« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012.03.26

疋田智の自転車ナイト!!with ドロンジョーヌ恩田

3月25日(日)、「疋田智の自転車ナイト!!with ドロンジョーヌ恩田」のイベントに参加するのですが、早めに出て楽しもうと思い昼過ぎには家を出ました。新白河駅前ですが、お天気が良く長閑な雰囲気が良く出ていますね。
Dsc07953

最初の楽しみは、レインボーブリッジを徒歩で歩くです。歩けるのを今の今まで知りませんでした。エレベーターで7Fまで上ると道路脇に歩道が設置されています。南側と北側がありますが、東京タワーや東京スカイツリーが見える北側を選択しました。
Dsc07959

まずは、東京タワー
Dsc07967

次は、東京スカイツリー、全景も見えましたが、あえてビルの上にのせてみました(笑)。
Dsc07972

自転車は、後輪に、こんな台車をあてがわれて持ち込み可能です。歩道を走ってはいけないということなんですね。
Dsc07986

しかし、両側での利用者数が異なるので、こうやって、係の方が台車を運んでバランスをとっているそうです。ご苦労様です。利用者を信じて、台車なしで持ち込めるようにしたらとも思うんですけどね。
Dsc07971

お台場海浜公園、平和な光景がそこにはありました。3家族で子どもたちを連れて、ここに遊びに来たのは遠い過去のことですが、ふと、懐かしく思い出しました。
Dsc07987

観覧車を目指して歩くと、そこは、東京レジャーランド。
Dsc07993

レインボーブリッジの後は、ストラックアウトです。16枚タイプが2種類あります。左側はボードを倒すタイプ(2枚抜きはできないようです)、右側は感圧センサータイプ(2枚抜きができます)。何度もトライしましたが、パーフェクトどころか10枚程度を抜くのがやっとでした。9枚タイプもあったのですが、そちらでは、あっさりとパ^-フェクトを出すことができました。記録シートが出力されなく、デジカメでの撮影にも失敗しましたが、こっしーが証人です(笑)。
Dsc07994

なお、投球の際にネットに引っ掛けて、爪を裂いてしまいました(汗)。
Dsc08012

その他に、ビリヤードタイプのボウリングゲームとか、ミニボウリングゲームとか、ダーツとか、バスケットとかのゲームをして、大いに楽しみました。
Dsc08007

軽く汗をかいたので、ビーナスフォートのとある店で軽く喉を潤して解散。
Dsc08011

本日のメインイベント会場、東京カルチャーカルチャーへ。ここ、@niftyの関連施設だったんですね。
Dsc08016

疋田智の自転車ナイト!!with ドロンジョーヌ恩田
Dsc08015

お二方
Dsc08020

乾杯
Dsc08021

第1部のジュニアスポーツ車の歴史は懐かしい写真が一杯登場して完全にツボにはまりました。twitterでも、あれこれ呟きました ⇒ http://twilog.org/Mujina__/date-120325
Dsc08034

第2部の恩田さんのお話も面白かったな。
Dsc08048

イラストも味がありますね。チンポジに爆笑。
Dsc08052

第3部、自転車道のありかたなど・・・まずは、信じられない自転車道の数々。
Dsc08080

左:オーストラリアの自転車道に書かれている名言、自転車は脂肪を燃やして走るお金がかからない、自動車はお金をかけて走り脂肪を蓄積するといったような意味だとか。
右:アメリカの洒落のきいたorお馬鹿な自転車、自動車から自転車に乗り換えたが、週末のまとめ買いのためにカゴが必須だったということか(笑)。
Dsc08093

一見テールランプ風だが、これは、自転車後方に自転車道を投影する装置らしい。よく、こういうものを考えるなと感心。
Dsc08102

お隣り韓国のサイクルハイウェイ整備状況や、イ・ミョンバク大統領の自転車通勤姿。野田総理も変なところに政治生命かけなくていいから、自転車にでもまたがってみて欲しい。また違った世界も見えるのでは。
Dsc08105

左:日本のとある自転車道の困った状況
右:なぜ、このようにできないのかなと、疋田氏
Dsc08111

いきなり、先進国オランダのような自転車道の設置は難しい。日本における、ロードマップの項目は・・・という辺りで、残念ながら、お暇しました。
Dsc08114_2

楽しい時間でした。自転車に乗らないとねえ。

そうそう、3年前に発見した素敵な記事のリンクを最後に記載しておきます。
mtrblog「自転車熱狂少年時代('70年代)」 ⇒ http://mtrweb.blog.shinobi.jp/Entry/30/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.25

WiMAX料金を考える

レッツノートCF-R7のリプレース候補として価格がこなれたCF-S10を考えています。既に販売中止となっており、新しいモデルも発表されているので、在庫がなくならないうちにお手当てしようと思っています。

CF-S10の仕様を眺めていて、内蔵されている「WiMAX」に目がとまりました。久しぶりに目にしました。過去のブログを検索してみたら、約2年前に試用レポートを書いていました。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2010/04/tri-wimax-991c.html

DTIハイブリッドモバイルプラン(2年契約)の契約期間をあと1年残していますが、都内で速度が欲しい時にWiMAXを気軽に使えたらどうかなと思い、@niftyの料金プランをチェックしてみました。
http://setsuzoku.nifty.com/wimax/price.htm

まずは、定額の年間契約プラン「@nifty WiMAX Flat 年間パスポート」の場合、Bフレッツで@nifty接続サービスを利用しているので、月額3,591円が適用されます。

もう一つは、2段階定額プラン「@nifty WiMAX Step」、同じく、Bフレッツで@nifty接続サービスを利用しているので、月額378円~4,977円が適用されます。9,000パケットまでが378円、118,500パケット以上で上限の4,977円となります。9,000~118,5000パケットまでは、超過パケット分に関して0.042円/パケットが378円に加算されます。

パケット数で言われても実感しにくいのですが、@niftyのトップページを何回表示できるかという例示を見つけました。9,000パケットで7回とありました。トップページを7回表示しただけで9,000パケットです(笑)。ちょいとネットサーフィンなどしようものなら、最低料金の378円は、あっという間に超えてしまうことが分かります。

ちなみに、上記の例示では、@niftyのトップページ容量を160KBとして試算しているそうなので、9,000パケット≒1.1MB、118,500パケット≒10MBということになります。

Youtubeに動画をアップすると、オリジナル動画の容量よりも、かなり圧縮されて登録されますが、それでも、2MB/分程度という情報も目にしました。とすれば、10MBで5分、私が時々アップしているストラックアウトでパーフェクトの動画が1分40秒位なので3回みると10MBということになります。HDサイズでアップしているので実際はもっと少ないところで10MBに達するでしょうね。

回りくどく書きましたが、無駄なく使える2段階定額プランとありますが、ちょいと考えれば、あっという間に上限に達してしまうと思われるということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

ぶら散歩

16時半という中途半端な時間になってから、気分転換に、町内をぶら散歩してみました。午後から、お天気が良くなって青空が冴えわたります。デジカメは、仙台お忘れ物センターから我が家に向かって移動中なので、今日は、滅多に使わない携帯で写真を撮影してみました。
M1203243

東日本大震災の影響です。隙間に詰め物でもすれば良いのでしょうが、この程度だと、放置されたままなんですね。
M1203244

まだまだ、改修途上、ずっと下側まで崩れてしまったので、大規模な復旧工事が行われています。
M1203245

地割れが痛々しかった公園、遊具も含めて、復旧間近です。本日も、作業が行われていました。
M1203246

この公園が使えるようになると、ここに、毎週、測定された放射線量が記入されるようになるんでしょうね。
M1203247

小学校に行ってみました。子どもたちが遊んでいます。
M1203242

校庭の端の方に、リアルタイム放射線モニタリング装置が設置されています。精度の問題があったせいなのか、2つに増えています。
M1203248

散歩も終了、我が家に帰ろう。
M1203249

ぶら散歩のコースでは、3箇所に、リアルタイム放射線モニタリング装置が設定されています。ネット経由でも数字が確認できるようになっていますが、散歩時に表示されていた数字を撮影してきたので、両方を掲載してみました。小学校は校庭の表土を除去しているので0.2μSv/h程度ですが、他の2箇所は0.5μSv/h位ですね。
M1203241

0.5μSv/hの環境下で24時間365日いたとして、年間で4.38mSvの放射線を浴びるという計算になります。屋外にいる時間が1割で、残り9割は放射線量が1/3の室内にいるというように仮定して試算すると、1.75mSvになります。せいぜい、その辺りかなと自分では考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

水戸オフ2012

2012年3月17日(土)、毎年恒例の水戸オフ、小山から水戸線で偕楽園駅(臨時駅)を目指します。お天気は雨(まじ降り)。例年に比べて遅い開催となりましたが、寒い日が続いたこともあり、偕楽園の梅はまだ四分咲きとのことです。
あいにくの雨となりましたが、小山から水戸線で偕楽園駅(臨時駅)を目指します。
Dsc07765

小山からSuicaで入場したので、自動精算は無理だろうなと思ったのですが、今年は、精算することができました。やれば出来るんですね。次の水戸駅までの精算となり、この精算表を見せることで、偕楽園駅~水戸駅まで乗車することができます。
Dsc07893

偕楽園駅では、ホーム脇で咲く海のみならず、梅娘の皆さんがお出迎えをしてくれます。テンションが上がりますね(笑)。
Dsc07768

東日本大震災で偕楽園も被災しました。今年2月7日に全面復旧となりました。石段には、亀裂や段差を補修した跡がここかしこに見えますが、最初の階段は、全体的に右側に傾いたままになっているのが分かります。被災の爪あとが偲ばれます。
Dsc07771

ここは碑?があったのだろうか? 崩れて破損したのでしょう、台座のみが残されています。
Dsc07773

集合時間より80分ほど早く着いたので、一足先に散策開始です。
Dsc07785

白梅
Dsc07793

紅梅
Dsc07797

黄門様一行と記念撮影、お約束ですので、これはこなしておかないと。
Dsc07786

唐傘をさした梅娘のツーショットも良いですね。雨の日でなければ撮影できないショットですね。
Dsc07789

日立さくらのミス?もお出迎えです。
Dsc07784

根っこが凄いことになっている。
Dsc07798

千波湖畔、対岸の水戸方面は霞んでいます。
Dsc07816

水戸黄門像、左下の交通整理の方と比べると大きさが分かりますね。
Dsc07817

集合時間まで30分となりましたので、Cafe好文で、ラテタイム。傘をさしてはいたものの、背負ったナップサックがしっぽり濡れ、デジカメも湿っぽくなっていました。
Dsc07819

13時4分着の特急で到着予定のCafeさんを出迎えに駅へ、ダイヤ改正のこの日がデビューの新型特急E657系を撮影するため、ホームに入れてもらいました。と、お出迎えの梅娘さんが、我々に気づいて、撮影用の笑顔を振りまいていただいたので、パシャ!
Dsc07849

そして、E657系。
Dsc07855

全員集合ということで、いただくのは、お約束の地酒副将軍、にごり酒です。
Dsc07776

こんなに、なみなみに注いでくれました。
Dsc07862

はるさん、水戸っぽさん
Dsc07863

Cafeさん、Mujina
Dsc07864

そして、1時間遅れで到着のたけやん
Dsc07867

全員集合ということで、乾杯です。うんまい。雨や寒さもしのげる休憩スペース、ここで小一時間、話し込みました。
Dsc07869

黄門様一行(お吟さんがいない)と水戸っぽさん、ホーリーホックの紋どころが目に入らぬか!
Dsc07874

梅娘さん達と一緒に記念撮影
Dsc07879

水戸駅まで移動して、駅前の天まさへ
Dsc07900

鮟鱇づくしを美味しくいただきました。右下は、デザート(桃とバナナ)、写真にないのは、締めの雑炊(美味)。
Dsc07896

昨年の水戸オフから2週間も経たないうちに東日本大震災が発生、1年を経過して、再び、この地で仲間たちと再会でき、水戸を楽しむことができたことに大いに感謝です。

※過去の水戸オフのレポート
2011年
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2011/02/post-b552.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1680024598&owner_id=540310
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1680514181&owner_id=540310

2010年
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2010/03/post-2311.html

2009年
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2009/02/post-1be7.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1088674495&owner_id=540310

2006年
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2006/03/post_b552.html

2005年
http://shinkansen.la.coocan.jp/off050305p.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.11

新年会から復興支援ライブ

3月10日(土)、白河は14cmの積雪がありました。1ヶ月以上ご無沙汰の甲子(かし)温泉・大黒屋を目指します。道路脇の樹木の枝が付着した雪の重みでたれ、雪のトンネルのようになっています。
Dsc07478

途中の座頭ころばし展望台、雪でたどり着けません。
Dsc07480

生き返る。がさついていた肌も心なしかしっとりした気がします。
Dsc07493

階段を降りて大岩風呂に向かいます。
Dsc07502

ここで、まったりするのが、たまらなく好きです。
Dsc07508

大満足で帰路につきますが、大黒屋さんからの上り坂の途中で雪が崩れて通れなくなっていました。大黒屋さんにSOSを出して除雪していただきました。
Dsc07519_2

お腹が空いたところで、手打中華すずき、中華大盛・ネギなしをいただきます。
Dsc07524

16時、Kさん夫妻の車に同乗させていただき、愛妻ともども、ソフトボール部の新年会へ出発。宿はround(↓)
http://www.penta-ocean.co.jp/round/stay_inst.html

1次会を終えてコテージに戻る頃、雪と雑木林、うっすらと霧が立ち込める中、蒼い夜空におぼろげな月が何とも言えず神秘的で素敵でしたが、写真におさめることは出来ませんでした。
Dsc07559

コテージに戻って、2次会の乾杯、楽しい時間が続きます。皆さんの持参した酒量に(笑)。私の持参した獺祭(↓)も大好評でした。
http://twitpic.com/8txkrj

3月11日、5時に目覚めました。散歩に出ました。風ひとつない、静かで穏やかな朝です。
Dsc07605

雑木林の向こうには、那須の山、高く見えるのは、大佐飛山(おおさびさん)だそうです。
Dsc07617

朝は、露天風呂にゆったり浸かりながら、一緒の皆さんと、1年前の3月11日のことをあれこれ話をしました。湯上り後は、コテージのソファーで寛ぎます。天井が高くて開放感があります。
Dsc07620

帰宅後、13時過ぎには、マイタウン白河で開催される復興支援ライブに足を運びます。

1部は、春風亭鹿の子師匠の高座、「子別れ」の最終章「子は鎹(かすがい)」とのことでしたが、そこに至るまでの話が面白くてずっと笑わせていただきました。
http://www.rak1.jp/one/user/banbiechan/
Dsc07633

楽しい踊り、かっぽれまで披露していただき、すっかり明るい気持ちにさせてもらえました。Youtubeにアップされている方がおりましたので、リンクを紹介しておきます(↓)。
http://www.youtube.com/watch?v=Nn27bjngq5I
Dsc07639

会場の皆さんがテレビに注目、東日本大震災1周年追悼式、黙祷の時間間近にブレーカーが落ちるトラブルもありましたが、会場の皆さんと黙祷することができました。君が代を斉唱したのですが、ぐっとこみあげてくる感情がありましたね。
Dsc07644

2部は、ゴスペルシンガーソングライター、MIGIWAさんのライブ、歌声も素敵でしたが、MCも良かったです。いろいろなご苦労もされており、東日本大震災の後は、ボランティアで炊き出しなどをずっとされていたんですね。
http://migiwa.in/
Dsc07649

どんな方なのか分からないという人の為に、ちょっとだけ、アメージンググレースの一部を↓で・・・
http://www.youtube.com/watch?v=fB2ny-CtGUU

ゴスペルシンガーなのに、いろんな曲を歌っていただき親しみがもてました。驚いたのが、被災地の仮設住宅のじいちゃん?から、あんたの曲は分からない、演歌は歌わないのかと言われて、練習し始めたという北国の春が新鮮でした。披露は2回目ということで、1番を3回繰り返し披露していただいたような(笑)。楽しみにしている、じいちゃん、ばあちゃんの前で披露される日が楽しみですね。

そんなわけで、CDを購入しました。一番、最初にサインをしていただき、会場を後にしました。後日、MIGIWAさんが書かれたブログは↓です。
http://migiworld.blogspot.com/2012/03/blog-post_14.html
Dsc07668

キャンドルナイト「ふくしま希望のあかり」の会場にて、キャンドルカバーにメッセージを書いて帰宅しました。
Dsc07671

もう少し違った3月11日になるかとも思っていましたが、こういうことでも良かったかなと思えています。いろいろな関わりの中で、あれこれ「絆」を感じる週末であったことは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.10

祝!誕生日

7時、雪が降っています。
M1203102

1週間で同じ構図の写真を3度アップすることになるとは思いませんでした。
4日前: http://twitpic.com/8r5rvf

そして、またしても週末の雪、都度、除雪でご苦労されてきたアサヒステーションの皆さんの愕然ぶりが目に浮かびます。

今日はソフトボール仲間とお泊り新年会です。気のおけない仲間達と久しぶりの再会、我が家を含めて奥様たちも3名参加いただけることになり楽しい会となりそうです。昨晩、東京駅地下グランスタで、差し入れの獺祭を調達しました。
M1203093

ズムサタでブサかわ猫ブームを紹介していました。スターになれる条件は、1.いつでも笑えるブサイク力、2.魅力的なオーラだそうです。人間にも通用しそうな条件ですね。ブサかわ猫「ぶりた」を見たけど確かにかわいいし笑える。B型主婦「のぼぼん」さんが「ぶりた・ん」というブログ(↓)を書かれていますね。B型に微妙に反応(笑)。
http://takasamalove.blog87.fc2.com/blog-entry-388.html

ネットで、宮迫博之さんがブログ炎上で謝罪という記事(↓)を目にしました。
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-125022/1.htm
東海道新幹線で切符を紛失、品川駅で全額支払いを要求された際の駅員の対応について不満をぶつけたようです。規則は規則として、当時の宮迫さんと駅員さんのやり取り、お互いにどうだったのかなということがありますね。記事からははかり知れないけれど、ちょっとした物言いで感情を逆なでされることは多々あります。お互いにね。

そういえば、息子が高校3年の時に東京まで同行したんだけど、息子が新幹線切符をなくすというハプニングがありました。2009年2月11日のことです。こんな過去の出来事の日付を思い出せるというのも、毎日、通勤日記を更新しているおかげですね(笑)。

駅で全額を支払い、支払った証明書をもらっておけば、1年以内に切符が発見されれば払い戻しされるという説明を受けました(払い戻し手数料が取られることは、この記事で分かりました)。新白河駅の自動改札から出たきた切符を取らなかったようだと、車掌さんに伝えたところ、車掌さんが新白河駅に連絡をとってくれ、駅で切符を捜索してくれました。その結果、東京駅に着く前に切符が発見され、車掌さんから証明書を発行していただき、無事に降りることが出来たのです。その対応に感謝でした。
M0902112

その日は、娘と合流して確か新丸ビルで食事(↓)、楽しかった。
M0902115

その後は、娘に息子を託して、白河に戻ったのですが、並んで歩く姐弟の姿をほのぼのと眺めたのを思い出します。姉が頼もしく見えた瞬間でした。今日は、娘の誕生日、おめでとう!今は、姉弟で一緒に暮らしています。仲が良い姉弟、お互いに助けあい、それぞれに頑張っているので、とっても安心です。
M0902116

今では、娘も息子も頼もしくて、手離れした感が強いです。オヤジっぽいことをしては、娘から「オヤジ!」って突っ込まれたり、猫に構いすぎて、息子からたしなめられていた時代が懐かしくもあります(笑)。父も子離れして大人になったぜ(爆)。

さて、環境省の発表によれば、東日本大震災の津波で500万トンのがれきが海に流出したと推定されるそうです。約7割が沿岸部の海底に沈み、残りが海を漂流しているそうです。500万トンと言われてもピンとこないけど、仮に全てが自動車だとした場合、さらに、1台を1トンと単純に考えた場合、500万台の自動車が海に流出したことになるんです。500万台と言えば、2010年の国内4輪車の総需要に匹敵する数量です。大変な量です。

さらに深刻なのが被災地の陸上に残るがれきです。断トツに最も多くのがれきを抱えているのは、愛妻の地元、宮城県石巻市です。がれきの量は616万トンにもなります。復興の足かせになるがれき、処理が進められていはいますが、まだまだ、とてつもない量のがれきがのしかかっています。

・・・

今日の通勤日記(↓)と同じ内容をココログで書いたらどうなるかなと試してみましたが、だいぶ感じが違いますね。
http://shinkansen.la.coocan.jp/1203top.htm#0310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.06

ネットの繋がりと原発と地震

前に、そのようなことを書いたことがあるなと思って検索したら見つかりました。

2003年8月2日の日記で「Six Degrees of Separation」理論のことを書いています。最大6人を介すれば、世界中の見知らぬ同士の2人の関係が繋がるという理論です。6次の隔たりと呼ばれているものです。
http://shinkansen.la.coocan.jp/0308top.htm#0802

そんな検索をしたのは、↓の記事を目にしたからです。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20120224/228990/?rt=nocnt

Faceboookの会員で検証した結果、2008年には4.28次の隔たりが、会員数が大幅に増えた2011年には3.74次の隔たりまで短縮されたと書いてあります。つまり、平均3.74人を介すれば、Facebook上のある2人のメンバーが繋がるということです。

これは、7億2100万人の会員の690億の友人関係を検証することによって導き出されたものです。世の中は案外狭い、ネット社会はさらに狭いということでしょうか。

話は変わりますが、検索過程でこんな日記も見つけました。2000年7月28日の日記です。原発と地震というタイトルで書いています。
http://shinkansen.la.coocan.jp/diary/0007top.htm#000728

以下、当時の日記から・・・・

最近、福島原発で3回ほどトラブルによる運転停止が発生している。

昨夕のニュースでは、県知事が、「地震との関連を県民は不安に感じている」とコメント。これから原因究明が進むのだろうが、はたして、どれほど納得できる情報が開示されるのか?不安よりも不信である。

プルトニウムを燃料にするプルサーマル運転も予定されており、CMでは、早大の名物教授(ピラミッド発掘調査などしてTVにも良く出ている)が、プルサーマル運転は30年以上も前から欧米で行われている、信頼性のあるものだとか・・、そして、明日のエネルギーを考えようということらしい。

この手のCMを見る度に、うさんくさいものを感じる。メリットしか報じないからだ。メリットしか無い夢のシステムでありえるはずが無い。デメリットや非常事態での危険性についての情報開示がなされない。

ちなみに、福島原発は、福島県民のための電気を供給しているのではなく、首都圏の電気を供給している。そうした意味で、福島県だけの問題ではなく、首都圏(東京)の問題でもある。

万が一の事故を想定すれば、風に乗った放射性物質は首都圏まで深刻な影響を及ぼす。

昨夕のニュースでは、もう一つ気になる情報があった。耐震設計についての話で、”深刻な影響を及ぼす施設は震度7程度、そうでない施設は震度5程度の地震では大丈夫なように設計されている”という説明があったことだ。この設計って、素人目には、ちっとも安全なように思えないんだけど・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »