« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.31

癒しの宿 7th Heaven

仙石原のにごりゆの宿「7th Heaven」から先ほど帰着しました。ご一緒いただいた皆様、宿のオーナー夫妻様、大変お世話になりました。楽しかったです。

昨日は、朝から、何度か天気予報をチェックしながら、仙石原の天気予報の好天(好転でも意味が合います)を願いましたが、雨との予報に、自転車持参を断念しました。自転車で、小田原~仙石原~乙女峠と走るつもりでした。

諦めが肝心と自転車の件はすっぱり諦めて、まったりとくつろぐ愛猫リッキーとティム(左下)に別れを告げて、家を出ました。

M0808301_2

東京駅で「踊り子箱根フリーきっぷ」(4,600円)を購入、踊り子号にて小田原を目指しますが、車窓には青空がひろがっており、本当に向こうは雨なのかと、不安になりました。

M0808302

でも、小田原駅に着く頃には、予報どおり雨となっていました。フリーきっぷで乗車できる伊豆箱根バスに乗り込みました。

M0808303

乗車してから、路線図を見たのですが、どうも行く先が違うような気がして、レッツノートを鞄から出して、ネットで地図を引っ張りだし、何度も見比べました。

その結果、仙石原に行くのは、伊豆箱根バスではなく、箱根登山鉄道バスであることが分かり、分岐点手前の停留場「宮ノ下」で乗り換えました(危なかった)。

無事に、宿の最寄の停留所「台ヶ岳」に到着。集合時刻より40分ほど早かったので、宿の先にある、「一の湯」さんで、一足先に露天風呂に浸かってサッパリとしました。

M0808304

そして、「7th Heaven」へ、ここは、昨年10月以来です。今回で3度目になります。一日に一組限定のお宿なので、誰に気兼ねすることなく、まったりとできます。

M0808305

一番乗りして、ウェルカムビールに舌鼓を打っていると、天城越えさん&ゑんがわさん夫妻が到着、それからしばらくして、Cafeさんも無事に到着。まずは、皆さん持参のアルコール類を並べて記念撮影です(笑)。

M0808306

着ぐるみを何の違和感もなく着こなしている、ゑんがわさん、何かと頼りになる、天城越えさん、そして、湿原をバックに、上を向いて歩こうを演奏する、Cafeさん。

M0808307b

昨晩はというか、今朝は、2時半頃に床につきました。一部屋に一人ですから、贅沢ですよね。少しだけ窓を開けて寝たのですが、暑くもなく、寒くもなく、快適な寝心地でした。

6時過ぎに起床、朝風呂をいただきました。お天気も回復して、気持ちの良い朝です。湯面に青空が映りこんでいます。

M0808308

朝食は、フレッシュジュースとサラダからスタートです。箸置きに、ちょっとうけちゃいました。かわいいお尻です。

M0808309

ウッドデッキからの眺めです。

M08083010

左側方の眺めです。

M08083011

午後2時まで、まったりとして、宿を後にしました。ターンパイク・ビューテラスから、芦ノ湖方面を眺めました。富士山は雲に隠れて、顔を出してくれませんでした。

M08083012_2

ご一緒した皆様、本当にお世話様でした。

※参考リンク
Cafeさんのブログ
http://cafeactive.exblog.jp/9397386/

昨年10月お泊り時の記事(ココログ)
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2007/10/post_2eb1.html

7th Heaven の公式サイト http://7thhakone.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.16

キラリーン!

毎度毎度のストラックアウトネタです。

究極のパーフェクト(ノーミス&全て指定的に命中)を目指して、日々?精進しているわけですが、初めて、全て指定的に命中を達成しました。

スコアシートで★印が指定的に命中を表します。3×3=9つ全てが★印です。残念ながら、ミスが2球あり、ノーミスというわけには行きませんでしたが、これは、かなり嬉しい。

St080815c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.08

峩々(がが)温泉&お釜

※ mixi日記とココログへのダブルポストです。

峩々(がが)温泉から帰って来ました。

昨日は、宿にチェックインする前に、蔵王エコーライン→蔵王ハイライン(約2km、普通自動車520円)と走って、お釜を眺めてきました。約30年ぶりぐらいに見たことになります。
P1000916

下界は33℃ぐらいまで上がりましたが、ここいらは、空気もひんやりして気持ち良いです。山の眺めも素敵です。標高は1700mをこえていますからね。
P1000921

レストハウスで目にした宮城県の観光ポスターのコピーを拾ってみました。自分に都合が良いというか、遊び口実になるコピーは大歓迎です(笑)。
P1000931

宿は、山間にひっそりと佇みます。日本秘湯を守る会の宿だけあって、ドコモもAuも圏外です。しばし、ネットとはお別れで、まったり秘湯に浸ります。
P1000977

宿内には、飲む温泉や岩清水の蛇口が設置されています。スタッフは若いスタッフが多く、接客態度はとっても良く、好感が持てました。話はそれるけど、愛妻が買ってきたB型の本、あまりにあてはまるので爆笑。
P1010011

朝食後にふるまわれる水出しコーヒー、晩飯を待てずに、いただいた焼酎(38度の日高見、私に水は不要です)。
P1000953

夕食は、こんな感じです。
P1000965

温泉は、内湯、続く露天までは、ぬる湯、最も外の混浴露天は、あつ湯です。混浴には何度も行きましたが、誰も来ませんでした(笑)。他に、めっちゃ暑いかけ湯があります。また、貸切風呂が別にあります。
P1000943

やたらトンボが飛んでましたね。もう秋の気配です。
P1010017

今朝は、4時半に起きました。お天気も良いし、持参した自転車で、再び、お釜を目指すことにしました。5時に宿を出発。ずっと上りで片道約14kmです。標高をグラフで書くとこんな感じです。

P1010018

こんな風景を眺めながら小休止。
P1000984

蔵王ハイラインへの入り口。朝早いこともあって、料金所のオジサンが居ないので、そのまま通過。そして、終点に到着。約1時間半ほどかかりました。
P1000993

一応、記念撮影。
P1010004

蔵王ハイラインからの下りを動画で撮ろうと思ったけど(無理・・危ない)。天空から舞い降りる感じの下りは楽しかったです。宿まで20分ほどで下りました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »