« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.27

運命(16)

彼女の住む仙台への出張は、残暑の厳しい9月中旬頃ではなかったかと思う。確か、半袖のシャツに慣れないネクタイを締めて出張したように記憶している。月曜~金曜で搬入、立ち上げ、引渡しというスケジュールだった。

ところが、いざ蓋を開けてみると、完成しているはずだった得意先機器とのインターフェースが完成していない。現地での調査・解析を踏まえて、作りこむ回路も残していたのだ。そちらを担当するのは、G社のTさんだった。自分は、本システムの方の立ち上げに専念するが、こちらも、コンピュータの調子がよろしくない。そんでもって、最も、肝心のハードウェア本体でトラブル発見、たちまち、暗雲が立ち込める。

それからというもの、朝、昼、夜、朝と、得意先のシステム室に張り付く日々となる。外に出るのは、食事に出る僅かな時間だけ、得意先の方々が帰られてからでないと出来ない作業をしていると、あっという間に、午前0時を回ってしまう。そうなると、セキュリティシステムが作動し外に出られなくなるので、結局、朝方まで、ビル内に居ることになった。

昼を食べた後に、ホテルに戻り、シャワーを浴びて仮眠、そして、夕方には、また戻る。あっという間に、こんな日々が2週間も続く。今、思い返しても、当時は良く働いたものだ。土日もなく、働き続けたのだから。そのうち、朝晩は冷え込むようになり、Fデパートでカーディガンを買ったことが懐かしい。

10月に入っても事態は好転せず。そのうち、会社では事業部の新設に伴い、所属グループの組織変更もあった。出張先滞在中に、組織が変わり、多分、机なども移動されているのだろうが、そんなことを考える余裕もなく、システムの立ち上げに没頭した。

そろそろ先が見えてきた休日、得意先では芋煮会を開催するとのことで、誘われたのだが、仕事を優先して辞退した。こうして、夜昼なく働いて、なんとか引き渡すことができた。1週間の出張予定は、結果的に、45日間の出張となった。

約1ヶ月半も彼女の住む仙台にいながら、彼女と会えた回数は片手にも及ばなかった。それも、晩飯を食いに出る時間だけ待ち合わせて一緒したりという程度のものだった。こんなに近くに居るのに、なぜ、会えないのか?、お休みもないのか?と思うところだが、当時は、そういうことだったのだ。でも、彼女は、自分が置かれている状況を含め理解してくれようとして、暖かく見守ってくれた。

会えそうで会えない中での、彼女の思いやりを感じるうちに、冷めかけていた気持ちに変化を感じた。はっきりしなかった自分の気持ちが、ある方向に流れ出すのを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

ノックアウト・・

c0502265

美味しいラーメンを食べた後は、腹ごなしというわけで、バッティングセンターに行きました。雪が舞っていたこともあり、ネットが降ろされて使用中止でした。

そこで、ストラックアウトをしてました。これしかないというわけで、かれこれ、10ゲームほどしました。球数にして120球、これだけ投げれば、もう、心も体も満足です。

さて、帰ろうとすると、バッティングセンターのネットをあげておりました。どうやら、使えることになりそうです。そうとなれば、バットも振りたいじゃないですか。そんなわけで、作業待ちの間、店内に入ってみました。ゲーム機が一杯ならんでいます。この手のゲームはしないんですが、ふと目に入った「あしたのジョー」に興味を覚えてしまいました。知的というよりは体力系のゲームですし、私にあっています。

てなわけでチャレンジ。初級なんで、1R、2Rで勝利したのですが、その時点で、既に、両腕は限界でした。そして3R目にしてTKOされてしまいました。それにしても、これだけ、体を使って100円は安いです。

そんなボロボロで息があがった状態で、バッティングを3ゲームこなしてきました。今日は、もういいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とら食堂「業」を食すために・・

久しぶりの「とら食堂」(福島県白河市)に来ている。遅ればせながら、一日限定30食という「業(わざ)」を食すためである。10時過ぎには店の前に到着すると、予想に反して、誰も並んでいない。お天気が良いのだが、めっちゃ寒いので、車で待機。

10:10 店員登場。待合の椅子の傍ら2箇所に灰皿をセット。そして、只今支度中の看板を出した。

10:15 客らしきワゴン車登場。男性が降りてくるが、あまりの寒さに車に戻る。続いて、おばさんたちも登場。やはり、寒さで車に退散。限定と言えども30食はあるのだから、今から並ぶ必要はないとの判断である。

10:30 開店まで30分。このまま、ぎりぎりまで車で待機していたいものだ。

10:35 水戸ナンバーの車が2台到着。続けて、何台か車がやってきた。ここで、皆、車から降りて並び出す。2番目に並びましたが、最初の方は4人グループなので実質5番目というところでしょうか。

※しっかし、AirH"の電波が微妙。しょっちゅう切断、なかなか繋がらなかったりする。

c0502261

10:45 開店まで15分。既に、30人近くの行列ができました。

c0502262

10:55 暖簾が出て、店内に案内されます。

c0502263

カウンター席へ。仕事振りが良く見えます。店主が移動した隙に、当たり障りのない写真を撮影(笑)。

c0502264

11:05 これが、「業」(写真は大盛り)です。壁のメニューには、二代目の味、あぶり焼豚、半熟煮玉子、950円と書いてあります。大盛りの場合は、1,110円です。

とら食堂の中華そばは何度も食べていますが、正直、今回は大満足です。コクのある鶏ベースのスープ(うんまい)。スープがほど良くからまり、歯ごたえがあって、かつ、喉ごしも良い麺(うんまい)、とろけるような焼豚、むっちゃうまい半熟煮玉子、海苔、なると、しなちくとネギが控えめでちょうど良かったです。一気に食べました。最後の方では、スープの後味が喉に残る感じがしましたが、とにかく、美味しかったです。

11:15 店を後にしました。次回は、隣人がオーダーした「チャーシューワンタン麺」にチャレンジしてみたいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

HIIAロケット打ち上げ

今日、HIIAロケットの打ち上げがあるんだよね。夕方に、livedoorがネットで生中継するそうだ。

17階のビルに相当する高さのロケット、無事に、打ち上げられるでしょうか? 大幅にコストダウンしたとは言え、打ち上げにかかる費用は85億円です。失敗しても保険金が支払われるのでしょうが、その掛け金も膨大なものです。成功して欲しいですね。

そして、livedoorのホリエモンにも、頑張って欲しい。判官びいきという奴なんだろうか? フジテレビとの対決もなんだが、濡れ手に粟の儲けを手にするリーマン・ブラザーズ証券に、悔しさを感じてしまうのは何故だろう。

ホリエモンはロケットの打ち上げを見るんだろうか? それどこじゃないのだろうか? わが身の行く末をたくしてロケットの打ち上げを見ていたりしてね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

チャリの最高速度は?

福岡で酒を飲んで無灯火で走っていた自転車同士の事故で2人とも道交法違反で書類送検されたというニュースを目にしました。追突した人は転倒して重傷だったけど安全義務違反で、そのまま立ち去った人には、ひき逃げが適用されたそうだ。

自分の場合、事故は起こしていないんだけど、ネズミ捕りにひっかかった話をホムペの方で書いたことがある。たまたま、40km/h制限の道路で、もがいていて、60km/hオーバー出たところで、とめられたのだ。自転車ということで「気をつけて走りなさいよ」でお目こぼしに与ったわけだが、当時は、自転車の最高速度は原付と同じ30km/hかと思っていた。

でも、上記のニュースで道交法が出てきたので、ちょっと調べてみたんだけど、ちょっと状況が違うらしいのだ。道路標識などで最高速度が指定されている場合は、それを超えてはならない。それ以外の道路では、自動車は60km/h、原付は30km/hと定められているのだ。ただ、自転車などの軽車両に対する取り決めがないので、自動車の60km/hを超えてはならないかもしれないけど、少なくとも、原付の30km/h制限は適用されないと言えるらしいのだ。

原付より自転車の方が速いという発想がなかったんでしょうな・・・法律を検討された方には。知っていて、あえて、取り決めしなかったとしたら、素晴らしい話なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.23

週末はラーメン!

c0502231

掛け蕎麦の中では、超お気に入りの新白河駅の掛け蕎麦(240円)。うんまいです。ネギが端に寄せてあるのは、お店の盛り付けの方針ではありません。ネギが嫌いな私が食べる前に寄せたものです(笑)。久しぶりに、掛け蕎麦を食べて、満足感いっぱいで帰宅したら、ローカル放送でラーメン特集をしておりました。

たくさん紹介されていたけれど、とりあえず、食べに行かなくちゃと思ったのだが2軒。

1.とら食堂(白河市)

ここの手打ち中華は何度も食べているんだけど、一日限定30食の業(900円)というメニューが出来たらしい。人によっては、それよりも、チャーシューわんたん麺がオススメなんていう話もあり、週末にトライしてみようかと思った次第。

2.トクちゃんラーメン(郡山市)

前から名前は知っていたんだけど、まずは、食ってみないことには話にならん。これも週末かなあ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.21

押し花

c0502211

家内の押し花の作品です。時間を見て教室に通っています。花や葉の準備はあるけれど、一日で完成できるところが、忙しい主婦には、うってつけらしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

韓流ここにも

SANSPO.COM

地元の福島空港にペ・ヨンジュンが降り立ったと話題になって久しいが、韓国からのゴルフ客に続いて、スキー客も東北各地に多数訪れているそうだ。スキー人口は減少の一途らしいが、東北地方のゲレンデは、韓国からのスキー客で一息ついているらしい。凄いね、韓流パワー。

