« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.27

ちゃん付け

今朝、某所で書いた日記を、ココログに転載します。

テレビで旭山動物園を紹介していました。その運営は、多くの動物園から注目されて久しいのですが、かつて、旭川に何度も足を運んだ頃には、まだ、話題になっておりませんでした。飼育担当の方が雪かきをしているシーンが映ったのですが、久しぶりに雪を見た気がします。今の季節に、雪をあまり見ないというのも寂しい感があります。冬は冬らしく、夏は夏らしく、その間に、春と秋がある、そんな季節感を感じることができるメリハリがあった方が良いように思います。

それにしても、動物を眺めるのって良いですよね。我が家の猫達を見ているだけでも、これだけ癒されるのだから、あまた多くの動物達が暮らす動物園は、癒しのスポットだと思います。知り合いには、仕事に行き詰まると、動物園に行くって言う人がいますが、その気持ちは良く分かります。私の場合は、昨日の日記にも書いたけれど、とりあえず、バッティングセンターかな(笑)。

カバが登場すると、どうしても、言いたくなる話があります。それは、カバって走ると速いんだよねという話です。自分にとってもインパクトがあったので、人にも話したくなるんですよね。いざっていう時に短い距離での場合だと思うのですが、40~50km/hぐらいで走るって言いますよね。陸上では、象に次ぐと言われる数トン超の巨体なのに、そんなに速く走れるのは凄いと思います。40~50km/hと言えば、自転車のレースで平地を走行している時の速度ですからねえ。レースウェアに身を包んだ自転車集団と一緒に走っているカバを想像すると不思議な気分に包まれます。バカの一つ覚えのカバの話でした。

愛妻と話をしていると、愛妻の職場の人間が、ちゃん付けで登場します。そんな話を聞いているうちに、私の頭の中には、ピチピチのお姉さんが想像されるんだけど、よくよく話を聞いてみると、私の上の世代の方だったりするんで、現実に引き戻されることが多いです(笑)。みんな、ちゃん付けは誤解を招くので危険だと思います。上の世代には敬意を表して、ちゃん2(ちゃんちゃん)とか識別できる呼称にして欲しいと思います。

それから、日本人離れしている人が多数登場するんで、たまにツッコミを入れると、本当に日本人じゃないんだよね(笑)。愛妻の職場は、本当に国際色豊かです。面白い方々も多いです。そんな中にあって、愛妻もまた「天然」のレッテルを貼りまくられているらしい(笑)。愛妻の名誉の為に書いておきますが、仕事はキッチリやる人で信頼を集めているそうですが、一歩、仕事を外れると、天然ぶりを発揮しているそうです。

さあ、散髪に行って、頭をスッキリさせてこようと思います。その後は、予告どおり、バッティングセンターに行こうと思います。きっと、気だるい体が、スッキリするものと思います。その後は、温泉につかってこようかな。カイロに行かないかという話もあります。エジプトの首都カイロ、人口1500万人超でアフリカ・中東エリア最大の都市です。そんなカイロに行こうと・・・いうわけではなくて、カイロプラクティクスの方です。

息子は、学校に行きました。私「もしかして、模試?」、息子「そう、ハイレベル模試を受けるんだよ」。なんか、聞くだけで、難しそうなイメージです。難しい試験を受けて、自分たちの力が、いかに足りないかっていうことを認識する為にやるんでしょうか。ご苦労様なことです。娘は、24らしい。体を壊すなよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.21

ダイエットの成果

私自身のダイエットの成果は、当分、発表できそうもないので、ニャンコ達の成果について書いてみようと思います。

C0701211

我が家のニャンコ達は、当初、餌の量をコントロールしていなかったこともあり、すくすくと成長しすぎてしまい、気が付けば、リッキーが8kg超、ティムが7kg超とビッグに成長してしまいました。

彼らの健康の為にも、少しずつ、本当に少しずつのダイエットに取り組んでいます。取り組むと言っても、与えるキャットフードの量を毎回軽量してキッチリあげるだけです。それでも、8ヶ月位で、そこそこの成果が出てきています。

リッキー(↓)は、8.6kg → 7.5kg となりました。
C0701212

ティム(↓)は、7.6kg→6.5kg となりました。
C0701213

とりあえず、リッキーで7kg未満、ティムで6kg未満を目標にします。一年ぐらいかかっても良いかなって思います。そして、まだ大きめだけど、その辺りで良いかなと考えています。

C0701214

あるある大事典の放送で起きた納豆騒動も、データ捏造という予想外の展開で終止符が打たれることになり、納豆愛好者としては、良かったと思います。ブームやダイエットで食べるものじゃないから・・・そう思うんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.19

レッツノートCF-R6

ネットに繋がらない温泉宿でマッタリしている間にレッツノート春モデルが発表されていました。注目すべきはフルモデルチェンジを図った「CF-R6」(3月8日発売)でしょう。

今時ですから、Core Duo + Vista Business という仕様には驚くべきところはありませんが、タフさの向上と操作性の改良に関しては評価したいと思います。

1.キーボード全面防滴

過去にキーボードに2回ビールを飲ませて泡を吹かせた経験がある私にとって待ち焦がれた仕様です。ちなみに、初回は奇跡の復活を遂げましたが、2回目では、重要なキー(ALT、CTRL、SHIFT)が死んでしまいました。

最初にこの仕様を取り入れたモデルは「CF-Y5」です。水をかける実験の写真などを掲載した記事を昨年ココログにアップしていますので興味のある方は↓をご覧下さい。
http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/2006/05/post_5275.html

2.落下対応

動作時に猫にケーブルをひっかけられてテーブルから床に落としたり、大宮駅で歩きながらモバイルしていて床に落としたことがある私にとっては心強い仕様です。幸いに過去の落下では壊れませんでした。

非動作時に26方向で30cm高さからの落下試験は従来からだと思うのですが、今回は、動作時に底面方向のみながら76cm落下試験に耐えています。

3.PCカードスロットの耐久性向上

エアエッジカードを装着して本体からはみ出している部分を下側にして床に落としてしまったことがあります。カードごと本体にめり込みました。幸いに寸止めで故障には到りませんでしたが、こんな荒っぽい方法で、カードの出っ張りを目立たなくできるとは思いませんでした(爆)。

今回の仕様で過去に経験したような状況での損傷の恐れが軽減されています。

4.インターフェースの配置

これまで、PCカードスロットの真下にSDメモリカードスロットが配置されていたので、本体からはみ出すPCカード装着時(私の場合はエアエッジのカード)は、SDメモリを出し入れしにくかったのです。今回、SDメモリーカードスロットが前面に配置変更されて問題が解決されています。

USBコネクタが左側から右側に移動され多くの場合で使い易そうです。また、コネクタの間隔が拡がっているように見えます。コネクタ幅が大きいデバイスなどを挿す場合に干渉する問題が解決されそうです。

無線LANのON/OFF用のスイッチが全面に装着され、どちらの状態になっているか分かり易くなりました。切り替えも容易です。

4.軽量化

69gの軽量化を図り、930gとなりました。ボディサイズは、奥行が+3.5mm、厚みは、最厚部(バッテリー側)で+0.8mm、最薄部(手前側)で-5.2mmの増減がありました。掌をのせる部分は薄いほうが好まれるのでしょうか?

5.LEDバックライト液晶

LED方式に変わり、高機能性シートとの組み合わせで、消費電力を抑えて高輝度を実現しているようです。光源がLEDなので長寿命ですね。


6.ミニポートリプリケーター(別売)

オプションとなりますが、据え置きでは多くのデバイスを接続しながら、しょっちゅう、モバイル運用の為に本体を持ち出す人にとっては、これがあると便利そうです。

本体とリプリケーターはコネクタ一つで接続されます。このリプリケーターの先に、ACアダプタ、LAN、USB(4ポート)、外部ディスプレイなどを接続できます。

7.その他

未確認情報ながら、元々、コンパクトで軽かったACアダプタが、さらに軽くなったとの話を聞いたような気がします。違っていたらゴメンナサイ。

地味ながら、セキュリティチップを搭載し、もろもろセキュリティ向上を図っている点も評価できます。

最後に、納得の行かない点として、バッテリー駆動時間の減少を挙げたいと思います。

CPUを増強し、軽量化まで達成したことは認めます。でも、それと同じぐらいバッテリー駆動時間の延長は大事なんじゃないかな。前モデルで11時間を8時間にしてしまうというところが、唯一、納得のいかない点でした。

新聞のノートPCシェアランキングに顔を出すことがないレッツノートですが、モバイルPCシェアというより細分化したジャンルでは、2005年で19%、2006年で22%と確実にシェアアップを図っているそうです。

実際、新幹線車内で見かけるノートPCも、ここ数年の中で、圧倒的にレッツノート優性となっているのを感じます。2007年は25%ぐらい行くのではないでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.01.13

面白映像

YouTubeの面白映像です。

「言葉にできない」

http://www.youtube.com/watch?v=LIhbap3FlGc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.02

正月パス(その3)完結編

正月パスを使った、盛岡・秋田への旅も無事に終了しました。最高のお天気に恵まれて、日頃の行いの良さを神様が見ていてくれたんだなと勝手に解釈し、大いに楽しむことができました。では、レポートをアップします。

6:41 新白河駅発(やまびこ291号・・・がらがらでした)
7:41 仙台着

Rimg0101

本当は、白河で朝食をゲットする予定でしたが、買いそびれ、自販機でミネラル水のみ購入。仙台駅での乗り換え時に駅弁を購入したのですが、Suica端末があるので、使おうとしたら、忙しいのか、不慣れなのか、うまく行きません。やむなく、現金で買いました。

Rimg0102

ゲットした駅弁は「南三陸ウニめし」、今年最初の食事となります。

Rimg0103

中身は、こんな具合。ご飯が美味しかったですね。

7:47 仙台発(はやて71号)
8:35 盛岡着

Rimg0104

はやて・こまちの連結切離しを、多数のカメラマンが取り囲みます。お決まりの光景ですね。

Rimg0105

盛岡駅にて、巨大な南部鉄瓶を発見(高さ140cm)

Rimg0106

盛岡駅(南口)から出てみると、9時からの初売りに並ぶ方が多数。そんな方々に、甘酒をふるまうお店のお姉さん(黒いコートの方)。

Rimg0107

なんと、通りすがりの私にまで、ふるまってくれました。うーん、あったまる。

Rimg0108

予定通り、北上川にかかる橋を、じゅんぶり巡ってみました。まずは、不来方橋。盛岡という地名がつく前は、不来方と呼ばれていたらしいです。

Rimg0109

続けて、開運橋。縁起が良さそうな名前でしょう。

Rimg0110

ついでに、もう一つ、旭橋。

Rimg0111

最高のお天気に恵まれて、岩手山が美しいです。撮影していた私の傍らを通りすぎようとしたオバサンまで、「あら、綺麗だわね。珍しいのよ、こんな風に見えるなんて。私も撮っちゃおうかしら」と言って、携帯のカメラで撮影していました。

Rimg0112

川べりの遊歩道に下りて、北上川に浮かぶ白鳥も入れて撮影してみました。

Rimg0113

橋巡りを終えて、再び、盛岡駅に戻ると。TULLYS COFFEEの前で、太鼓の演奏です。正月らしく良いですね。太鼓の響きが腹に響きます。

Rimg0114

初売りに訪れた方々に珈琲をふるまっていました。

Rimg0115

私にも、ふるまってくれました。初売り、良いかもです(笑)。9時に開店したこのビルの中には、食べ物やさんも多数ありました。元旦ってお店が閉まっているイメージがありましたが、これなら、ここに来てから朝食でも良かったですね。

Rimg0116

立ち食い蕎麦の店の名前は「はやて」

9:35 盛岡駅西口バス乗り場10番発(つなぎ温泉行きバス、\620)
10:05 つなぎ温泉着

Rimg0117

つなぎ温泉バス停近くの広場から、御所湖(人造湖)ごしに岩手山を撮影。何度でもシャッターを切りたくなりますね。

Rimg0118

温泉街を軽く散策。この雰囲気が、いかにも温泉らしいですね。ところで、A級って何がA級なの?

Rimg0119

つなぎ温泉の名前の由来になったという「繋ぎ石」(奥手上に見えるのは温泉神社)です。

Rimg0120

今回、日帰り入力(11:00~15:00、\1.000)でお世話になった「ホテル大観」さん。内装も、従業員の方の応対も良いですよ。

Rimg0121

ラウンジからの眺め。

Rimg0122

正月らしい飾り

Rimg0123

ここにも

Rimg0124

錦鯉が優雅に泳いでいましたが、撮影しに近づいた私から餌がもらえると思ったのか、寄って来て、口をぱくぱくしだしました。

Rimg0125

奥手の方に温泉があります。男性用は牛若の湯です。

Rimg0126

露天風呂につかって岩手山に足をかざしてみました。ここには、露天2、内湯2(大浴場と檜風呂)があります。サウナもありましたが、中で、腕立て伏せをしている人がいたので、入るのをやめました。

12:35 つなぎ温泉バス停
13:05 盛岡駅前

Rimg0127

昼食は、駅前のビル2階にある、東家駅前館さんで、わんこそばを予約しておりました。

Rimg0128

大勢のお客さんで賑わっておりました。みゆきちゃんが、わんこそばの食べ方について教えてくれました。その後、担当してくれたのは、枝里さん。彼女の威勢の良い掛け声とそばの投げ込みっぷりに、蓋を閉めてギブするタイミングが掴めず、3度の失敗を経て、ようやくストップ。こんなに食べました。

Rimg0129

デザートがとっても美味しかったです。

Rimg0130

写真を撮りましょうと言われ、素直にカメラを預けました。もう、お腹が苦しくて、顔が死んでいます。

Rimg0131

何杯食べたか証明書を発行します。

Rimg0132

100杯以上ということで、レジでこんなのをもらいました。楽しませていただきました。でも、お腹がぱんぱんです。

Rimg0133

盛岡駅にて、こちらは、ふくろうですね。

Rimg0134

秋田新幹線ホームにて、ここからも、岩手山がでっかく見えます。

14:24 盛岡駅発(こまち17号)
16:01 秋田駅着

Rimg0135

上りの新幹線が数分遅れているとかで、待ち合わせ。ようやっと上りの新幹線が到着。

Rimg0136

車窓の風景は、一面、雪景色になりました。ここで、初めて、1プシュ!(お腹の中の蕎麦の隙間にビールがしみていきます。許容量は1本が限度かな、苦しい)。

Rimg0137

秋田駅に到着です。

Rimg0138

目指すは、大町4丁目あたりです。

Rimg0139

秋田駅の方

Rimg0140

反対側の方

Rimg0141

三丁目橋を渡ることにしました。

Rimg0142

すずらん通り・・・こんな雰囲気が好きです。

Rimg0143

おお、どんぴしゃ、目的のお店「ちゃわん屋」を発見。公式には17:00からの開店ですが、大晦日に電話を入れたら、16:30頃から開けているので、入れますよと暖かい一言。

本当は、ネットで「東や」さんに予約を入れていたんだけど念のため大晦日に電話を入れたら、「ネットを見て予約されたんですか・・うち、ネット見てませんので、それから、元旦から5日までお休みなんです」と信じられない言葉、ネット見てないなら、ネットのページに予約フォームなど作るなと言いたい。

Rimg0144

とりあえず、出羽の雫を頼みました。お通しは、とんぶりの入った豆腐です。とんぶりって、ほうき草の実なんですね。畑のキャビアと言うらしいですが、海のキャビアが良いかも(笑)。

Rimg0145

目的は、「だまっこ鍋」だったのですが、お腹が苦しくて、これだけメニューがあるのに、何も頼む気になれません。
お酒すら、おかわりが頼めません。

Rimg0146

せっかく来たけれど、お腹が一杯で食べられないので帰りますと言って、店を後にしました。また、お出で下さいの暖かい言葉に救われました。秋田駅のホームから、向こうに見えるのは、青森行きの特急ですね。なんとなく、日本海側特有のうら寂しさを感じます。

Rimg0147

結局、体が欲したのは、珈琲でした。

Rimg0148

意外においしく、テークアウトもお願いして、新幹線車中に持ち込みました。

18:04 秋田駅発(こまち32号)
20:24 仙台着

Rimg0149

仙台駅の乗り換え時に、DAKARAを購入。どうでも良いことなんだけど、今回の旅で口にした飲み物は、

ミネラル水・・1、甘酒・・1、珈琲・・3、缶ビール・・1、日本酒・・1、スポーツ飲料・・1でした。アルコール度数が少ないのが目立ちます。全て、わんこそばを食べ過ぎたのが敗因ですね。

20:47 仙台発(やまびこ68号)
21:47 新白河着

Rimg0150

やまびこ号では、電源コンセントがある座席の指定になっていました。使わせてもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »