« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.30

ぶんずのぼんこ

白河を知る人も知らない人も読むと笑ってしまう何とも懐かしい味の「ぶんずのぼんこ」(本町かずこ著)
M1012303

4月29日に買い求めたんだけど、息子が帰省したおり、面白がって持ち帰ってしまいました。今日、チェリーさんに散髪に行ったので買って来ました。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2010/05/post-2ea0.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原風景

今日、実家・狸森(むじなもり)の庭から撮影した写真です。雪が降り始め次第に白く染まってきました。私の大好きな原風景。毎冬、毎冬、この構図で写真を撮ってしまいます。
M1012301


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.26

【転載】『大阪の生活保護の実態!」 … 本日夜、NHK教育テレビにて堂々の総天然色放送 !!!

ウエちゃんがブログ「なにわ タクシー日記 私事日々控」でタイトルの記事( http://ueue.blog.eonet.jp/_ueue/2010/12/post-cc65.html )を書いておりましたので転載させていただきます。

番組関係者のtoriiyoshikiさんがブログ「toriiyoshiki's Blog」でETV特集「大阪“非常事態”宣言 〜生活保護・受給者激増の波紋〜 」( http://toriiyoshiki.blogspot.com/2010/12/etv特集大阪非常事態宣言生活保護受給者激増の波紋.html )と書かれています。

平松大阪市長も心して見るとtwitterでつぶやいています。橋下大阪府知事はどうなんだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

来春のスギ花粉「大量飛散で重症化の可能性」 環境省が注意呼びかけ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1450772&media_id=54

※mixiニュースに関して書いた記事なんだけど、通勤日記にからむ部分が多くなったので、こちらにも掲載することにしました。

花粉の飛散量、種類は、地域によってかなり差があるんですね。前年比で○○倍としか書いてないので絶対量的にどうかは分かりませんが、花粉症の方は前年の自分の症状を思い浮かべれば、前年に比べてどうなるかは、ある程度、想定できるかもしれません。

まあ、10倍とか言っても10倍ひどくなるわけではありません。人間の感覚って対数的って言われるじゃないですか。量が2倍になっても2倍感じるわけじゃなくて、次第に量の増加に対して感覚が鈍ってくるというわけです。まずは感じる最小の量(しきい値)があって、そこをこえると反応が始まり、ある時点で反応量は上限に達してさちるというわけです。

カレーの5倍、10倍、20倍辛いとかいうのは、おそらく、香辛料など辛味成分の量を5倍、10倍、20倍に増やしているのでしょうが、その差はどれぐらいなのでしょう? と引き合いに出してから試していないので自分で分からないことに気づきました。書くんじゃなかった。

私が花粉症になったのは、いろいろな意味で節目の年でした。2000年問題をクリアーした2000年の(2~)3月頃に発症したと記憶しています。ミレニアムの最終年、翌年からは21世紀という年でしたね。仕事では入社以来開発業務に携わってきた会社にあっては亜流の事業をクローズする方向性を決め、その後を後輩達に託して、自らは、全く異なる主流の製品のマーケティング・営業支援の業務に180度転向した年でした。今の体型に向かって大きく舵を切るきっかけともなった年でしたね(笑)。

その頃のことならば、通勤日記をに書いてあるはずです。「花粉」で検索してみると、通勤日記を書き始めた1998年10月~2000年2月までは1回もないのに、2000年3月になると12回も出てきます。花粉症とそれ以外の懐かしい話題もあるので当時の日記の一部を引用してみます。

2000年3月6日(月):川原亜矢子

目が猛烈にかゆい。しばし、花粉症には無縁かと思っていたが、そうでもないらしい。例年は、結構辛そうにしている家内が意外に平気。そんな家内は、「東京に通っているのがいけないんじゃないの・・」と。

タイトルの川原亜矢子については、こんなことを書いています。今でこそ吉永小百合だけど当時は川原亜矢子さんだったのだと思い出しました。

確か川原亜矢子さんという名前だったと思うのだが、駅でよく見かける。残念ながら、実物ではなく、ポスターや等身大相当の立て看板などでだだが。JR東日本は、ありとあらゆる場所に、これでもかというほど使っている。自動改札口を通過する際に、誰かの視線を感じて、そちらを見ると、彼女の立て看板ということが、何回もある。

2000年3月18日(土):電源が無い

物忘れを花粉症のせいにしています。3連休初日に会社に忘れたノートパソコンの電源アダプターを取りに新幹線で東京まで往復しています(笑)。

花粉症のせいか、最近、物忘れが多い(記憶の方ではなくて、物を忘れてくるほうである)。しかも、モバイルグッズばかり。先日、PIAFSカード忘れ、翌日、PHSを忘れ、昨夜はノートの電源アダプタを忘れてきた。3連休初日なのに、ノートのバッテリ残量は14%。風前の灯火。結局、朝一、会社までアダプタを取りに行く。朝一(なすの236号)は、平日より休日の方が乗客が多い。3連休の初日のせいかもしれないけれど。それにしても、福島県から東京まで電源アダプタを取りに行くなんて、自分でも信じられないけれど(いや、自分なら信じられる)。

メールマガジンのことも書いてますね。懐かしい「まぐまぐ」
お試し気分のメールマガジンを、無事、本日創刊した。10万近い購読者を数えるメールマガジンもあるらしいが、今朝の配信時点で166人。さきほど、確認したら218人になっていた。かわいい数字ではあるが、自分としては驚きである。恐るべし、まぐまぐ。

2000年3月19日(日):花粉に悩む

花粉症の辛さを書いてますね。それから、この頃は、ソフトボールの練習で浦和まで新幹線で通っていたんですね(笑)。

花粉症がひどい。鼻が詰まって深夜に目覚める。口を塞げば窒息死する。ちり紙が山のようになり、鼻血まで出る始末。目もボロボロ。おまけに、のども痛い。頭はぼおっとしている。そのまま、朝を迎える。今まで、花粉症について深く認識していなかったけど、こんなに辛いものだとは思わなかった。そんな最悪の体調でありながらも、今日も、なすの236号に乗る。車内販売のワゴンには見慣れないものがのっていた。宇都宮の餃子である。朝一の新幹線で、餃子をお土産に買う方もいるのだろうか?浦和でソフトの朝練。運動をするには、暑いくらいの陽気になる。運動をしていると体調がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.23

光南高校テクノアートシンセサイザー部 第8回定期演奏会

2010年12月23日、矢吹町文化センターに於いて、福島県立光南高等学校 テクノアートシンセサイザー部 第8回定期演奏会が開催されました。

第3部の演奏曲をアップします。私の機材のせいで音質が悪くてとてもとてもごめんなさい。雰囲気でつかんでいただければと思います。第1回からずっと聴きに行っているけれど、毎回毎回、感動です。生が一番です。

さくら さくら

Be the Wind
第2校歌「風になれ」の英語バージョン(日本語バージョンも聞きたかったな)

風がそこまで

願い

君らしく

Con Te Partiro - Time To Say Goodbye -

Final

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.17

11月の一言

新幹線通勤の日々 ( http://shinkansen.la.coocan.jp/ )のトップ画面で今日の一言を書き始めて、かれこれ11年目になります。

先月はどんな一言を書いたのかなと思い拾ってみました。最初の行が11月30日分で下に行くほどバックデートしていき、最下行が11月1日分となります。

11月1日には、クールビズ期間終了でネクタイ姿で出勤とか書いておりますが、今日は、新白河駅ホームも雪で白く染まりました。今年も残り僅かです。
M1012171

【2010年11月の今日の一言】

ウィキリークスで秘密の米外交公電25万件公開、各国首脳を卑下する内容も、日本は蚊帳の外?

白鵬が17回目の優勝、あの1敗で踏みとどまりました。浅田真央選手は今が頑張りどこですね。

アジア大会、女子ソフトは中国に2-0で勝利。上野投手が完封です。我らのソフトは今年最後。

昨晩は井上陽水コンサート、懐しいけど知らない曲も多かった。歌詞も聞き取り難いしね(笑)。

福島第2原発4号機のシュラウドでヒビが発見、縦横1cmのヒビの重みはどれぐらいあるのか?

名古屋市議会リコール運動、署名の24%が無効ながら、有効が必要数の約97%に達した事実。

かの国から砲撃を受けたら日本はどう対応するんだろうかと思う朝、全ては想定されているのか。

なでしこジャパン(サッカー女子)がアジア大会で北朝鮮を破り金メダル。初とは知らなかった。

大学生の就職内定率が6割を大きく割り込んでおり職が決まらない既卒者を含め深刻な状況です。

市制施行5周年記念で白河市民歌「このまちがすき」が制定、MP3と楽譜が掲載されています。

昨日、三島で新幹線の一部ドアが開かず降車できなかった10名、どういう救済があったのかな?

ホームで気づいた。走れば前の新幹線に乗れた。次が20分後で良かった。76分後もあるから。

スパコン単純計算性能で中国1位だったが高速フーリエ変換演算性能で地球シミュレータが1位。

帰還したはやぶさの試料容器から回収された微粒子はイトカワのものと断定されましたね。グー!

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第4戦で16歳の村上佳菜子選手が初優勝、おめでと。

バレーボール世界選手権での日本女子の頑張りで32年ぶりの銅メダル獲得。白鵬は63連勝目。

ミャンマーの民主化運動指導者スー・チーさんが7年半ぶりに軟禁解除、この先、どうなるのか?

時事世論調査で菅内閣支持率が27%と急落、笑顔もやる気も伝わってこないから仕方がないね。

グーグルは同業他社への人材流出を防ぐため同社の全社員2万3千人の給与を10%引き上げる。

昨年3月に見かけた二人が人力車の旅を終えてゴールするんですね。今月22日に結婚するとか。

もんじゅは何かと災難続き、どうなっているんでしょうね。しっかり取り組んで欲しいものです。

JR東日本企画の調査、平日ラッシュ時の電車内の過ごし方1位は車内広告を見るが過半数だと。

2番だって良い。3番からだって頑張れば日本一になれるんだから、そんな結果になりましたね。

ひどいなあ。大阪市環境局の河川事務所(大阪市西区)勤務の技能職員の取得物からの現金着服。

昨日は「対応に落ち度はなかった」が気になりましたが、「痛恨の極み」と謝罪がありましたね。

尖閣ビデオがYouTubeに登場ですね。それと耳に残ったのが「対応に落ち度はなかった」。

YJの最後のグラビアにハイブリッドガールの文字、どこがハイブリッドなんだとツッコミたい。

日経トレンディ選出2010ヒット商品、1位:食べるラー油、2位:3D映画、3位:スマホ。

良い天気となりましたが強風が吹き荒れた今朝の白河です。あちこちに落ち葉の吹き溜まり発生。

クールビズ期間終了でネクタイ姿で出勤、久しぶりだと窮屈ですね。もしかして首が太くなった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.16

丸石ロード

来年1月9日(日)開催のスーパーママチャリグランプリに向けて気分が盛り上がっています。
http://shinkansen.la.coocan.jp/spmamagp2009.htm

雪が舞う季節となり、例年なら、自転車からすっかり遠ざかるオフシーズンとなるわけですが、今年は幾らか気分が違います。ママチャリを通り越して、ロードレースに対する思いがローソクの灯りぐらいに復活して、心の中で、揺らめいています。

昨日は、たまたま、八重洲ブックセンターに寄ったのですが、地下1階の自転車コーナーが充実していて、しばし楽しい気分になれました。そんな中で、買い求めたのが写真満載のメンテナンスの本。我が家には既に数冊のメンテ本があるんだけど、新たな気分に浸りたくて買い求めました。少しお手入れもしなければと思ったこともあるので。
M1012152

暖かくなったら、草ロードレースにも出てみたいなと思い始めています。こんな時に「丸石ロード」があればなあと思います。地元の白河(正式にはお隣りの西郷村)でずっと開催されていたんですけど、今はもうない。「丸石ロード AND 白河」でググッても最初にヒットするのは私のホームページの思い出のページですから、なかなか、当時の記録は見つかりません。
http://shinkansen.la.coocan.jp/racerec.htm
M1012157

私のレースデビューは、1982年4月29日、丸石ロードのビギナーの部でした。当時、乗っていた自転車はブリジストンのロードマン、このレースで2位となり、それを契機に、もう少し走れる自転車欲しくなり、丸石自転車のエンペラーを購入したのです。まだ、ロードレーサーは敷居が高く、スポルティーフと呼ばれるジャンルの自転車でした。

丸石ロードに関しては、レースデビューから10年後の1992年にアダルトの部で初優勝を遂げました。当時のゴールスプリントは今でも鮮明に頭に浮かびます。その翌年、翌々年も同じクラスで優勝したんだな。
M1012154

丸石自転車をwikipediaで調べてみると、大きな変遷(なんといっても、2004年に大きな事件がありましたからねえ)、最終的には、福島丸石自転車工業が母体となり、天津富士達電動車有限公司100%出資のもと、株式会社丸石サイクルとなって現在にいたるわけですね。
M1012156

あっ、エンペラーって健在なんですよね(なんか嬉しい)。
M1012155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

デジタルカラーガイド

iPhone、iPadで使用可能なデジタルカラーガイドが、2010年12月6日、App Store で 無償ダウンロード可能となりました。DICカラーガイドシリーズ全2,230色の色や情報を検索、表示させることができます。カメラで撮影した画像の指定色に近い色を探したりすることもできます。お試しあれ。

○YouTubeでの紹介動画はこちら

○メーカーからのリリースはこちら
http://www.dic-graphics.co.jp/products/dcguide/index.html

・・・追記です。

○各種メディアでの紹介
マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/12/07/054/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.02

ダイヤ改正

新青森開業も明後日に迫りました。そんなことに浮かれていたわけですが、通勤新幹線にも影響が出ることを今更知ってあれこれ確認中です。今朝、東京駅でポケット時刻表をいただいてまいりました。こうやって二つ並べてみて思ったのですが、レッツノートCF-R7って小さいですよね。
M1012022

新白河から東京に新幹線通勤する私にとって、大きな変更点は2つです。

その1) 行きの発車時刻が早くなる。

6:31発 → 6:23発 (8分早まる、所要時間が4分短縮、東京に12分早く着く)
7:06発 → 7:01発 (5分早まる、所要時間が3分短縮、東京に8分早く着く)

その2) 帰りの終電の発車時刻が遅くなる。

21:32発 → 21:44発 (12分遅くなる、東京滞在可能時間が12分延長・・笑)

その1)は、朝の生活リズムを変更しなくてはならないので、ちょいと鬱陶しいです。
その2)は、どちらかと言えば嬉しいですね。

詳細には、ホームページの「新幹線時刻表を検証」のページにまとめてみました。
http://shinkansen.la.coocan.jp/shintime.htm

なお、新白河駅のように、上りと下りのホームしかない駅には影響はありませんが、東京駅だと、発車番線が変わったりしていますので、確認が必要ですね。発車時刻とか番線とか身についているものを変更しなきゃいけないんで、しばし気をつけないといけませんね。

特に発車間際でホームに駆け込むなんていう場合に、駆け上がったホームが違っていたら悲しいですよね。そうならないようにしたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.01

14年目に突入

*通勤日記とのダブル投稿になります。
http://shinkansen.la.coocan.jp/1012top.htm#1201

新幹線通勤は今日から14年目、あっという間のことながら、いろんなことがありました。ここまでよく続いたなあとも思います。通勤ゆえ、自分の意思で続けられるものではないので、いつ新幹線通勤が終了しても不思議ではありません。そうなった場合、ホームページのタイトルをどうするんだろう(笑)。

昨年の日記でワイヤレスキーボードのことを書きました。ワイヤレスということより、搭載されているレーザー式トラックボールの分解能が3段階に変更できることに心をくすぐられていました。今日もワイヤレスキーボードのことを書きますが、それは明後日にソフトバンクセレクションブランドで発売される「モバイルキーボード for iPhone/iPad」です。矢印キーをはじめ、音楽の再生や音量調節などが可能なコントロールキーも搭載されており、単4電池で1日1時間使って数ヶ月もつそうです。サイズはW:151.5×D:92.1×H:14mmで重量は約170g、直販サイトでの販売価格は12,800円だそうです。
1012011

世界市場でのiPadのその後も相変わらず強いようですね。各社から同様の製品が多数登場していますが、当分、優位に推移するというのがアナリストの見方のようです。ブラウザのシェアで言えばIEみたいなものかな。Opera、FireFox、Chrome、Safariなどの追撃にも関わらず、過半数以上のシェアを維持していますからね。国内はスマートフォン1色の感がありますが、iPadのようなタブレット型の端末の伸びによりパソコンの出荷台数の見込みが下方修正されるような状況みたいだけど、果たしてその実力は?

なんか昨夕はプツッと何かが切れた気がしました。吹っ切れたということなのかもしれません。なかなか厳しい日々が続きます。さて、手元には、いろんなパンフレットが集まっていますが、時節柄、青森関係が多いですね。新青森開業まであと3日です。
1012012


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »