« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005.10.29

広島で準パーフェクト

c0510291
山陽本線で、広島→新井口へ移動。

c0510292
駅から、徒歩15分程度、草津南というところに、バーチャルスポーツセンター打撃王があります。

c0510293
逸る気持ちを抑えつつ順番を待ちます。こちらは、2000円のプリペイカード購入で9回できます。賞品は、3ビンゴでスヌーピーマスコット、準パーフェクト(8球)でディズニーマグカップ、パーフェクトでトイストーリースクエアクロックとなっています。

c0510294
結果は、マグカップ×2、スヌーピーマスコット×3でした。パーフェクト目前だったのですが、残念です。

c0510295
新井口駅手前の広島電鉄の踏み切りで待つ自転車の女子中学生がいます。なんで撮影したかと言えば・・・

c0510296
これです。涼しい顔をしている子なのに、チェーンカバーにこんなお茶目なシールを貼っているんですよ。禁煙、ダイエット中、子供が乗っています(確かに)、猛犬・・・だって(笑)。

c0510297
そんな傍らを通過していく広電、これは、GREEN MOVERという新しい車両だそうです。

c0510298
こうして、思う存分、ストラックアウトを楽しんだ私は、からすさんお薦めの「しゃもじかきめし」を手に、13:00発のぞみ号に乗り込むのであった。さよなら、広島。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.10.26

入口調査Ⅲ

c051026
毎年、ホームページの方で来訪者に対するアンケート「入口調査」を行っています。現在までの回答者は156名で、来訪者のお住まいの都道府県を塗りつぶした地図をアップしてみました。まだ、塗りつぶされていないのは、岩手・山形・福井・和歌山・岡山・島根・広島・徳島・愛媛・高知・宮崎・長崎・佐賀・熊本・宮崎・沖縄です。今月31日まで受け付けておりますので、お一人様一回だけ回答してくださいね。集計結果は後日アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.22

釧路オフ+α

寝不足ながら休日の朝の目覚めは早い。昨晩の打ち上げ時のアルコールが抜けきらず体がだるい。珈琲を飲むが、味覚が麻痺しているのか味が分からない。まあ、釧路に着くまでには回復してくれるものと期待しよう。

娘が、早い電車に乗りたいと言うので、一緒に駅に向かい、始発の新幹線に乗車した。この後の新幹線だと、東京駅8:24着、羽田9:25発の飛行機に何とか乗れるだろうと思っていたのだが、浜松町で発券してみたら、9:15発(ANA741便)だった。始発で良かった。この後の新幹線だと慌てることになったに違いない。

c05102201
休日の羽田空港となれば、ワンプシュ!といきたいとところだが、体が水しか欲しない。

c05102202
東京の天気は雨模様だが、釧路のお天気は、いかがなものか?

c05102203
出掛けに、家内から「またアテンダントさんと向かい合わせの席にしたの?」と笑われましたが、そんなことはありません。右サイド通路側(6F)のノーマルな座席です。

c05102204
ANAの機内誌を読んでいたら、肥満格言全十二訓というものが載っていました。そのうちの三訓ほどを紹介しましょう。

・デブに四季なし~年中暑がり、釧路でも汗をかくに違いない。
・デブの顔はみんな似ている~温厚そうに見えるのは気のせい。
・デブはなにかと脱ぎたがる~先日の事件を思い出しました。

c05102205
本日の目的地を機内誌の地図で確認。おっ、釧路って、この辺りにあるんだ。

c05102206
11時、出迎えていただいた心太@釧路さんの車でスタート。お世話になります。最初に向かったのは、釧路市湿原展望台です。左側が、心太@釧路さん、右側がTomさんです。

c05102207
この展望台は、湿原に群がる「谷地坊主」をモチーフにした建物だそうです。

c05102208
展望台からの眺めです。

c05102209
展望台を後にして、まもなく、タンチョウを発見。今日は、当たり日らしく、しばし、タンチョウの姿を目にすることになりました。勿論、牛や馬は、そこかしこで目にします。

c05102210
13時30分、屈斜路湖に到着。

c05102211
水が綺麗。

c05102212
露天風呂から湯気があがります。ここで入るのは、ちと恥ずかしいかも・・

c05102213
ひょこっと姿を現したテン。この後、道路中央に立つキタキツネとも遭遇、北の動物は人を恐れません。餌をもらうことになれているのでしょう。

c05102214
私のデジカメではうまく撮れませんでしたが、車中から紅葉を堪能します。この時期に紅葉を楽しめるとは思いませんでした(ラッキー♪)。

c05102215
c05102234
砂を掘れば湯が出る砂湯です(後の写真はTomさん撮影)。

c05102216
砂湯クッシーの像があったりします。温泉女王こっしーのお友達かもしれません。

c05102217
c05102218
14時30分、霧のない摩周湖です(第3展望台から)。日頃の行いの成果でしょうか?

c05102219
反対側の屈斜路湖はガスに覆われていました。切れ間から僅かに見えるかな。

c05102220
16時20分、こっしー&お友達を出迎えに再び釧路空港へ。新生釧路市誕生直後です。

c05102221
16時25分、心太@釧路さんがカメラを構えたところへ、こっしーさん登場。

c05102222
和商市場へ。写真だけでも撮っていけと言われた鮭児(6万9800円なり)。

c05102223
こっしーさんの心、もとい、胃袋をとらえて離さないめんめ(きんき)です。

c05102224
そして、ストラックアウトへ。2台のマシンがあり、高級者向けと書かれた方は、なんと的が左右に行ったり来たりします(初めて見ました)。チャレンジするも5枚止まりでした。ノーマルマシンの方も6枚止まり。釧路でパーフェクト達成は実現できませんでした。ストラックアウトで得たバッティング券でバッティングまでしちゃいました。お付き合いいただいた皆様に感謝。ちなみに、こっしーさんもストラックアウト&バッティングを楽しんでおられました。

そして、心太@釧路さんのお宅へ。素敵な奥様と初対面。そして、我々は海の幸に落ちていくのであった。

c05102225
花咲ガニ、毛ガニに目が輝く。ビールは、★、クラシック、地ビールと・・・

c05102226
お刺身、オイチイ・・
c05102227
牡蠣、うまっ・・

c05102228
めんめに狂喜乱舞するこっしーさん。今日がお誕生日なんです。ちなみに私のホームページも開設7周年でした。

c05102229
c05102230
c05102231
c05102232
c05102233
釧路のししゃもは本物だよ。ウニもホッケも明太子も・・とにかく、何もかも美味しい。言葉を失うね。ラストは、奥様の抹茶ゼリー(小豆とコンデンスミルクとミルクがからまり絶妙に美味でした)。

23時、ホテルまで送っていただき、最後の最後までお世話になりました。

------

c05102234
翌23日、ホテルまで迎えに来ていただいた心太@釧路さんの車で道東を巡るお二人とお別れです(背後に見えるのはJR釧路駅)。釧路空港行きのバス(10:10発)が車で、少し駅ビル内を探索してみることにします。

c05102235
釧路空港での搭乗手続き中に航空券を銜え込んだまま取り扱い中止になってしまった端末。係員のお兄さん、取り出すのに、だいぶ手間取りました。私の後ろに並んでいたお兄さんは、口には出しませんでしたが、かなり待たされて不機嫌な様子でした。私のせいじゃないんだけどね。

c05102236
座席未指定のままだったのだが、自動的に割り振られた座席は1Cと最前列の通路側、こりゃいいや。

c05102237
にゃんと、お隣には、赤ちゃんがスヤスヤと寝入っております。

c05102238
雨の釧路を飛び立つ時は気流も揺れたけど、東京は凄い良い天気だ。

c05102239
ちょうど良い時間帯の新幹線が無いので、とりあえず、盛岡駅の海鮮こわっぱ弁当と泡の出るものを買い込み先行する新幹線に乗り込みました。宇都宮で後続の新白河に停車する新幹線に乗り換えることになります。この弁当は小ぶりなのでお腹にたまらずグーです。たまらないからといって、宇都宮で餃子などを食べたりはしない予定です。

c05102240
宇都宮で降りてみると待ち時間30分強もあるではありませんか。となれば、私がオギャーと生まれた年に創業した「みんみん」に寄ってみようかという気にもなります。

c05102241
結局、焼き餃子をオーダーしている私。

c05102242
構内では、こんなイベントも開催されています。

c05102243
ホームに上がると、ちょうど、乗り換える新幹線が入線してきたところでした(セーフ)。

c05102244
那須塩原駅直前の車窓の風景です。どこまでも、のどかな青空が広がっています。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005.10.09

全国ラーメンフェスティバルへ行ったよ

CIMG0480

地元の白河で開催されている全国ラーメンフェスティバルに行って来ました。

CIMG0487

とりあえず、ちばき屋さんのチケットを購入、しかし、うっかり、一般チケットを買ってしまいました。時間指定チケットというのが別にあったのです。店ごとの行列は、一般チケット用と時間指定チケット用とに分かれており、後者の方が待ち時間が短く効率的に食べられそうでした。

CIMG0492

店内は戦場のようです。各店、700食程度準備しているらしいです。

CIMG0494

美味しかったです。

CIMG0500

海老天おろしそばは、チケット不要でその場で500円払って食べられます。蕎麦打ちの実演も行われています。

CIMG0504

美味しかったです。

CIMG0511

地元の方が作詞作曲した「ラーメンの歌」にあわせて踊る可愛い子供たち。なんか、この曲、耳に残ります。ヒットするかもしれません。まじで。

CIMG0512

それにしても、凄い人ですわ。

CIMG0525

食後は、美味しい珈琲(200円)をいただきます。

CIMG0535

こちらは、地酒、ワインコーナーです。珈琲を飲んでいる私に、試飲を勧めるんですよね。勧められるままに3種類をいただいてしまいました。

CIMG0529

全国各地のラーメンが販売されています。

CIMG0537

こんなのも良いね。

CIMG0539

呈茶コーナーです。

CIMG0542

会場へのアクセスは、やはり、自転車ですね。

----- ここから、翌日分です -----

CIMG0559

今日は、家内と一緒にやって来ました。本日、購入したチケットは、「にゃがにゃが亭」さんです。

CIMG0560

美味しかったです。すみません、ワンパターンなコメントで・・・

CIMG0563

そして、これが、ゼリーフライ。中身にゼリーが入っていると思ったら、そうではありませんでした。おから、じゃがいも、にんじん、長ネギが原料のフライです。形が銭に似ていることから、訛って、ゼリーフライと呼ばれることになったとか。美味しいですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.10.02

「恋まち物語」上映会(2/2)

c051001d

63分の本編の上映が終了。もう一度、続けて見たくなりました。本編に先立ち上映された西条の皆さんによる応援メッセージも楽しかった。故郷って良いね。自分も故郷は好きだけど、もっと、もっと、故郷に向き合っていきたいなって思いました。

c0510016

キャスト、スタッフからの挨拶。左から、プロデューサー魔女=らくだ銀座ママ=越後さん、監督のヒロキ=林弘樹さん、亀ザル役の五十川三宣さん、岡崎晴子役の石井あす香さん、妹役の若葉由奈さん、脚本家のクリリン=栗山宗大さん

c0510017

上映後のアンケート用紙に記入する皆さん。

c0510018

デジカメを持って怪しい行動?をする私と水戸っぽ黄門さんに、ようやく気付いたクリリンさん(笑)。

c0510019

越後さんの皆で写真を撮ろうよ! の声に集まる面々

c051001a

皆でハートマークを作ります。入りきらなかった皆さん、ごめんなさい。

c051001b

DVDに林さん、若葉さん、五十川のサインをいただきメデタシメデタシ。

c051001c

最後は美女に囲まれてご満悦(笑)・・・鼻の下、伸びてないよね。

「恋まち物語」ファンサイトは、こちらです。

越後さんのブログはこちらです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.01

「恋まち物語」上映会(1/2)

c0510011

10月1日(土)、「恋まち物語」上映会 in 東京が開催されるということで、ここ「GOD DRAGON」までやって来ました。

c0510012

お店の入り口には、ポスターが貼られていました。

c0510013

店内の雰囲気を感じ取ってください。こんな機会でもないと足を踏み入れることがない場所かも・・

c0510014

ビリヤード台が並ぶスポーツバーも今晩は映画館に変身です。ちなみに、ここのママさんは、ビリヤードのプロで、全日本ランキング5位だそうです。

c0510015

本日の参加費は、6000円。DVDが付いています。ドリンク券をエビスビールに変えて、喉を潤しながら、上映を待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »