« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.29

大人の休日プラン

大人の休日倶楽部会員パスを購入しました。

7月2日から4日の行程です。

指定券を4枚発券しました。あと2枚は空席なしでした(残念)。
M1006291

いまひとつの感があるプランですが、それなりの楽しめると信じて決定です。

天気予報が悪いので自転車持参はやめ乗れるようならレンタサイクルにします。

○7月2日
新白河~八戸~久慈~宮古(散策)~盛岡~大曲~横手(泊)

・魚菜市場や浄土ヶ浜をレンタサイクルで散策してみたい(天気次第)

○7月3日
横手~大曲~仙台~志津川(散策)~小牛田~仙台~大宮~新潟(泊)

・南三陸温泉でまた~り、ウニと志津川だこを賞味

○7月4日
新潟~喜多方(散策)~会津若松~新白河

・初SL乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.24

3YC通信

3YC通信(Vol12)が届きました。

3YC(years club)とは大好きな劇団三年物語のサポーターズクラブです。

・劇団ホームページ
http://3years.net/index.html

・3YC
http://3years.net/club.html#link

老眼なので、ちっこい文字が見えにくく、見えるとこだけ読んでいたのですが(スミマセン)、今回は、老眼鏡をかけて(笑)、隅から隅まで、完読しました。

正直、面白かった。見ていない人には説明しようがないんだけど・・・

特に、前回公演「笑う魔女の罠」の男優座談会、栗城さん、早乙女さん、佐藤さんの3人のトーク。裏話的なことや、ご本人たちの素の部分が見え隠れして興味深かったです。舞台を思い返しながら楽しく読ませていただきました。

女性ファンの皆さんは、役柄が二枚目でも三枚目でも、キモくても、ホモに見えても、ファブリーズが必要でも(爆)、素敵でした、最高でしたと言って、役者さんに握手を求めてあげて欲しいと思いました(笑)。

そうそう、千秋楽の早乙女さんの鼻血ハプニング、両方の鼻の穴にティッシュを詰め込んで再登場したのには驚きました。そこに容赦ない小川さんのビンタ・・・最前列で見ていただけに迫力がありました。早乙女さんは、ビンタといい、安藤さんからの切れ味鋭い蹴りもくらっていたし、痛かったでしょうね。まさに容赦なし。

血といえば、前々回公演「甲賀の七忍」の初日で斉藤さんも殺陣のシーンであご付近から出血されて喉が赤く染まったこともありましたね。あれも、ビビった。

一ページをふるに使った裏用語集、タイ人、成正ロード、肉団子、「二十代は回り続けた」、引き潮、BB、みよみよ、容赦ないetc.にフムフムと納得。優紀デラックスには、陽の目を見て欲しかったけど(残念)。

客演の皆さんからの一言、直筆なんで、個性が出てますね。舞台には、あまり関係ないけど、ファブリーズは必需品なんですね。楽屋の空気って、どんなんだろう(謎)。

そして、新劇団員(佐藤さん、早乙女さん、小川さん、斎藤さん)のフリースペース、佐藤さんが佐藤さんらしい、良い味だしてる。斉藤さん、めっちゃうまい。猫好きの小川さん、私も大好きです。早乙女さんの脳内イメージは良いんだけど、×で否定しているのはなぜ?

以上、分からない人には全く分からない日記となりましたが、少しでも多くの方に、劇団三年物語を知って欲しい、公演を観て欲しい、3YC会員番号4番の私でした。

さて、次回公演(予定)は、2010年10月15日~24日、大塚萬劇場にて
それに先立ち、9月11日 19時頃(予定)から3YC限定結成パーティーがあります。

※本記事は、mixi日記とのダブル投稿としました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1521360241&owner_id=540310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.18

E2系新型車両?

20時20分発なすの号に乗ったのですが、なんか、いつもと様子が違います。

レッツノート用のAC電源を確保すべく、最後列の三人がけシートをゲットしました。台座にACコンセントがあります。
M1006183

でも、窓側の壁際にもコンセントがあります(驚)。チェックしてみたら、全ての座席の壁側にACコンセントがあります。
M1006185

さらに、最後列座席の後ろの壁側をみると、そこにもACコンセントがあります。進行方向が逆になった場合に最前列の方が利用することができます。
M1006186_2

さらに、上を見上げると、各座席毎のLED照明があります。点灯してみたら手元が明るくてグッド!
M1006184

さらに、ドア開閉時に、デッキのバーに埋め込まれたLEDが点滅します(凄い!)。
M1006188

電光掲示板はN700系を目指したと思われるほど、大きくて鮮明でした。
M1006187

思わず、大宮駅で降りて、車体番号を確認してみました。E226-1323と書いてあります。この車両、お初です。
M1006189

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俄には信じがたい

お父さんに朗報!約8割の女性が父親を愛している
http://news.walkerplus.com/2010/0617/15/

ほんまかいな? と思いますが、まあ、それはそれ。

私なんかは、そんなことまで望んでいませんから。子離れ、親離れという言葉あるけれど、私は、きっと、娘が親離れするより早く、子離れできていたという自負があります。

変なこだわりだけど、離れていく娘に執着したくないという、屈折した、ある意味、潔い(自己評価)想いがあったのかな。今は、そんなに極端に構えることもない自然体なんですけどね(笑)。

まあ、そうは言いながら、惜しみない愛を注いできたと思います。というよりは、娘がやりたいと思ったことを応援してあげる、そのスタンスを貫き通したと思います。それは良いんだけど、いい加減、親に頼らず、自分で起きなさいと言いたい。

今は、娘と仕事の話で盛り上がったりするのが好きです。同じ仕事人として、仕事に対する取り組みかただとか、親子じゃなくて、対等な立場でやり取りできるのが好きです。DNAの繋がりを感じることも多々。能力を発揮する分野は違っても、その取り組み方は共通です(そう感じています)。多分、娘も感じているはず。

そんな仕事話で盛り上がる時と、週末に愛妻とラブラブで寛いでいるところに娘が電話をかけてきて、愛妻がのろけて、娘から、ばかっぷると茶化されるのも、悪い気がしません。

今週末は、久しぶりに、娘が帰って来ます。酒を酌み交わしながら、また、盛り上がりたいけど、どうだろうか? > 娘。

※mixi日記に投稿した記事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.17

割引の代償

携帯電話割引プラン、中途解約違約金で訴訟
2010年6月16日(水)20時28分配信 読売新聞
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20100616-01026/1.htm

このニュースについて書く前に、早朝散歩を楽しんできました。夏至が近いので4時10分頃でも、こんなに明るいです。酸素が細胞の隅々まで行きわtり心地いいですね。
M1006171

M1006172

さて、本題ですが、訴えの主張は以下のようになります。

1) 2年契約の割引プランで途中解約すると9975円の解約料が発生する
2) 死亡、海外滞在、電波不良の理由で解約しても解約料が発生する

他社への変更を防ぐための極めて不当な契約条項だとしています。

世の中、そんなものだよと思って甘んじて受け入れていることにも、オカシイと噛み付く人たちがいるんですね(拍手)。まあ、世の中には、解約料が発生する期間契約の割引ブランがごまんとあります。

私が、モバイルデータ通信で利用していたウィルコム(新つなぎ放題)も今春変更したイー・モバイル(にねんM)も上記同様、2年契約の割引プランですが、解約料は24000円です。1ヶ月経過毎に解約料は1000円減じられ、契約満了時でゼロになります。

基本料や通信料、通信機器費用など、何かしら割引をする場合、その割引分を契約期間の2年で取り返そうという算段なので、全て回収する前にやめるなら、未回収分を払ってもらうよという論法ですよね。

そういう意味では、割引なんかじゃないんですよね。その後の、料金体系の中で、割引分は全て回収されるのです。

それでも、初期投資をおさえたいというユーザーニーズがあり、その為に2年間契約や途中契約時の解約料発生もやむなしと受け入れているわけです。何か予期せぬ事態が発生て途中解約することになった場合のリスクも想定の上で、ということになるのかな。

ユーザーとしては、ペナルティが少ない方が良いですけど、投資みたいなものですよね。ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターン、どれを選択するかは、あなた次第。

ちなみに、今春契約のイー・モバイルのプランが何だったか、咄嗟に思い出せませんでした。そんなわけで、自分のブログ記事を検索し、全てが判明しました。ウィルコムの解約手続きから、イー・モバイルの契約内容、重要説明事項をファイル保存しネットワーク暗証番号をそこに記載したことまで書いてあり、全てを思い出しました(笑)。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2010/03/post-528e.html

こんな時は便利ですね。ホームページのトップには、契約満了となる時期を明記しています。解約料がゼロになる2年契約満了時を契約を見直す時期として忘れないようにするためです。そうしないと、自動でまた2年契約が継続されてしまいます。しかも、イー・モバイルの場合、ベーシックプランに変更されるとも書いてあります。さて、ベーシックプランってどんな契約なんだ・・・・後でチェックしよう。

ブログを検索したついでに、検索エンジンを介してブログにやって来られた方が、どんなキーワードで検索したのかを確認してみました。トップ20は以下の通りです。
M1006163

分類してみると

○新幹線:1、2、12位
○地元:2、4、7、17位
○自転車: 4、8、12、17位
○モバイル通信: 6、10、12、16、20
○大人の休日倶楽部: 9、17位
○mujina: 10位 ← こんな検索をする人がいるんですね
○劇団三年物語:12位

なるほどという内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.16

深イイ話

ワタミ会長・渡邉美樹氏のブログ記事「深イイ話に出演します!」(↓)
http://ameblo.jp/watanabemiki/entry-10560382436.html

途中からだったけど、その番組を、たまたま見ました。

番組ホームページに、その深イイ話が掲載されています。

「夢を叶える秘訣」、是非、CLICKボタンをクリックしてみてください。なるほどって思いました。
http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/100614/04.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

記憶が確かなら

ブログ「東京西郊日記」に懐かしい記事を発見(↓)。
http://hkuma.net/tsn/archives/2010/06/post-335.html

1987年11月22日に立川の昭和記念公園で行なわれた「国際 スーパー・クリテリウム」に関する記事です。写真で掲載されているプログラムは私も買いました。家に帰ったら引っ張り出してみようかな・・・

この2年後の1989年に同じ昭和記念公園で開催されたレースは、私にとって最高の思い出となるレースでした。今は昔、思い出のページにそれは記録されています。
http://shinkansen.la.coocan.jp/racerec.htm

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.06.05

ありふれた土曜の癒し

今日は、ティムのワクチン接種を済ませてから、土曜日の定番、大黒屋さんの大岩風呂に浸かって来ました。

座頭ころばし展望台からの眺め
P1160404

たびたびアップしていますが、青空と白い雲と緑の配色が最高です。
P1160410

一時間ほどゆっくり湯に使った後、大黒屋さんの駐車場から・・・夏の雲みたい。
P1160418

帰りは、久しぶりに旧道を通ってみました。短い区間ですが20%勾配の坂が圧巻です。
P1160423

新白河駅、高原口側
P1160429

17時を過ぎてから、自転車で軽く散歩に出かけました。涼しくて気持ちイイ!
P1160435

小峰城址公園、石垣
P1160442

お堀
P1160444

広場と左上に小さく若者たち(青年たちがワイワイと楽しそうでした)
P1160445

城と小さく母娘(娘さんを走らせて写真を撮影されているようでした)
P1160449

猫と釣り人(何が釣れるんでしょうね、ぐるっと回ったけど、20人以上の釣り人がいました)。
P1160451

アサヒステーションに寄ってみました。レーサーシューズでボール投げるんかいと突っ込まれそうですが、悪条件の方が良い結果(=パーフェクト)が出たりする。7個指定命中で77点とラッキーセブン尽くし。不十分な状況だと、いつも以上に細心の注意をするようになるからいい結果が出るのかもしれません。
P1160456

今日は、お散歩モードで20kmほど流して来ました。

愛妻は会社の旅行でお泊りなので、今晩は、餃子を焼いてみました。案外、うまく焼けた。
P1160457

私、家事は苦になりません。多分、案外、得意。愛妻からも出来る子(子供かい)と認識されています。ただ、主体的にやるかどうかは別問題。そんなわけで、愛妻は出掛けに土日でやって欲しいことメモを残していきました。なんと、明日の夜、愛妻の帰宅に合わせて夕飯準備が最後のミッションです(笑)。

リッキーはめっちゃくつろいでいます。
P1160398

かわりばえしない土曜日ですが、このような一日が、疲れとストレスを消し去ってくれます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.06.03

そば処 喜多 (宇都宮駅)

宇都宮駅で待ち合わせ、蕎麦が食べたいと思い、宇都宮駅構内のそば処喜多の券売機に向かいました。

時刻は20:54、ドアには21:00までと書いてあるので間に合ったと思いましたが、券売機は反応せず。店員さんにたずねたら、自信たっぷり、もう閉店ですと。21:00までじゃないのと聞いたら、ラストオーダーは20:50ですからと。ラストオーダーの時刻があるのは分かるけど、それなら、ドアや券売機にそう書いておいてよ。

私の後にも、同じ行動をする客が一人。店員さんは同じ対応。ラストオーダーの時間も知らないオマエが悪いんだという応対、これはいただけない。案内がないと、勘違いをする客がいるんだと気づいてよ、ラストオーダーの時刻を表示した方が良いかなと気づいてよ。

M1006035

・・・

ここから追記です。翌朝、地元の新白河駅にも、そば屋さんがあります。こちらの閉店時間は19:30と早いのですが、ラストオーダーは何時ですか? と聞いてみました。驚かれた方で19:30ですと。ぎりぎりの時間に券売機で購入して食べられるんですか? と再確認したら、はいと。逆に、何時におかえりですか? と聞かれました。こういう応対なら嬉しい。
M1006041


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.02

同感 (mixi日記とダブルポスト)

本庁舎内の全面禁煙、4割の18道府県
(読売新聞 - 06月01日 17:33)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1228113&media_id=20

この記事の最後、『WHOのシン・ヨンス西太平洋地域事務局長は「日本では、レストランなどでの受動喫煙を規制する法律がないことを懸念している」と話した。』について大いに同感。

会社でお昼を食べる時は、1)社食 2)地下のK 3)地下のY 4)近隣ビルのM であれば、社員カードで利用できます。この中で唯一禁煙なのは1)だけど、好みと合わずほとんど利用していません。2)~4)は好きなメニューもあるし、良く利用するんだけど、いずれも分煙対策が取られていないのが残念です。

そんなこともあり、客がまばらになる時間帯に利用することが多いです。大概はそれで済むんだけど、それでも、悩まされることがあり、そんな時はお気に入りの店なんだけど、この店は、なんの対策もしないのかな、しないんだろうなと、諦めの気分になることもあります。

ランチタイムは同僚や仕事でからむ方々と一緒にという方が多いと思いますが、分煙対策も取られていない場所で食事をすることになる可能性も大きいので、あまり気乗りがしません。せっかくご一緒しているのに、そんなことが気になるぐらいなら、一人で食べた方がマシと考えてしまいます。あまり気にならずお付き合いしていることもありますが、時に強く逃げ出したくなることもあるので、避けた方が無難なのです。

単独なら、環境の悪い店に足を踏み入れた場合、回れ右して退店すればすみます。オーダーしてしまった後に、そういう状況になれば、そそくさと食べて店を後にするしかありません。オーダーせずに回れ右した場合は、コンビニなどを利用することになりますね。

苦手な私には、これぐらい気になることなんだけど、店は喫煙者を気遣い、対策が取れずにいるところが圧倒的ですよね。嫌煙者に対する気遣い同様、煙がダメな客のことも同じように考えて欲しいです。

対応が難しい飲食店なのは分かります。そんな中でも、いち早く、分煙ではなく禁煙に取り組んで、客足が減ることもなく成果をあげている店もあります。法律で取り締まれとまでは言いませんけど、対策をしない店なのか、対策をしている店なのかは、店に入る前にわかるように明示して欲しいですね。

後は、客が選択します。吸う人にとっても、吸わない人にとっても、明示してもらった方が助かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.01

「自分にごほうび」はいる

たまたま、ネットニュースを眺めていたら、「自分にごほうび」はいらないというタイトルが目に付き、クリックしてみました。平成働き女子のための処世術とあるので、私のようなオヤジは対象外なのでしょうが、自分にごほうび、目の前にニンジンをぶら下げる派の私としては無視できず取り上げてみました。

深澤真紀の平成働き女子のための処世術
処世術12・「自分にごほうび」はいらない
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100528/107248/

本文を読んでみて、いろいろ気になるところはありますが、例えば

----- 以下、引用(開始) -----

さて、「自分にごほうび」といって、高価なバッグを買う人も珍しくないでしょう。

 しかしよくみると、「手取り20万円のうち1週間がんばった仕事(つまり5万円分)なのに、10万円のごほうびを買っている」ことも少なくありません。

 ごほうびなのに「赤字」なのですね。これでは本末転倒です。

----- 以下、引用(終了) -----

ごほうびも大小さまざま、お金のかかるものかからないものもあると思いますが・・・

ごほうびに高価なバッグを買うのも珍しくない
 ↓
1週間の頑張りで手取り5万円分の働きなのに10万円のご褒美で赤字
 ↓
本末転倒

という展開、はなから、自分にごほうびはいらない理由を裏付けるための事例なんですよね。

自分にごほうびって、何も1週間だけの働きに対して、与えるものでもないでしょう。一ヶ月かもしれないし、この一年間の頑張りに対してのごほうびかもしれない。そう考えたら、10万円でも決して高くない。要は、投資した額に対して、どれだけのリターン(満足感)が得られるかだと思う。

ごほうびによって、疲れが癒され、また、頑張ろうというモチベーションアップに繋がるなら、大いに結構だと思う。また、目の前にニンジンをぶら下げるのも同じ理由でありだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »