« ポケモン新幹線 | トップページ | 小さな旅 »

2010.08.04

アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展

アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展
場所: 東京ミッドタウン・DESIGNHUB
期間: 2010.7.29~2010.8.27
http://pedallife.com/exhibition/index.html
P1170581

1986年製の現代自転車の元祖。原型はイギリスのJ.K.スタンレーのローバー号(1885年)で前後の車輪の大きさが現在と同じく同じサイズになり、チェーンによる後輪駆動となった。
P1170535

あこがれの女性用、国産超高級車「富士覇王号708」(1930年頃)、当時、日本の自転車保有台数は500万台を超えていたが、警察官の初任給が45円の時代に135円した高らしい。
P1170543

バングラデシュで100万台が走るという人力タクシー、車体だけで80kg、しかもシングルギア、
タイヤは日本にはないBE28インチ。日本円で1.5万円だそうだけど、現地の価値は100万円ぐらいになるそうです。
P1170548

2009年のメッセンジャー世界選手権カーゴバイク部門で、デンマークのメッセンジャーが操り優勝したマシン。
P1170546

ロッシン(イタリア製)の使えなくなったロードバイク3台から制作されたトールバイク。
P1170550

ご存知、LOOK(フランス製)のトラックレーサー(2004年製)。長塚・伏見・井上選手がチームスプリントで銀メダルを獲得したものと同じ日本チームのオリジナルペイントマシン。
P1170552

ツール・ド・フランス参加車(1934年製)、初期のロードレーサーで、後輪の右側に3枚、左側に1枚のギヤがあるが、変速機はなく、変速時は後輪の位置をずらしてチェーンのたるみを調整したそうだ。
P1170554

あのイタリアの英雄モゼール選手の練習用ファニーバイク(1984年製)、1時間TTで51.151kmの世界最高記録を樹立するも、規定外のファニーバイクだったため未公認記録になったのだとか。
P1170558

世界選手権プロスプリント10連覇を達成した中野浩一選手の6連覇時のトラックレーサー(1982年製)。2度の接触を起こしたイギリス大会でカナダのG.シングルトン選手との決勝が記憶に新しい。
P1170560

中長距離ツーリングのための快適さとペダリング効率を両立したリカンベント式ツーリング車「
Horizon」(サイトウデザイン/岡安製作所、2004年製)。
P1170562

チョイ悪オヤジ的自転車「REW10 隆展號」(2010年製)。
P1170564

「mindbike」(TSDESIGN・日本製、2010年製)、アルミ押出成形技術を使い溶接つかわずネジ止めと嵌め込みで組み立てたマシン。
P1170569

ファニーバイク「SUMOMO funny」(2007年製)
P1170571

小径折りたたみ車「A-Bike」(イギリス製、2006年)。アルミ+グラスファイバー強化樹脂フレームで5.7kg。
P1170577

|

« ポケモン新幹線 | トップページ | 小さな旅 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/49061353

この記事へのトラックバック一覧です: アジア-パシフィックの自転車生活デザイン展:

« ポケモン新幹線 | トップページ | 小さな旅 »