ちなみに、リンク先のネットニュースに掲載されている写真は、田沢湖スキー場なんだよね。ここは、今の家内と初めて行ったスキー場なのだ。家内にとっては、スキーデビューのゲレンデだ。

今でも鮮明に覚えているけれど、田沢湖に向かって滑り降りていく感じは最高に気持ち良かった。雪質も良かったしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.20

魚の目(とっとの目)

火曜日に、ぶらりと立ち寄った「魚の目(とっとのめ)」さんで、すっかりご機嫌になってしまった自分。

c0502203

この箸袋の絵と文字は誰が描いたのかと聞いてみたら、冨塚親方が描いたんだって、それも左手で。

c0502204

魚の目オリジナルの日本酒ラベルも、親方が描いたものだ。いい加減、酔っ払っていた自分は、ココログに写真をアップするから、空瓶を持って帰るからねと言って、もらってきた。もらってきたことを、すっかり忘れていたのだが、本日、袋に入っているのを発見した。

空瓶をもらったと思っていたのだが、親方の気遣いで、中身が入っている瓶が入っていた。どうも、ありがとうございます。で、ふと、内容量をチェックしたら、180ml入りだと思っていたのは間違いで、実際は、300ml入りだった。

火曜日は、3合ぐらい飲んでも良いよなと思い3本オーダーしたのだが、それは3合ではなく、3×300ml=0.9L、すなわち、5合だった。その前に、ビールも飲んでいたんで、記憶をなくすわけだ(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三度目の正直ならず

c0502202

今日は、気温も上昇し、穏やかな日曜日だった。昨日の休日出勤で鈍った体をほぐすために、バッティングセンターに行ってきた。

寒い時期に、バットの芯を外したりすると、手がしびれたりするものだが、今日は、暖かいので平気だ。それに、結構、芯に当たり、鋭い当たりで飛距離も出て、打っていて気持ち良かった。

ストラックアウトの方も割と好調だ。ただ、8球までクリアするものの、あと一歩およばず、パーフェクトはならなかった。それも、3回も8球までいったのにダメだった。枠内に入っているのだが、バーにはじかれるという不幸が続いた。三度目の正直もならずで残念だった。

3月になれば、ソフトボールの練習も始まる予定だ。待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のリッキー

c0502201

我が家の癒し系、リッキー君の寝顔です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.19

アルコール依存症?

新幹線ツーキニストの経理の鉄人さんがアルコール依存症について書いている

6つの判定項目のうち3つ以上当てはまるとアルコール依存症なんだそうだ。それではと言う事で、チェックしてみることにした。ただねえ、判定の○、×が微妙な項目も多いので、果たして、客観的に見るとどうなんだろうね?

6項目の詳しい内容は、経理の鉄人さんのブログで確認していただくとして、ここでは、項目だけ書いて、自己チェックの結果を書いてみようと思う。

1.飲酒したいという強い願望・・・△

目の前にあれば飲むけれど、朝から飲むことを考えたり、飲まないと落ち着いていられないということはない。

2.抑制の欠如・・・×

たまに、撃沈することはありますが

3.離脱現象の出現・・・×

アルコールが切れても禁断症状は出ません。

4.耐性の形成・・・×

学生時代が枠(ザルの枠部分だけで目が無い)、独身時代がザルと言われる位に耐性があったのからすると、最近は、弱くなったなあと思います。解釈違ってますか?

5.飲酒以外への関心の低下・・・×

自転車に乗らなくなったが、それは、酒のせいではない。

6.飲酒をやめる乏しさ・・・○

やめようという気持ちはないですね。有害だと思ってないからなあ(笑)。

というわけで、自己判定は大甘の1.5(○=1+△=0.5)ということで、アルコール依存症ではないと思っている私です。家族や友人がやると、結果が、異なるんだろうな。違うぞって思われた、お知り合いの方は、どうぞ、遠慮なくコメントしてください。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今日のお昼は海鮮丼

c0502192

そして、今日のお昼は、高島屋の地下でゲットした海鮮丼です。ウニ、イクラ、カニ、そして、玉子も含めて、好きなものばかりです。美味しかったです。1,365円のお値段も納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCが4台並ぶ机

c0502191

休日出勤の今日、机の上には、4台のPCが並んでいる。一番手前はリースアップしたばかりのPC(データを完全に移行した後、返却予定)、次は、モバイル用ノートPC、その次は、新しくリースしたPC、そして、一番奥のPCは、プライベート用のレッツノートCF-R3ということになる。

カメラからの距離が均等でないので、写真では正確に分からないけれど、新しくリースしたPCの画面の大きさと、レッツノートの小ささが、際立っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.18

なんとなく良い感じ

お気に入りの座席は20A席、最後列の三人がけ座席の窓側だ。後ろへの気遣いは不要だし、窓側だからカーテンの開け閉めも自由自在。ここが気楽でいい。そして、真ん中の座席があいていて、通路側に可愛い娘が座れば最高だね。別に話をするわけでもないんだけど。まさしく、今朝が、そんな状況。

でも、そんな気分に浸っていると、自分と同じようなオヤジが、真ん中席にどっかり座り、新聞広げて越境したりして、気分を台無しにされることも多いんだよね。これが、現実。トホホ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.16

冷たい茶碗蒸し

表の通勤日記に冷たい茶碗蒸しを食べて出勤したことを書いた。ただ、ちょっと気になることがあった。なんか、誰かが一口食べたような形跡があったんだよね。それに、昨日、仕事先でお礼にともらったはずの、ゴ○ぺ○ー○の10周年記念ベスト・アルバムが、どこにも見当たらなかったんだよね。そこで、家内にメールを打ってみたのだ、「そういえば、○○○のアルバム、渡したっけ?」と・・・返事は、こうだった「もらったよ♪プレゼンのご褒美だって、めっちゃ嬉しそうに話してたよ」。うわ~、昨晩のうちに渡していたのか、全く記憶がないんだけど。

昨晩の記憶がとんでいるのは、何となく気持ちが悪いものだ。一体、どんなやり取りをしたのだろうかと不安になり、帰宅した。家内は、卓球の試合に出かけており不在だった。そこで、娘に、昨晩の自分の行状をたずねてみた。

その話によれば、ご機嫌で帰宅したらしい自分、嬉しそうにCDを家内に渡していたらしい。家内からご飯は?と聞かれた自分は、一旦は、食べてきたからいらないと言ったくせに、茶碗蒸しと玉こんにゃくは食べようかなと言い出したらしい。それで、家内が準備したらしいんだけど、その時には、ソファーにひっくりかえっていたらしい。でも、出来たよと起こされて、茶碗蒸しを一口食べて、「あちっ、でも、うまいよ」と言った後、ふらふらと寝床に消えて、いびきをかきながら爆睡してしまったそうな。

せっかく作った茶碗蒸しを、一口食しただけで放置した自分に、家内がプチッと切れたらしい。そんでもって、玉コンニャク用に持ってきたチューブ辛子を、投げつけたとか、つけないとか・・・全く、記憶がないんだけど、そんなやり取りがあったらしい。

そんな経緯を教えてくれた娘はテスト勉強中。というわけで、珈琲をいれてあげることにした。ちょうど、珈琲がはいった頃に家内が帰宅した。そこで、この珈琲は、疲れて帰ってきた家内のために、いれたことにしようと話がまとまる。自分「ご機嫌取りだぜ」、娘「あら、私のためにいれておいてくれたの、嬉しい・・・って言いそうだね」、自分「んだ」。なんて、冗談半分、本気半分の話をしていたんだけど、家内は、ご機嫌取りが不要なぐらい、ご機嫌だった。卓球の試合が楽しかったらしい。

ちなみに、家内から聞いたのだが、あんまりイビキがうるさいので、自分の枕を抜き取ったらしい。そんなことなど、全く、記憶にない自分でした。今朝、冷たい茶碗蒸しを食べることになったわけ、なぜ、一口食べたような形跡があったのか、ようやっと納得した次第です。飲みすぎには注意ですな。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.15

駅まで何分?

会社から東京駅まで走ることは珍しくない。走らなければ終電に乗れないという状況の時には、それこそ、鬼の形相で八重洲地下街を走っていたりする。こんなことしていたら、いつか、心臓が爆発するかもと思ったりもする。それでも走る。我が家に帰るために・・・

今日は、それほどの緊迫感はなかったのだが、早足でも歩いた程度では、間に合わない。次の新幹線もあるけれど、1時間待ちになってしまう。そこで、7分走りをすることにした。本気ではなく7分の力で走るのだ。

居室からエレベータで1階まで降りるのに30秒、タイミング良く中央通りの信号が赤になり、道路を横断、八重地下に潜ったところで1分30秒、地下街を走り、総合案内所前で3分、階段をかけ上がり中央改札口を通って4分、新幹線改札を通ってエスカレータを駆け上り、新幹線ホームで4分30秒だった。

7分走りで4分30秒なので、本気で走った時には、多分、3分30秒を切るペースで走っているのだと思う。できれば、走りたくないんだけどね。 (from 新幹線車内)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.13

緊急キリバン

三連休最後とあって、突然ですが、緊急キリバンを設定しました。キリバンと言っても、「裏・新幹線通勤の日々」の方ではなく、表の「新幹線通勤の日々」のほうです。次のキリバンは、888888と決めていたんだけど、本日、850000に到達しそうなんで、特別に設定してみました。是非、狙ってください。ゲットされた方は、証拠画像を添付して、メールで送ってくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.02.12

誘ってみたんだけど

家内を温泉に誘ってみた。行く気になっていたが、家事が長引いてしまい、明日にしようということになる。仕切り直しになったので、板室温泉方面まで足を延ばしてみようかということになる。息子の誕生日も近いことだし、大黒屋総本家で大田原牛のステーキをいただくというのも良いねという話になる。

で、息子に声をかけてみるが、試験が近いらしく、ステーキは食いたいが、家で勉強するのだという。娘も同じく。では、子供達の分も食ってくるからと、あっさり、引き下がる親達であった。

明日の予定が決まったので、今日のうちに、獣医さんとこに、リッキーの治療食を買いに行くことにした。そんな自分を引きとめる家内「珈琲飲んでから行かない?」、「ん、明日じゃなくて、今日、温泉に行く気になったのか?」、家内「ううん、獣医さんとこに行く前に、一緒に珈琲飲まないかなって誘ったのよ」。

ここまで読んだ大部分の方は、ほんわか夫婦だなって思うに違いない。でも、家内が言う「一緒に飲まない」の誘いは、「珈琲を入れて」っていう、半ば強制的な誘いなんだよな。 ・・・ はい、はい、入れますって。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

伸び~

c0502121

椅子の上で寝ていたリッキーの伸び~・・・ 短かい足が、どこかチャーミングなり。

c0502122

ケージの上で寄り添うリッキー(けつむけてる)とティム。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

相本久美子さん

caimotokumi
「旅さらだ」を見ていたら、ゲストとして相本久美子さんが登場した。とっても懐かしい。土井まさるさんが司会をしていたTVジョッキーに出ていたのを知っているぐらいでファンというわけではない。ただ、彼女のポスターが気にいって、学生時代の下宿部屋に貼っていたことがあるんだよね。もう20年以上も前のことになるんだけど。確か、1枚だけ、証拠写真があったはず・・・そう、ここにアップしたのがその写真だ。

多分、これは、日曜日の朝の写真だ。前夜、一緒に飲んだA君が泊まったのだ。右側に写るポスターの主が相本久美子さんだ。ちなみに、右端に写る暖簾は、彼女の佐渡旅行の土産だ(笑)。中央の扉に貼ってあるのは、2ヶ月分のカレンダー兼スケジュール表。それと、日々のトレーニング記録(その頃は、腹筋100回、背筋100回などなどしていたらしい)と自転車走行記録(月間最高は1,800km超だったかな)。その左側に写る小さな額は、O君からもらった絵だ。左端にカップがあるが、朝一で入れたての珈琲を飲んだところのようだ。

相本久美子さんのことを書くつもりで、学生時代の話になってしまった。まあ、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.11

卓球の素振り

家内が、週一の卓球を始めて久しい。最近は、勝負に対する執着心も出てきているようで、なによりだ。頑張って欲しい。湯上りに、ラケットを持ち出し、まだ、面の向きが違うって言われるのよね・・・とか言いながら、あれこれ思案中。

こちらは、ネズミのオモチャでティムと遊んでいた。すると、ブーン!という音と風圧が後頭部をかすめた。何すんじゃいと振り向くと、素振りを始めたらしい家内。素振りをした本人も、自分の後頭部をぎりぎりかすめると思っていなかったらしい。そして、何を言うかと思ったら、「もう少し前に行ってよ(笑)」。かなわん、こいつには。

何も、自分の後ろで素振りせんでも、横でも、斜めでも、前でも、場所がいっぱいあるのに・・・。なんか、ラケット面の向きを修正する前に、周囲との距離感を鍛えなおした方が良いのかもしれないと思ったが、そのことは口にしなかった。

間違ったふりして、もろ、後頭部をスマッシュされたら、いかんからね。l

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オフ会

表の新幹線通勤の日々では、新幹線通勤者を中心として、その家族、友人などの参加をいただき、オフ会を開催してきた。参加者に恵まれて、本当に良い人たちばかりとご一緒できたオフ会は、第何回と付いたものから付かないものまで含めて、かれこれ23回になる。そして、このお休みに入り、この後2回の計画が、ほぼ決定した。

3月は水戸、5月は九州と、東京から離れての大人な遠足Ⅱ、Ⅲである。楽しみ、楽しみ。

これまでのオフ会のレポートは、こちらです。

こんなことを書いていたら、玄界灘プチオフをしている面々から電話が入る、写真が届く、うーん、楽しそうだ。行きたかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H2に夢中

いい歳のオヤジなのですが、「H2」に夢中です。木曜夜10時からなんで、帰宅できないこともままあります。先週は見逃し、今週も見逃したかと思ったのですが、娘が録画しておいてくれました(感謝)。

学生時代に少年サンデーを読んでおりまして、ここに連載されていたのが、あだち充さんの「タッチ」。同じ、あだち充さんの「H2」、テレビでやるとあって見たくなったわけです。

国見比呂を演じる山田孝之君も、いい感じじゃないですか。ウォーターボーイズやセカチューにも出てましたよね。そして、石原さとみちゃんが可愛いですね。良くみると、たらこクチビルですね。

H2の公式ホームページには、あらすじが詳しく載っています。でも、なるべく、これからの放送のは見ないことにしています。ついつい、口にしてしまい、「黙ってて」と娘に叱られます。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

白河だるま市に行くつもり

cdaruma04

2月11日、建国記念日の今日は、地元白河のだるま市が開催される。特に思い入れはないのだが、一年で一番寒い、この季節、デジカメを手に、一応は足を運んでいる。今日も、そのつもりである。

ちなみに、昨年は、CASIOさんのWEB特派員だった時期でもあり、Vol.4でしっかり、だるま市をレポートさせてもらっている。

さて、今年は、何か面白い画像が欲しいところだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.10

怪しげな郵便物

家内から「心当たりがある?」と差し出された郵便物お預かりのお知らせ。差出人は、人事ソリューションセンタとなっている。心当たりはない、怪しげでもある。そこで、「なんだろうね?心当たりはないよ、怪しい奴かも?」と答えた。すると、家内「じゃあ、いらないね」とあっさり結論を下すのだが、見ずに判断はできないから、「一応、見てみないと何ともいえないな」、家内「心当たりあるわけね」、「心当たりはないけど、見ないと判断できないよ」、家内「じゃあ、取りに行ってくるよ」、「再配達してもらえばいいんじゃないの」、家内「日中は家にいないから受け取れないよ」・・・

オイラ、なんもおかしな事は言ってないと思うんだけど、なんか虫の居所が悪かったのかな?<家内。

そんなこんなで、今朝になり、再度、お知らせを眺めてみた。再配達日時の欄を見たら、夜間(19時~21時)も指定できるではないか、それなら、家内が留守をしても、子供達が受け取れるだろう。さらに、裏面を見てみたら、電話、FAX、郵便に加えて、インターネットでも24時間受付しているではないか。

そこで、ゆうびんホームページにアクセスして再配達の申し込みをした次第。良かれと思ってしたんだけど、家内の虫の居所、なおっているだろうな(笑)。

それにしても、怪しげな郵便物だ。ただ、会社の組織名も、ころころ変わっているんで、実は、会社からの郵便物の可能性も0.1%ほどある。その結果は、おって、書くかも、流すかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

輝く!日本ブログ大賞2005

ネット上の知り合いが高熱に倒れていたので心配していたが、無事に復活されたようで、まずは、一安心。40度近い熱を出しながら、ブログを更新しているところが凄い。

そんな書き込みを見ていたら、「輝く!日本ブログ大賞2005」のことを書いていた。そして、自薦もありなので、応募してみたらとも書いてあった。

そんなわけで、どんなものかと覗きに行ってみたら、ブログ提供をしているサービスプロバイダーの名前が並んでいる。そんな中に、ココログはこちらというエントリーを見つけ、覗いてみた。そして、驚いた。

なんと、奇特にも、当ブログ「裏・新幹線通勤の日々」を推薦してくれていた方がいるではないか。その方は、「かわにな」さん。コメント部分を、転載してみる。

----- ここから --------------------------------
「裏・新幹線通勤の日々(http://mujina.txt-nifty.com/shintsu/)」を推薦します。
東北新幹線の新白河駅から都内まで新幹線通勤をされているMujinaさんのBlogです。
Webサイトの日記に書ききれないことや日記には書けないことなどを投稿されています。
(内容は、ちょっと濃い目かな?)

投稿者 かわにな : 2005年01月28日 15:22
----- ここまで --------------------------------

最後の( )内のコメントが、妙にくすぐるんだよね(笑)。何は、ともあれ、ありがとうございます。
ちなみに、かわになさんのメールアドレスしか掲載されていなかったんだけど、URLは容易に
類推可能、結局、ホームページとブログを発見しました。

ホームページはこちらでブログはこちらです。お礼かたがた、書いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.08

番組モニター

地元テレビ局の番組モニターに応募してみようかと思っている。2末の締め切りまでに、指定番組の感想800文字と履歴書を送るつもりだ。指定された番組は、平日の夕方の放送であり、東京で勤務している自分が見れない時間帯である。でも、リアルタイム視聴を要求されているわけではないので、HDDレコーダーに録画して見ようと思っています。

地元テレビ局制作の番組のモニターに応募するのには理由がある。東京への通勤によって、希薄になりがちな地元との絆、一方、家族は、そんな地元に密着して生活している。地元テレビ局が制作する番組で取り上げられる地元ネタは、家族で地元のことを語るのにかっこうのネタとなることも多いのだ。

そんな家族との共通ネタを提供するメディアとしての興味があるのだ。さらに、どうせネタにするのであれば、より良いネタを提供して欲しいっていう気持ちもある。自分のように新幹線通勤で地元に居ない時間帯が多い人間が、地元に住む家族と語らうネタを提供する地元局制作の番組に対して、あれこれ思うところを語ってみたいと思っている。

まあ、採用されればの話だけどね。で、そのためには、ちゃんと応募しないといけないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

運命(15)

5月に白河の地でサイクルロードレースとの鮮烈な出会いがあってから、日増しにレースへの想いは強まった。次のレースに参加したいという想いにかられた。ただ、参加するからには、レース仕様の自転車で出たかった。また、結果はどうであれ、レースの話を一緒にできる仲間と参加したかった。

そこで、たまたま処分価格で売りに出ていたロードレーサーを、なけなしの金で購入した。メーカーはツノダ、世界広しと言えども、ツノダのロードレーサーでレースに参加したことがある人は、皆無に近いだろう。それぐらい、素人の自分だった。ただ、この自転車には、初心者の自分をくすぐる要素もあった。パーツは、シマノのデュラエースAX仕様だった。AXと言えば、エアロ仕様、空気抵抗削減を目指した最高級モデルだった。勿論、フレームも涙滴型(空気抵抗を減らすために扁平になっていた。ただ、その分、重量がアップするという本末転倒のような作り)だった。このモデルの売りは、世界のトップクラスの選手が1000mを走ったとして、空気抵抗削減効果により、理論的には、タイムを0.6秒程度短縮できるというものであった。草レースの世界では、その数値に、どんな意味があったのかは、はなはだ疑問ではあるが。

そんなことはともかく、自転車を調達した後、自分が選んだ2戦目のレースは、10月に岩手県江刺市で開催される東北GPであった。そして、仙台に住む彼女と、仙台に勤務していた学生時代の友人A君をレースに誘った。こうして、仙台まで行き、A君の車で岩手を目指したのだった。

前回のビギナークラスからステップアップして一般クラスにエントリーした。前回の反省を活かして走るものの、結果は、やはり2位だった。同行した彼女とA君は、自分の走りには全く期待していなかったらしく、その走りとスピードに驚いていたが、自分は、表彰台に立ちながらも、1位を取ることの難しさを改めて痛感していた。

こうして、学生生活最後の年は終わった。自分は、東京の会社に就職、ようやく、彼女と同じ社会人になったわけだが、二人の物理的な距離は、さらに遠くなった。配属先は、当時、佳境を迎えていたシステムの開発チームであり、仕事に没頭する日々となった。

彼女と会う頻度は、さらに間隔があき、重たさも感じつつ、お互いに先が見えないでいた。会えば楽しい彼女との逢瀬も、次第に重くなりつつあった。仕事に埋没しながら、時々、同僚や同期の連中と遊ぶぐらいの軽い関係に逃げ道を見出している自分がいたのも事実。彼女も、そんな状況を認識したいたと思う。

そんな社会人1年生ながら、レースには2戦ほど参加した。金沢でのレースは、マウンテンポイント賞をゲットするも、ゴールは、またもやの2位だった。先輩からは、「万年2位だな、決定力にかけてるんじゃないの」と冗談で言われるが、それは、真実を言い当てていたように思う。そして、再び、東北GPへのエントリー。一年前同様、3人で臨んだ4戦目のレース。自分は、最上級のチャンピオンクラスにエントリーした。

そのクラスには、市民レース界の超有名人、中村仁さんがディフェンディング・チャンピオンとして君臨していた。しかし、1位でゴールしたのは、大石選手(後にオリンピック代表となったあの大石選手)、若者のクラスには、後に競輪界のスターとなる神山雄一郎選手もいた。そんな中、仁さんは2位、自分は6位入賞だった。このクラスでは、1位、2位を争う方々の格の違いを痛感することになった。

こうして、社会人1年目は終わる。2年目は、春先に開発1号機がユーザーに納入された。その立ち上げで3ヶ月ほど、客先に通い、昼夜なく働く日々。そんなわけで、レースへのエントリーは断念した。そんな中、残暑の頃に、彼女の住む仙台のユーザーへの納入が決定した。そして、1週間の予定で自分が立会いをすることになった。

離れかけていた彼女の住む街への出張、それは運命を予感させる出張であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.06

世界最大の風力発電

Yahoo!ニュース - 写真 - 時事通信

2日にドイツで稼動した世界最大の風力発電用風車なんだそうだ。翼の長さは60m超、1枚で18トンもあるんだって。この一基で4,500世帯の電力をまかなえるというから凄い。

ドイツって風力発電の最も進んだ国だよね。2003年時点の風力発電量は39,294MWなんだけど、その約37%をドイツ一国で発電しているのだ。

ところで、4,500世帯分の電力需要って、どれぐらいになるんだろうか? ちなみに、昨日、我が家の郵便受けに入っていた明細書所によれば、一ヶ月で529KW使用、一日に換算すると17KWになる。これが、一世帯の平均になるのかどうか疑問だが、これに、4,500をかけると、約7万7千KWになる。

先月時点のニュースでは、世界最大の風力発電施設は、デンマークにあるもので、全体で16万KWということだった。今回のドイツの施設がどの程度かは分からないが、現在の計画では、ノルウェーでは全体で140万KWクラスの建設計画を申請しているという。

日本で最大級の風車は、三菱重工の横浜製作所で建設中の実証実験用で、翼の長さは45m、風車の高さは、みなとみらいのコスモクロック観覧車より高いそうだ。こちらは、年内完成で2,400KW、1,200世帯分の電力供給可能と見込んでいるらしい。これだと、1世帯あたり、2KWということになるんだけど・・・・なんか、我が家のデータからの試算値と全然あわないんだけど、誰か、教えて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

不幸中の幸い

c0402061
お掃除中の家内にかわって、お昼を作ることにした。といってもインタスタントラーメンを作るだけ、簡単、簡単。予め、スープや薬味の封を切って、小皿に移していたまでは良かったんだけど、ふと手を滑らせて、粉末スープを全て床にぶちまけてしまった。げろげろの事態である。スープのないインスタントラーメン、どうしろって言うのだ。既に、麺は茹で上がろうとしている。やむなく、がらスープ、麺つゆ、醤油、味塩コショウ、味噌などを適当に放り込んで味付ける。味を決めて、玉子を落とす。どんぶりに移し終えてから、ハムと海苔を載せて、ゴマをぽろぽろ。

どうなることか思ったインスタントラーメンだが、家族からは、「懐かしい味がする」、「美味しい」と好評だった。不幸中の幸い、助かった(ホッ)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勇ましくなったティム

c0402062
久しぶりに猫(弟:ティム)の写真をアップしてみた。テーブルの上に上って、周囲の様子を窺う、ちょっと勇ましい顔のティムだ。最近は、紐にじゃれさせて遊んであげているせいか、遊んでと、寄ってくることも多い。やっぱり、気持ちは通じるんだよねえ・・・と密かに嬉しいオヤジであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.05

らくだ銀座

本日から8日間、王子シネマで「らくだ銀座」が上映されます。絶対にお薦めの映画なので是非ご覧下さい。

私は、昨日、新宿の上映会に行ってきました。これで2回目ですが、3回目も見たくなりました。上映会の後は、スタッフの皆さんとご一緒させていただき、とっても楽しかったです。

| | コメント (0)

2005.02.04

魚の目でデート

c050204
昨晩は、いつもより1本早い新幹線に乗った。那須塩原まで来たところで、急に、「魚の目」に行きたくなった。念のために書いておくけど、「うおのめ」じゃないよ、「とっとのめ」だからね。そんなわけで、家内の携帯にメールを送ってみた。自宅でくつろいでいたら、絶対に出てこないだろうけど、今日は、卓球の練習日、そろそろ練習が終わった頃である。そんなタイミングだったので、出てくるとの返事。魚の目でのデートとあいなりました。うまーい。

帰りは、代行を2台呼んでもらい帰ってきました。思いつきの、ささやかな贅沢、幸せです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.03

Yahooブログ

1末に満を持してYahooブログサービスが開設したというんで、物は試しと開設してみた。まあ、メインのブログはここなので、ちょっとお試しにという意味合いが強い。でも、2GBまで容量が使えたり、ゲストブックが標準だったり、投票機能や足跡確認機能があるなど、面白い面もあるので、遊んでいるうちに、はまるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.02

トラックバックの嵐

一瞬、眞鍋かをりさんになったのかと誤解するほどトラックバックの嵐に襲われた。でも、良く見ると、同じところからのトラックバックだ。過去の記事を順番に拾い上げて同じ内容のトラックバックを送り続けているようだ。その内容は、怪しげなサイトへのアクセスを誘うものだ。最初はIPアドレスで禁止をしようと思ったが、IPアドレスが毎回変わるんだよね。やむなく、トラックバックの受付を一時的に禁止した。でも、その禁止の設定を行うのに、えらく時間がかかった。今日のココログトップ画面にも案内があるけど、昨晩から深夜にかけて、アクセスしにくい状況になっていたようだ。おそらく、自分が受けていたトラックバックの嵐とも関係あることなのだろうと思っている。いやはや、困ったものです。

そんなわけで、今は、一時的にトラックバックの受付を禁止した状態になっております。あしからず。

| | コメント (2)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »