« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.30

遂にメジャーに

mixiで日記を書いているんですけど、新幹線車内からでも、さっとアップできる軽快さが好きです。夜は重たくなってきたようですが、朝は快適ですね。その点、ココログは、まだまだ重たいです。今日、mixiにアップした日記を、ココログにもダブル投稿してみます。うっ、やっぱり、重たい。

----- ここから -----

ブログの女王「眞鍋かをり」さんが、ポッドキャストの女王を目指すらしい。自分の中では「優木まおみ」さんが、ポッドキャストの女王だと思っているんだけど、眞鍋さんには、テレビやプロバイダの強力な後押しがあるんだよね。

そんな後押しをしているプロバイダは、正確には思い出せないんだけど、BBフェスタ?などというユーザーと触れ合うイベントを開催するらしいよ。日頃から要望や不満や不満や不満を感じている方々は、良かったら足を運んでみましょう。

ウィルコムのユーザー数が400万人を突破したそうです。おめでとうございます。音声端末とデータ通信のユーザーの比率は、6:4とのことだから、データ通信ユーザーは160万人ぐらいなのかな。AirH”100万人突破キャンペーンから1.6倍増、200万人突破も視野に入ってきたかな。

携帯でPとNが基幹部分の開発で提携?なんていう記事もチラッと目にしました。NとSなら磁石のようにピタッとくっ付くんでしょうけど、PとNは、どうでしょう? 電子工学専攻の方なら懐かしいと思うけど、PN接合なんていう言葉もあるから、意外に良い関係で流れるかもしれませんね。ただ、PN接合だと一方向にのみ電流が流れ易いんだよね(笑)。

米AMDがドイツの工場に今後3年間で2800億円を投資し、MPUを増産、インテルを追撃して市場の1/3を目指すそうです。頑張って欲しいですね。天下のデルが採用を決めたのは追い風でしょうね。まだまだ、大巨人のインテルだけど、思った以上に食い込まれている印象がありますね。

AMD製MPUを搭載したパソコンを買ったことはないんだけど、密かに応援しています。過去を振り返ると、メジャーじゃないものを買い続けた過去がありますからね。

皆が注目したTK-80を8ビットだからと切り捨て、16ビットのLKit-16を買い、PC8001が話題になれば、テレビも見られるからとシャープX1を買い、PC9801が一世を風靡すれば、それが嫌だとエプソンの互換機を買ってみたりと、天邪鬼ぶりを十二分に発揮してきました。

でも、改めて、PC98シリーズに買い換えた時は、使い易かったですね(汗)。無駄な抵抗は止めなさいっていう奴ですね。長いものに巻かれるのは楽チンです。

でも、モバイルノートを選択する段になって、再び、天邪鬼?ぶりが出てきて、レッツノートに手を染めました。

でも、当時は、メジャーではなかったレッツノートも、今では、新幹線車内で最も見かけるノートパソコンになりました。自分が選んだ中で後にメジャーになったものは、後にも先にも、レッツノートだけかもしれません。

えっ、レッツノートはメジャーじゃないって・・・いえいえい、そんな声は聞こえません。十分にメジャーですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.29

蓬来童子

劇団三年物語の次回公演は「蓬来童子」です。

日程: 7月6日~7月10日

会場: 池袋シアターグリーン エリア171(中ホール)

スケジュール:
7月6日(木) 19時30分開演
  7日(金) 19時30分開演
  8日(土) 14時開演・19時開演
  9日(日) 14時開演・19時開演
 10日(月) 13時開演・18時開演
 
料金:
前売り2800円・当日3000円
6月1日チケット発売開始!!

私は、7月7日に行くことにしました。

同じ日に見に行かれる方がおりましたら声をかけてください。

ご一緒しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.27

最後は大当たり

実家にて、久しぶりにデスクトップパソコン(DELL)に触りました。

1.まずは、今は懐かしいFAXモデムのインストール
C0605271

昨年の落雷でモデムが破損して以来、ネット接続ができなかった実家のパソコンもようやくネットにアクセスできるようになりました。でも、ADSLも光も来ていないので、電話回線での接続なのだ。めっちゃ遅いね。

2.続いて、今更なんでと思われる3.5インチFDDのインストール
C0605272

親父がワープロ(東芝ルポ)で作りためてきた文書をパソコンに取り込めるようにするためのドライブです。ワープロ側ではオリジナルフォーマットとDOSフォーマットの両方が使えるんだけど、パソコンに取り込む為には、DOSフォーマットにしておかないとダメですね。

一連の作業が完了したということで、お昼(天蕎麦)をご馳走になりました。この席に座ると、落ち着くんだよね。
C0605273

自宅に戻りがてら、バッティングセンターに寄りました。

くじいていた左手首は治ってきているのですが、まだ、バッティングには耐えられません。

それで、片手打ちをしてきたんですが、意外に当たりますね。特に、今日は良い当たりも出て、130km/hのボックスでホームラン、ソフトボールのボックスで2回のヒットをゲットしたよ。

これで、今月のヒットは6回目となったので、もしかすると、月間ヒット賞の可能性もゼロじゃないね。

そして、ストラックアウトですが、コントロールが定まらずに苦労しましたが、最後の最後でパーフェクトが出ました。今年11回目(通算57回目)です。最後は大当たりでした。

St060527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

小田原で何かが・・・

今日は、小田原で何かが起きると予想されていたが

またもや、期待以上のサプライズ!

どうして、こんなことまで出来るのだろうか・・・

いつも、想像を上回る、あの方に拍手!

詳しくは、トイレを済ませてから、こちらをご覧下さいね。

ご存知ない方のために、あの方は、決して怪しい人では

ありません(念のため)。サービス精神が旺盛な方なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

案ずるより・・・

実家の親父からの依頼されていることが二つあります。

1.ワープロ文書をパソコンで開けるようにして欲しい。
2.インターネット接続ができるようにして欲しい。

1.に関して

ワープロは、東芝製JW-V850、メディアは3.5インチFDです。

パソコンには3.5インチFDDが無いので、増設が必要です。
その上でワープロ文書をWORDに変換する必要があります。

変換ソフトとして目をつけたのが「コンバートスター16i」です。
体験版をダウンロードし、レッツノートにUSB接続FDDを付け
変換トライ、プレビューOKなのですが何故か変換できません。

これは困ったと思いつつ、ためしに、WORDで開いてみたら
ほぼオリジナルどおりに変換され取り込めました。

えっ、WORDで直接読めるの。全くの取り越し苦労でした。
案ずるより産むが易しでした。

2.に関して

実家は、ADSLもBフレッツも来ておりません。今更、ISDN
もないので、アナログモデムでの接続になります。

以前、セットアップしてあげたのですが、雷でモデムが壊
れてしまっていたんですね。

そんなわけで、増設用3.5インチFDD と アナログモデムを
地元の電気店で買うことにしました。ところが、昨年には
間違いなく置いてあったものが、需要が無いと見えて、ど
ちらも置いてありませんでした。

そんなわけで、急遽、ネット通販で調達することにしました。
このようデバイスに今更お金をかけるのも勿体無いので、
ノーブランド商品で安いのを探しました。

その結果、二つ合わせて税込み+送料(840円)でジャスト
3000円で購入することができました。まあ、これぐらいなら、
上首尾でしょう。

なんともまあ、時代遅れの感がする作業となりますが、それ
はそれで必要なんですよね。来週末あたりに実家に持ち込
みセットアップ予定です。

すんなり終えて、親父を喜ばせてあげたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

マイレッツ倶楽部3周年記念パーティー

昨日、マイレッツ倶楽部3周年記念パーティーに参加してきました。パーティーとは名ばかり、その実態は、新製品に触れる体験イベントというところでしょうか。

レッツノートCF-R3を鞄に潜め会場に向かいました。後継のCF-R4を余裕で見送りましたが、スペックだけ見たところでは、今回発表のCF-R5も見送れそうです。早くも次のCF-R6に期待かな。きっと防滴キーボード対応になっているはず(分かる人だけ笑ってください)。

会場は、UDX CONFERENCE(秋葉原)です。向こうに見えるのは、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba です。秋葉原の景色も随分と変わりましたね。

Lets01

11時に会場入り、入り口で記念品をいただきました。Let's note TOUGHBOOKのストラップとSDメモリカード(8MB)です。有り難く頂戴しましたが、SDメモリカードの容量は、もうちょいと大きいのにしてくれると嬉しかったですね。

Lets02

会場には、先日発表された、新製品CF-*5シリーズが並びます。各シリーズの名称、バッテリー駆動時間、液晶サイズ、CD/DVDドライブの有無は以下の通りです。

・ CF-Y5: 1490g、9時間、14.1型SXGA+、スーパーマルチドライブ
・ CF-W5: 1199g、12時間、12.1型XGA、スーパーマルチドライブ
・ CF-T5: 1260g、15時間、12.1型XGA
・ CF-R5: 999g、11時間、10.4型XGA

Lets03

マイレッツ倶楽部ではカラー天板が選べます。W5/T5で14色、R5で11色のバリエーションがあります。

Lets04

スタバ斉藤さんがサインしたと思われるカラー天板です。

Lets05

天板自体は、触ってみると、思ったより薄く軽く柔らかいんですね。

Lets06

レッツノート歴代モデルの展示コーナーです。画面中央奥に見えるのが、1997年6月発売のAL-N2です。1997年12月1日から新幹線通勤を始めるので、車内で使えるようにと選定したのが、この機種です。レッツノートとの出会いの1台です。光学式トラックボール搭載が、心をくすぐりました。

その後、しばらくして、トラックボール機種は姿を消す訳ですが、トラックボール信奉者は少数派で、多くの方々は、より薄く、より軽くを求めたのだというのがメーカー側の説明でした。個人的には、残念なことです。

Lets07

セルフサービスで珈琲やオレンジジュースをいただきながら、アンケート用紙に記載したり、mixiをしたりしておりました。たまた、隣に座った方も、mixi画面を開いていました(笑)。アンケート用紙に書いた要望は2点、RシリーズのSDスロットの位置の改良(出っ張りのあるPCカードを挿入している場合、とても、出し入れがしにくい)と内蔵スピーカーの位置の改良(底部に設置されているため聞こえにくい)です。

Lets08

さてさて、12:00からは、デモンストレーションがあります。前の方に陣取って、始まりを待ちます。ノートPCの三大故障要因は、落として、押されて、水かけて、なんだそうです。その辺りに対する強化を図っているのだそうです。

Lets09

最も、見てみたかったのが、全面防滴キーボードを採用したY5への水掛実験です。キーボード面に満遍なく水をかけますと。底部中央の穴から水が勢いよく流れ落ちていきます。

Lets10

ホイールパッド部に水たまりが出来ておりましたが、そこに指をあて、ぐるぐる回して、「ほら、これでも、動作します」というスタッフの方・・・そこも、大丈夫なんでしょうか?(ちょっと不安を感じます)

Lets11

続いて、TOUGHBOOKの落下試験です。90cm落下試験を実施している本機、会場から選ばれた1名の方が、落とす体勢に入ります。

Lets12

落としました。動作しております。大丈夫なんでしょうけ、心臓に悪いです。

Lets13

最後は、耐100kg加圧に耐えられるボディに、実際に加圧してみようというコンテストです。均等に加重されるよう、レッツノートの上に分厚いプレートが載せられています。

Lets14

押すと、このように何kgと表示されます。7名ぐらい参加できるというので、手を挙げてエントリーしました。80kg以上だとG-SHOCKがもらえ、60kgを越えるとロゴ入りTシャツ、その他の方はピンバッジがもらえるとのことでした。

Lets15

一番手が私です。80kgクリアを目指して力一杯押し込んでみましたが記録は69.1kg、次々と、白板に記録が書き込まれていきます。

Lets16

結局、80kg以上の方はおらず、最高記録を出した私が、G-SHOCKをせしめました(感謝)。

Lets17


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.07

モレラ岐阜

Yahoo!ニュースで「モレラ岐阜」の記事を見た。

4月29日に開業した大規模ショッピングセンターなのだが、予想を上回る客が訪れ、浄化施設の処理能力が追いつかなくなる恐れがあるということで、営業時間を短縮するという異常事態らしい。

モレラ岐阜のホームページのトップに、設備点検の為と赤字で営業時間短縮の事が書かれているけれど、まさか、トイレがパンク寸前とは・・・驚きました。

ちなみに、モレラ(MALera)=モール(Mall)+時代(ERA) という造語だそうです。決して、「漏れら」ではありません(念のため)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.05

散歩走り

お天気に恵まれた昨日は、日差しが暑いぐらいでしたので、4PM過ぎから自転車で散歩に出かけました。走りながら撮影した写真を5点ほどアップします。自転車って良いですね。

C0605051


C0605052


C0605053


C0605054


C0605055


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »