« 正月パス(その2) | トップページ | 面白映像 »

2007.01.02

正月パス(その3)完結編

正月パスを使った、盛岡・秋田への旅も無事に終了しました。最高のお天気に恵まれて、日頃の行いの良さを神様が見ていてくれたんだなと勝手に解釈し、大いに楽しむことができました。では、レポートをアップします。

6:41 新白河駅発(やまびこ291号・・・がらがらでした)
7:41 仙台着

Rimg0101

本当は、白河で朝食をゲットする予定でしたが、買いそびれ、自販機でミネラル水のみ購入。仙台駅での乗り換え時に駅弁を購入したのですが、Suica端末があるので、使おうとしたら、忙しいのか、不慣れなのか、うまく行きません。やむなく、現金で買いました。

Rimg0102

ゲットした駅弁は「南三陸ウニめし」、今年最初の食事となります。

Rimg0103

中身は、こんな具合。ご飯が美味しかったですね。

7:47 仙台発(はやて71号)
8:35 盛岡着

Rimg0104

はやて・こまちの連結切離しを、多数のカメラマンが取り囲みます。お決まりの光景ですね。

Rimg0105

盛岡駅にて、巨大な南部鉄瓶を発見(高さ140cm)

Rimg0106

盛岡駅(南口)から出てみると、9時からの初売りに並ぶ方が多数。そんな方々に、甘酒をふるまうお店のお姉さん(黒いコートの方)。

Rimg0107

なんと、通りすがりの私にまで、ふるまってくれました。うーん、あったまる。

Rimg0108

予定通り、北上川にかかる橋を、じゅんぶり巡ってみました。まずは、不来方橋。盛岡という地名がつく前は、不来方と呼ばれていたらしいです。

Rimg0109

続けて、開運橋。縁起が良さそうな名前でしょう。

Rimg0110

ついでに、もう一つ、旭橋。

Rimg0111

最高のお天気に恵まれて、岩手山が美しいです。撮影していた私の傍らを通りすぎようとしたオバサンまで、「あら、綺麗だわね。珍しいのよ、こんな風に見えるなんて。私も撮っちゃおうかしら」と言って、携帯のカメラで撮影していました。

Rimg0112

川べりの遊歩道に下りて、北上川に浮かぶ白鳥も入れて撮影してみました。

Rimg0113

橋巡りを終えて、再び、盛岡駅に戻ると。TULLYS COFFEEの前で、太鼓の演奏です。正月らしく良いですね。太鼓の響きが腹に響きます。

Rimg0114

初売りに訪れた方々に珈琲をふるまっていました。

Rimg0115

私にも、ふるまってくれました。初売り、良いかもです(笑)。9時に開店したこのビルの中には、食べ物やさんも多数ありました。元旦ってお店が閉まっているイメージがありましたが、これなら、ここに来てから朝食でも良かったですね。

Rimg0116

立ち食い蕎麦の店の名前は「はやて」

9:35 盛岡駅西口バス乗り場10番発(つなぎ温泉行きバス、\620)
10:05 つなぎ温泉着

Rimg0117

つなぎ温泉バス停近くの広場から、御所湖(人造湖)ごしに岩手山を撮影。何度でもシャッターを切りたくなりますね。

Rimg0118

温泉街を軽く散策。この雰囲気が、いかにも温泉らしいですね。ところで、A級って何がA級なの?

Rimg0119

つなぎ温泉の名前の由来になったという「繋ぎ石」(奥手上に見えるのは温泉神社)です。

Rimg0120

今回、日帰り入力(11:00~15:00、\1.000)でお世話になった「ホテル大観」さん。内装も、従業員の方の応対も良いですよ。

Rimg0121

ラウンジからの眺め。

Rimg0122

正月らしい飾り

Rimg0123

ここにも

Rimg0124

錦鯉が優雅に泳いでいましたが、撮影しに近づいた私から餌がもらえると思ったのか、寄って来て、口をぱくぱくしだしました。

Rimg0125

奥手の方に温泉があります。男性用は牛若の湯です。

Rimg0126

露天風呂につかって岩手山に足をかざしてみました。ここには、露天2、内湯2(大浴場と檜風呂)があります。サウナもありましたが、中で、腕立て伏せをしている人がいたので、入るのをやめました。

12:35 つなぎ温泉バス停
13:05 盛岡駅前

Rimg0127

昼食は、駅前のビル2階にある、東家駅前館さんで、わんこそばを予約しておりました。

Rimg0128

大勢のお客さんで賑わっておりました。みゆきちゃんが、わんこそばの食べ方について教えてくれました。その後、担当してくれたのは、枝里さん。彼女の威勢の良い掛け声とそばの投げ込みっぷりに、蓋を閉めてギブするタイミングが掴めず、3度の失敗を経て、ようやくストップ。こんなに食べました。

Rimg0129

デザートがとっても美味しかったです。

Rimg0130

写真を撮りましょうと言われ、素直にカメラを預けました。もう、お腹が苦しくて、顔が死んでいます。

Rimg0131

何杯食べたか証明書を発行します。

Rimg0132

100杯以上ということで、レジでこんなのをもらいました。楽しませていただきました。でも、お腹がぱんぱんです。

Rimg0133

盛岡駅にて、こちらは、ふくろうですね。

Rimg0134

秋田新幹線ホームにて、ここからも、岩手山がでっかく見えます。

14:24 盛岡駅発(こまち17号)
16:01 秋田駅着

Rimg0135

上りの新幹線が数分遅れているとかで、待ち合わせ。ようやっと上りの新幹線が到着。

Rimg0136

車窓の風景は、一面、雪景色になりました。ここで、初めて、1プシュ!(お腹の中の蕎麦の隙間にビールがしみていきます。許容量は1本が限度かな、苦しい)。

Rimg0137

秋田駅に到着です。

Rimg0138

目指すは、大町4丁目あたりです。

Rimg0139

秋田駅の方

Rimg0140

反対側の方

Rimg0141

三丁目橋を渡ることにしました。

Rimg0142

すずらん通り・・・こんな雰囲気が好きです。

Rimg0143

おお、どんぴしゃ、目的のお店「ちゃわん屋」を発見。公式には17:00からの開店ですが、大晦日に電話を入れたら、16:30頃から開けているので、入れますよと暖かい一言。

本当は、ネットで「東や」さんに予約を入れていたんだけど念のため大晦日に電話を入れたら、「ネットを見て予約されたんですか・・うち、ネット見てませんので、それから、元旦から5日までお休みなんです」と信じられない言葉、ネット見てないなら、ネットのページに予約フォームなど作るなと言いたい。

Rimg0144

とりあえず、出羽の雫を頼みました。お通しは、とんぶりの入った豆腐です。とんぶりって、ほうき草の実なんですね。畑のキャビアと言うらしいですが、海のキャビアが良いかも(笑)。

Rimg0145

目的は、「だまっこ鍋」だったのですが、お腹が苦しくて、これだけメニューがあるのに、何も頼む気になれません。
お酒すら、おかわりが頼めません。

Rimg0146

せっかく来たけれど、お腹が一杯で食べられないので帰りますと言って、店を後にしました。また、お出で下さいの暖かい言葉に救われました。秋田駅のホームから、向こうに見えるのは、青森行きの特急ですね。なんとなく、日本海側特有のうら寂しさを感じます。

Rimg0147

結局、体が欲したのは、珈琲でした。

Rimg0148

意外においしく、テークアウトもお願いして、新幹線車中に持ち込みました。

18:04 秋田駅発(こまち32号)
20:24 仙台着

Rimg0149

仙台駅の乗り換え時に、DAKARAを購入。どうでも良いことなんだけど、今回の旅で口にした飲み物は、

ミネラル水・・1、甘酒・・1、珈琲・・3、缶ビール・・1、日本酒・・1、スポーツ飲料・・1でした。アルコール度数が少ないのが目立ちます。全て、わんこそばを食べ過ぎたのが敗因ですね。

20:47 仙台発(やまびこ68号)
21:47 新白河着

Rimg0150

やまびこ号では、電源コンセントがある座席の指定になっていました。使わせてもらいました。

|

« 正月パス(その2) | トップページ | 面白映像 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ははは、わんこそば、なつかしいです。
私は30杯前後でギブアップでした。(当時25歳)
おばちゃんから「もういいの?若い方にしては情けない」と
ダメだしくらいました。笑

御所湖の赤い橋はちょうどバス停下りたとこでしょうか。
つなぎ温泉は盛岡から近いわりには静かで好きです。
実はほとんどの施設の露天風呂を制覇してます。笑

それにしても岩手山の山頂までこんなにクッキリ見えるのも
スゴイですね。めったに見られるモンじゃあないですよ。
さすが、晴れ男ですね☆
今年はいい一年になりそうですよ。

投稿: こっしー | 2007.01.02 10:47

お酒を飲めないほど食べてしまったのは敗因ですが、楽しかったです。私のお相手してくれたのは、若いお姉ちゃんでした。おばさんだったら、ここまで行かなかったかも(爆)。

つなぎ温泉良いですね。また行きたいですね。

岩手山は本当に綺麗でした。どんな天気になるかと思ったけれど、最高のお天気でした。晴れ男って言われたことないんだけど、この調子で、2007年を乗り切りたいですね。

投稿: Mujina | 2007.01.02 10:59

こんばんは。だいぶ前にレッツノートに関することでコメントを書かせて頂いた「はる」と申します。
僕が夏に仙台の売店でSuicaでお土産を購入したとき600円の商品を購入したのに、売店のおばさんはSuicaから6000円も引き落としてしまいました。「おぉー何てことするんだぁ。」と心の中で叫んでいたら、間違えたおばさんは売店のおねえさんに事情を説明し、おねえさんこうすれば、戻せると言いながら機械を操作し無事に6000円戻してもらい、正規に600円を引き落としていました。やはり、あちらの方は慣れていないのでしょうね。
mujinaさんは「こまち17」号に乗車されたようですが、妻と子供たちは正月パスを利用して「こまち13」号に乗車し秋田へ帰省しました。僕は4日まで仕事なので4日の寝台特急「あけぼの」で秋田へ向かう予定です。
今回の旅は随分と充実されたようですね。温泉とわんこそば…。一人旅は自由が利いていいですね。

投稿: はる | 2007.01.02 21:14

一桁間違えてしまうとは恐るべしですね。それだけ残高があったのも凄いですね(笑)。ご家族の皆さんも正月パスをご利用だったのですね。はるさんは、明日、お仕事の後、帰省されるんですね。ご家族の待つ実家、楽しみですね。

投稿: Mujina | 2007.01.03 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/13303653

この記事へのトラックバック一覧です: 正月パス(その3)完結編:

« 正月パス(その2) | トップページ | 面白映像 »