« 夫婦でブログ | トップページ | 心温まるストーリー »

2004.12.26

彼の名言・迷言

くらたまさんのトラバる場合ですよ!! へのトラックバックで彼の名言・迷言を書こうと思う。残念ながら自分の話ではなく、大学1年の時に同じ寮にいた友人の話なのだ。付き合ってまもない彼女から彼に電話がかかってきた。携帯電話の無い時代、管理人さんの部屋の前に設置された公衆電話で話す彼。部屋にいる我々にも廊下で反響する彼の声は聞こえてくる。どうやら、彼女から別れ話を切り出されている様子だ。あれこれ説得を試みていた彼だったが、ふと10秒ほど黙ったかと思ったら、「おまえにとって俺はただの通りすがりの男だったのか」と言って電話を切った。そんなセリフが似合う奴じゃなかったので思わず吹き出してしまったのだが、彼なりに考えた、最後のキメ台詞だったらしい。当時は、久保田早紀さんの「異邦人」が大ヒットしておりました。その歌詞の「私ただの通りすがり」がヒントだったらしいのですが。それを言われた彼女の反応を見ることができなかったのだが残念です。

|

« 夫婦でブログ | トップページ | 心温まるストーリー »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5465/2381490

この記事へのトラックバック一覧です: 彼の名言・迷言:

» [ブログる場合ですよ!! 「トラバる場合ですよ!!」 倉田真由美]
笑いあり、涙あり、怒りあり……投稿された「だめんず・だうぃめんず名言」から、くら [続きを読む]

受信: 2005.01.20 16:01

« 夫婦でブログ | トップページ | 心温まるストーリー »