シーズン初の風邪っぴきがこじれて咳がひどくなり通院した日でした。お天気は良かったのですが、体調不良で外を出歩けないこともあり、CF-SX1の環境構築に専念できました。翌22日(日)の通勤日記から、CF-SX1で更新しています。
Dsc08987
(左:XF-R7、右:CF-SX1)

★レポート
①驚いたこと
パッケージを開けて驚くのは、バッテリーが2種類(標準バッテリーLと軽量バッテリーS)入っていることです。ACアダプタも2種です。ACアダプタの中央にあるパーツは、ACアダプタ本体のACプラグ側のコードを外してセットする折りたたみ式ACプラグです。電源環境に応じてACアダプタ周りをすっきりさせることができるかもしれません。でもコードがもう少し長くても良いかなと思った私です。加えて、せっかく、ACアダプタが2個もついているけど、バッテリーを本体にセットしないと充電できないのが惜しいですね。ACアダプタとバッテリーパックを直結して充電できたら、めっちゃ使い勝手が良いと思うんだけど。
Dsc08986

②スペックについて
・性能(CPU、メモリ)
Corei5-2540M vPro(2.6GHz)、4GB ⇒最新モデルなので気にせず

・画面(サイズ、解像度)
12.1型ワイド(16:9)、HD+(1600×900ドット) ⇒Rの10.4型では目に辛くなってきたので12型以上が条件でした。ワイドは必須ではないけど、16:9の写真を撮影することが多いので良いかも。

・重量
約1.39kg(バッテリーL)、1.18kg(バッテリーS) ⇒ スーパーマルチドライブ内蔵と思えば軽いです。

・サイズ
W295mm、D216.2(バッテリーL)/197.5mm(バッテリーS)、H25.4mm(最厚部31.5mm)。画面サイズアップなので幅が大きくなるのは当然、Rシリーズは小さい(W229mm)んだけど厚み(29.4~42.5mm)があったので、薄くなって鞄に入りやすくなりました。

・バッテリー駆動時間
約16時間(バッテリーL)、約8時間(バッテリーS) ⇒ 使ってみてはこれからデータ取りしますが、公称値ですから、まあ、10時間(L)、5時間(S)ぐらいに考えておけば良いかと思います。いずれにしても、往復の東北新幹線(新白河-東京)の往復の車内での利用についてはバッテリーSでも余裕があると思います。

・タフさ
100kgf加圧振動試験や76cm落下試験などレッツノートの定評のあるところです。不幸にも歴代のレッツノートを裸で床に落としてしまったことがありますが、本体やデータの破損で困ったことはありませんでした。残念なのは、CF-S10まで謳っていた防滴キーボードではなくなったことです。万が一、キーボードに水をこぼしてしまった時の安心感が良かったんだけどなあ(残念)。細かなところでも、USBポートの耐久性、耐摩耗性能向上、体感温度を低減するパームレストシート、文字が消えにくいレーザー印刷キーボードなど実用シーンを考えての配慮が感じられます。

③購入前の確認について
店頭で実際に触ってフィーリングを確認することは大事だと思いますが、これまでの、レッツノートへの信頼感から今回は特に行いませんでした。10.4インチ画面のRシリーズから12.1インチワイド画面にかわりキーボード幅も変わりますので後は慣れかなと考えていました。少し気になったのはネットで見かけたファンの音が気になるという書き込みでしたが特に気になりませんね。外観は東京駅構内にディスプレイされているのをガラス越しに何度か眺めましたね。
Dsc08888

④使用してみて
・全般的に
最新モデルでCPU性能も向上したし、メモリも2GB→4GBに増えたので、パフォーマンス的には満足です。

画面が10.4型→12.1型ワイドになりましたが、画素数も1028×768→1600×900に増えているので、フォントのサイズも調整して見やすい設定を模索しました。見やすくなりました。ワイド画面になってワイドの写真表示やレタッチがしやすくなりましたが、左右をフルに行き来する際に遠くなった感があります(これは慣れの問題でしょう)。

キーボードは。R1では窮屈感がありましたが、キーピッチが19mmに広がったので使い易いです。キートップは一回り小さく盛り上げてあり、左上、右下に角丸を付けた形状になっていて誤入力軽減に効果がありそうです。キーストロークもいい具合です。

右側面には、奥側からACアダプタ差し込み口、SDカードスロット、USBポート、LANとなっています。デジカメの画像取り込みにSDスロットを良く使うのと、モバイル時はUSBポートにDTIハイブリッドモバイルプランの端末を指す関係で、並び順が違ってたら、もっと良かったかな。SDスロットが最も手前に欲しかったです。次がUSBポート。ケーブルを繋ぐことになるLAN(ほとんど使わないけど)とACアダプタ差し込み口は奥が良いですね。USBポートは左側に2つあります。こちらはUSB3.0対応です。

スーパーマルチドライブは、機能的には問題ありませんが、操作性から言うと、ディスクの出し入れ時にディスクの記録面が本体に触れてしまいがちなのが惜しいところです。

当初気づかなかったのですが、Webカメラとマイクが搭載されています。レッツノートにも付けるんですね。Skypeなんかでビデオチャットしたい時には便利かも。Ustreamなどで映像配信したい用途まで考えると、180度反対側に回転できると、さらに良かったかな。

それから、モバイルで使用中の時に、CF-Rシリーズの時には、蓋を開いたまま(稼働させたまま)レッツノートを片手に持ち、もう片手に鞄を持って移動していたんだけど、CF-SX1でバッテリーL装着だと、手首にずっしりと重さが応えますね。

⑤ 使用感(Paart2)を追加でアップしました(↓)。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2012/09/cf-sx1-part2-da.html

昨日、Panasonicからアンケートが届きましたので、下記のように回答してみました。
Dsc08988


★CF-SX1の環境構築内容
①初期設定
・バッテリー(L、S)、ACアダプタ(標準、ミニ)と各2種付属⇒バッテリー(L)と標準ACアダプタ接続して、電源ONしてから10分ほど待ち
※Windows 7 Professional のセットアップ画面表示⇒次へ
※ユーザー名、コンピューター名を入力⇒次へ
※パスワード、パスワードのヒントを入力⇒次へ
※マイクロソフトソフトとパナソニックのライセンス条項に同意をチェック⇒次へ
※コンピュータの保護とWindowsの機能の向上が自動的に行われるよう設定:推奨設定を使用しますをクリック
※日付と時刻の設定、デフォルトでOKだった⇒次へ
※初期設定を行なっていますの表示で15分ほどして自動的に再起動、Windows更新プログラムの構成に入る。
※ログイン画面⇒ログイン
※リカバリーディスクを作成(1回しか作成できない)。WIRELESSボタンをOFF、スタート→すべてのプログラム→Panasonic→リカバリーディスク作成ユーティリティをクリック。Windows 7 Professional 64bit、ディスク種類:DVD-R(ブランクディスクを枚使用)。ディスクイメージ作成に入る。ディスクセット→最高速X8で作成開始(#1~#3)、結構時間がかかった。 
②無線LAN設定 ⇒ すんなり
③モバイル接続環境 ⇒ すんなり
・DTIハイブリッドモバイルプラン
④セキュリティソフト ⇒ すんなり
・Kingsoft Internet Security 2012 (無償)
⑤ブラウザ、ブックマーク、日本語FEP
・ Chrome、Google日本語入力
・Googleにログインしたらブックマークが引き継がれていました。楽だったけど少し怖いかも。
⑥オフィスソフト
・Microsoft Office 2007 Professional
⑦デジカメソフト
・Cybershot DSC-HX5V付属ソフト⇒PlayMemories Homeにアップデート
⑧画像処理ソフト
・Photoshop Elements 9
※既に2台(上限)にインストール済みだったのでCF-R7のライセンスを解除
⑨フォトシネマ「Life*3」
・既に2台(上限)にインストール済みだったのでCF-R7のライセンスを解除
・QuickTime7.62.14.0がインストールされたが、7.7.1にアップデート
※過去に購入していたPro版のライセンスコードを設定したら認識された。
⑩HTMLエディタ
・Style Note 4.14
※2012/1/9付けで新バージョン開発中とのコメントを発見、今後が楽しみ
⑪FTPクライアント
・WS_FTP Limited Edition (無償)を使っていたけど、FFTP v.198eに変更(窓の杜)
⑫メーラー
・CF-R7のメール環境をWindowsメールからWindows Live メールにアップデート
・CF-SX1にWindows Liveメーラーがインストールされていたが最新でなかったのでアップデート
・CF-R7のメール、アカウント情報をエクスポートして、CF-SX1へインポート
※フォルダ分けだとうまく移行できないので受信フォルダに全てコピペしてから作業
⑬ドキュメント
ドキュメント、ピクチャー、ミュージックなど
※USB3対応メモリが活躍

★レッツノート使用歴
①AL-N2(1997年7月)
・12月から始める新幹線通勤のお供に選定、光学式トラックボールにベタ惚れ
・「W98SEアップデート顛末」、「瀕死のノートパソコン」なる事件もありました。
CF-B5V(2000年7月)
・4月から本社勤務となりモデルチェンジ、引き続き、光学式トラックビールボールモデル
CF-R1(2002年5月)
・トラックボールが非主流となりやむなく1kgを切る軽量モバイルRシリーズに転向
CF-R3(2004年11月)
・Rシリーズ(3年保証のビジネスモデル)
・「マイレッツ倶楽部3周年記念パーティー」で全面防滴キーボードに感動
・「レッツ燃ゆ」→「ウルトラマンなみ」→「帰ってきた」なんていう事件もありました。
CF-R7(2009年4月)
・大学生になる息子に選定した型落ちモデル、愛妻の薦めで同じものゲット
⑥CF-SX1(2012年4月)
・液晶の部分故障、発熱、能力低下、目がしんどい等から新台購入を決意

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2012.04.19

意味分かります?

緑がかった黄色の痰の、鼻黒い髪は、ウイルスとの戦いの間に、胸が痛い、ロールバックされます。この物語の中でKyoshukuは朝からです。気分変化、私たちは新幹線の車窓の黄色い絨毯の写真(:左写真)をアップロードします。私はTwitter上でネットの友人から連絡を受け、あなたが川荒川を見て忘れていない場合は見ています。今、あなたはよく撮影することができます。

Kakaku.comから受信した電子メールの通知は、到着しました。コンテンツモデルは値下げは、設定されていることをチェックしていたということです。昨夜、この写真をアップしていた。ちょうど月にリリースされたモデルは、私が提案された96点があればまたコメント、評価、運包括的なシート気になる点があった "あなたが好きで、深井戸、今日のアプリケーションの考慮する前に実行するためには次のようにプッシュバックされました。"よい結果が得られます。あなたが店に進んでいない支払いを受け付けておりませんので、お問い合わせを待っています。または新台この時間を置き換えることはありません。レッツノートはモデルCF-SX1GEADRです。

(ブリヂストンサイクル)無償交換のお知らせ "ステンレス製の自転車のバスケットのために。"驚いた(コバルト60)可能性が高い放射性同位元素をから検出されているとおりです(写真右)は、中国で行われたバスケット。買い手からの連絡で発見された。福島東京電力の最初の原子力発電所の事故以来、それはまた、線量計を持つ個人から増加している。そのようなことがある場合は、私が発見されていないません。私はチェックするので、表面は1cmの距離で7.5〜10.6μSv/ hであった。年間線量効果はあっても自転車で毎日約1時間59μSvに乗りませんでした。それは車に乗ってから距離を含む弱体化の位置の計算結果の基礎となっています。 1.4mSv、24時間365日では、一時的にバスケットを削除する1cmの距離を保つ約88mSvと呼ばれます1日24時間、365日に乗ることを続けています。推定値とTararebaは、そのようなものです。私は実際の状況では影響はありませんと思います予期しない事態に驚いていません。過去に私もリードは土鍋から検出されていました。中国といえば、しない単語は今日の中国で話されていた。

"原子力発電所の理解のための国家政策の提案"も、提案のページ上部タイトル(滋賀県知事⇒野田の経済産業大臣及び州知事の位相枝野&内閣総理大臣は、京都)へのリンクを設定された7は以下のとおりです。
(中立機関による専門的な判断ではなく、信頼性のある政治的見解)中立性の確立①
(人々の納得できる情報の開示)②透明性を確保するために
(オフィスビルの段階で安全性の説明はアイソレーションを基にすることはできません、そのような堤防のような恒久的な対策)福島原発事故に基づいて安全性の実現③
(ステージの緊急性の証明はちょうど事故調査で実行して停止しません)緊急の④証明書
中長期的な展望⑤(テーブルに主に依存し、最大それに核燃料サイクルの見通しのデ自己実現のプロセスを示しています)のプレゼンテーション
事故⑥(最大2オフサイトセンターの開発、避難体制の確立やスピーディなどのシステム添付の開発)の場合にはサポートの確立
東京電力(言及するためには、同様に他の国で福島原発事故の被害者に責任を持って応答しない、救助への関心と徹底した⑦福島原発事故について、これまで福井県、福井県の取り組みへの配慮犠牲者)
消費税​​から、経済産業急激な変化の首相とのフェーズでは、心からの子ではない感じが伝わっ直面しています。なぜ、なぜに連れて行かれません。私は上記の勧告をサポートしています。七勧告、私は耳を傾けるでしょう。

-----

上記文章は、今朝の通勤日記を、Google翻訳で日本語⇒英語に変換し、さらに、英語⇒日本語に変換したものです。こんなことになっちゃうんですね。書いた本人は、あれが、こうなるのかと概ね理解できましたが。

正解は、http://shinkansen.la.coocan.jp/1204top.htm#0419 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.08

花見2012

2012年4月6日(金)、会社を出て、外堀通りを有楽町方面に向かって歩き始めます。桜とビル。
Dsc08402m

堀に沿って内堀通りを歩き、国会前を過ぎた辺りだったかな・・・桜。
Dsc08416

振り返れば、堀の向こうに丸の内?のビル群が見えます。
Dsc08417

一緒に桜を見物する、どぉやん、BBNさんと合流してから千鳥ヶ淵に到着です。
Dsc08439

次第に人が増えてくる。堀に近い側は数珠つなぎに状態で人が流れていきます。
Dsc08442

インド大使館でSakura Festivalが開催されていました。インド音楽に惹かれて入ってみるととっても楽しそうな露店が出ていました。タンドリーチキンを食べました。
Dsc08447

この後、北の丸公園を抜けて解散。・・・ 続いて翌日、大宮に向かいました。大宮駅西口の桜、満開です。
Dsc08490

東口でご一緒する皆様と合流して大宮公園へ、ぽっかり空いていた場所にシートを敷き、乾杯です。
Dsc08500

幹事のBBNさん、おいしい唐揚げとプチトマトをありがとう! ごーどんさん絶賛のプチトマトは、KAGOMEのちいさなももこ(福島県産)だそうです。きたむぅさん持参の美味しいおつまみの写真がない(汗)。
Dsc08501

地面にカメラを置いて集合写真、お花見の参加者は7名(きたむぅ、たけやん、ごーどん、サエバ、こっしー、BBN、Mujina)、新幹線繋がりでお声がけしたメンバーですが、全員、ママチャリグランプリの仲間となりました。
Dsc08518

家族連れ、カップル、同僚、友人達などと、皆さん、花見を楽しまれていました。良いなあ、ベタな花見。
Dsc08536

多種のビールに加えて日本酒が充実、獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽しぼりたて生(4合瓶)、伯楽星(4合瓶)、花泉純米酒(4合瓶)、出羽桜 純米大吟醸(1升瓶)、花見口万(1升瓶)、凄かった(笑)。
Dsc08514_2

お花見も無事に終了、帰り道で、注目を浴びる彼女!
Dsc08541

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.04

爆弾低気圧

2011年4月3日(火)、東京駅を8:20に発車する「なすの編成」のさくらラッピング仕様のE3系を撮影している頃はまだ平和でした。
Dsc08324

爆弾低気圧により大荒れが予想されるので、昼過ぎには帰宅して良いことになりました。仕事を一段落させてから東京駅に向かい、とりあえず、14時40分発の「やまびこ65号」で宇都宮まで先行することにしました。こちらは、さくらラッピング仕様のE2系でした。15時29分には宇都宮到着です。
Dsc08328

約47分待ちで新白河駅に停車する「なすの261号」を待つつもりでしたが、運休となっています。16時30分に到着する、新白河駅にも臨時停車する「やまびこ67号」を待つことになりました。その間、インクジェットプリンターのインクカートリッジを購入しようと駅前パセオのヨドバシカメラに寄りました。最深の電子機器などを見学したりして楽しかったですが、少々、酔いました。
Dsc08332

混雑を予想して、10分前にはホームに並びました。10両編成の「なすの・やまびこ」の5号車後方の乗り場案内ですが、新旧?存在していて分りにくいです。16両編成の7号車の案内も然り。
Dsc08333

予定の時刻になっても来ないなと思っていると、遅れる見込みとのアナウンス。何度も案内されるのですが、一体、どれぐらい遅れそうなのかの目安のお知らせがなく、ただただ、寒いホームで待つことに、ようやっと表示された25分遅れの表示。
Dsc08337

続いて30分遅れの表示
Dsc08338

さらに35分遅れの表示、ただただ、5分経過毎に遅れを5分追加して案内しているだけなんじゃないか。
Dsc08339

そして、遂に40分遅れの表示
Dsc08340

と、35分遅れに戻った。しかし、既に37分遅れているぞ。
Dsc08342

そして40分遅れになっても、35分遅れの表示のまま(謎)
Dsc08345

まあ、なんとか40分遅れで到着しそうという状況になって、駅員が10名ほどぞろぞろとやってきて、自由席車両の書く乗降口に配置、混雑対応なんでしょうね。
Dsc08346

遂に到着。激混みかと思ったけど、帰省ラッシュのような混雑ではありませんでしたね。車内に立っていると、電光掲示板に「次は郡山」と表示されたので、那須塩原や新白河で降りる予定の皆様が、えっ!という声をあげましたが、ちゃんと、那須塩原に臨時停車しました。
Dsc08351

那須塩原からは座ることができ、新白河に17時47分頃に無事到着です。改札前には、運休と臨時停車の案内が出ています。
Dsc08352

東北本線は運転見合わせ中です。
Dsc08353

全然、関係ないけど、当駅でWiMAX使えます!ステッカーが貼られていました。
Dsc08354

高架下駐輪場の自転車は強風でなぎ倒されていました。
Dsc08355

我が家の自転車及びガーデンテーブルもこの通り。白河でも29.8m/sの風が吹いたそうです。
Dsc08358

2012年4月4日(水)、東北新幹線は平常通り運行ですが、秋田新幹線は少なくとも午前中は強風のため運転見合わせです。秋田新幹線も一部運転見合わせのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »