« 雪の温泉 | トップページ | 福島県の放射線モニタリング情報 »

2012.02.11

白河だるま市2012

2012年2月11日(土)、建国記念(の)日、地元の白河ではだるま市が開催されます。

ちなみに、昨年のレポートは↓です。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2011/02/post-77e3.html

今日の天気予報は↓です。日中は0℃前後とそれほど寒くありません? 風が5~6m/sと少し強いかな。
M1202111

運動不足気味なので、自宅→だるま市→アサヒステーション→手打中華すずき→南湖公園→谷津田川遊歩道→自宅と約17kmのコースを歩いてみる計画を立てました。
M1202112

てくてくと歩きます。風が冷たいですね。
Dsc06871

10時前ですが賑わっていますね。この辺りは植木市ゾーンです。
Dsc06874

だるま市と言いながら、だるま販売店の写真がこれしかない(汗)。
Dsc06879

白河だるまの特徴
Dsc06902

市神様。この辺りで、まずは甘酒(100円)をいただきました(左)。記念撮影用の大きなダルマもあります(右)。
Dsc06883

実家から近い福島空港のファンクラブで会員募集をしていたので登録してきました。会費は無料です。抽選の上、粗品までいただいてきました。
Dsc06891

白河駅からの来場者を出迎える横断幕
Dsc06892

今年も白河観光大使さんがお出迎えです。寒い中、パンフレット配り、ご苦労様です。
Dsc06894

白河駅のえきかふぇ前では、小峰シロ(小峰城にかこつけたキャラクターのようだ)の物販コーナーが店をひろげておりました。昨年8月に誕生したのだとか。CDまであったぞ。知らなかった。
Dsc06898_2

モノホンの小峰城
Dsc06953

ここで、玉こんにゃく(100円)をいただきます。
Dsc06896

やたら人がいっぱい
Dsc06900

人に疲れたら、ちょいと通りを違えてみる。もう人がいない(笑)。ところで、このセンターのマネキンのいでたちが何とも言えない。
Dsc06904

「カッコイイ♪」という声がする方に視線を向けたら、ダルライザーがいました。大人気でしたね。だるま由来とは思えないスマートさです。
Dsc06906

物販コーナーもありました。
Dsc06908

必ず起き上がるというダルマ絵柄のぐいのみ(七転八起と書いてあります)を買ってみた(400円)。
Dsc06910_2

マイタウン白河に行ってみたら呈茶コーナーがあったので和服姿の美女に惹かれて味わってきました(200円)。
Dsc06914

お茶も良いけど、こっちも良いですね。味見だけだけど・・・
Dsc06917

以上で、だるま市見学は終了。続いて、アサヒステーションへ、ストラックアウトでパーフェクト×2回達成。
Dsc06923

その後は、手打中華すずき。順番待ちで20分ほど寒空のもと待つことになりましたが、おかげで、汗ばむこともなく手打中華大盛(ネギなし)を完食できました。美味しかった(850円)。
Dsc06926

お腹が満たされた後は、南湖公園へ。氷面と水面の境目。
Dsc06939

カモ達が、氷の上をヨチヨチ歩いてます。
Dsc06941

あっ、湖岸の松の木が倒壊している。
Dsc06946

氷面の紋様が綺麗。
Dsc06947

さて、愛妻へのおみやげは、先日買いそびれた月花心の白河高原清流豚 手づくりしゅうまい(6個、500円)。
Dsc06954

本日の17km超の散歩、まもなく終了です。
Dsc06959

|

« 雪の温泉 | トップページ | 福島県の放射線モニタリング情報 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/53952831

この記事へのトラックバック一覧です: 白河だるま市2012:

« 雪の温泉 | トップページ | 福島県の放射線モニタリング情報 »