« 倉田真由美さんのコメント? | トップページ | ダメだなって思う時 »

2005.01.21

運命(その13・・日の金曜日)

駅までの3kmの道のり、自転車のペダルを必死に漕いだ。悪いことをした、俺はひどい奴だ、彼女に会わせる顔がないなどと、あれこれ思いつつも、じっとしていることができなかった。今から駅に向かっても間に合わないだろう。彼女は既に車中の人になっている、ひょっとしたら、もう帰り着いているかもしれない。

駅に着くと自転車を停めるのももどかしく、駅構内に入った。そこに、彼女がいなければ、そこで終わっていたかもしれない。しかし、そこに彼女はいた。電車の間隔が1時間以上も開いている路線だ。前の電車にギリギリで乗り損ねた彼女は、一分一秒でも早く立ち去りたい地で、次の電車を1時間以上も待たねばならなかったのだ。そんな電車事情のおかげで、彼女を捕まえることができた。

自分の話を聞きたくもなかったのだろうが、延々と待たされて、それでも来ない電車、いい加減、そっちにも呆れてしまい、最後に自分の言い訳でも聞いてやろうかと思ってくれたらしい(多分)。こうして、駅前の茶店であれこれ話すことになった。何を話したのかは、さすがに思い出せないが、粘り強く彼女を引きとめにかかったことだかは、間違いない。

そうこうして、やっとこさ来た電車に乗り、彼女は帰っていった。切れかけた二人の関係は、かろうじて、細い糸一本で繋がりを保っていた。まさに、そんな状態だった。

|

« 倉田真由美さんのコメント? | トップページ | ダメだなって思う時 »

運命」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/2650740

この記事へのトラックバック一覧です: 運命(その13・・日の金曜日):

« 倉田真由美さんのコメント? | トップページ | ダメだなって思う時 »